仮想通貨おすすめ取引所ランキング!ビットコインを購入するには、どこで口座開設すればいいの?

仮想通貨おすすめ取引所ランキング。口座開設するならココ!

ビットコイン等の仮想通貨を購入する場合は、

ネット上で取引所の口座開設手続きが必要となります。

ただし仮想通貨を新たに始める多くの方が、下記のような疑問をまず最初に抱きます。

仮想通貨初心者A
どこの取引所で口座開設しようかな?どこが良いのかわからないや…。
仮想通貨初心者B
ビツトコインをお得に買える仮想通貨取引所はどれかしら?
仮想通貨初心者C
セキュリティが安心できる取引所はあるのかね?

この記事では僕が10ヶ所以上の取引所に登録し、実際に使ってみた感想をもとに、

おすすめ取引所ランキングを作成。

仮想通貨を買うならここが良い!と思う取引所の順位付けを行いました。

  • これから仮想通貨投資を始めてみたい!
  • どのような取引所があるんだろう?
  • どんな違いがあるのか知りたい!
  • どこの取引所で口座開設すればよいのかな?

と、取引所の口座開設にお悩みの方は、

この記事でわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨取引所ランキング。口座開設するならここがオススメ。

2018年 仮想通貨取引所おすすめランキング
順位取引所特徴評価5点満点)
1位Zaifコイン積立ができる、NEMが買える取引所4.2点
2位bitbank取引手数料が無料、リップル取引高が世界一4.1点
3位bitFlyer圧倒的資金力、セキュリティ性高い4.0点
4位GMOコインGMOグループの取引所。BTCやアルトのレバ取引が可能3.9点
5位DMMビットコインDMMグループの取引所。BTCやアルトのレバ取引が可能3.8点
6位SBIバーチャルカレンシーズSBIグループの取引所。オープンしたばかりの為これからに大きく期待。3.6点
7位coincheckマネックスグループの取引所。世界一の使いやすさ。営業再開に期待。3.5点
ハラペー
  1. 手数料の安さ
  2. 取り扱い銘柄の量
  3. セキュリティ性
  4. サーバーの安定性
  5. 使いやすい(初心者向け)

といった目線で仮想通貨取引所に順位を付けてみました。

1位から7位の取引所を順番に紹介していきます!

口座開設の手順
口座開設する場合は…

  1. スマホやPCで登録手続きを行い、
  2. 身分証の写真を携帯電話で撮影しアップロード
  3. 取引所から届く郵便書留を受け取れば口座開設完了です!

口座開設の手順についてはこちらの記事を参考にご覧ください。

【初心者向け】仮想通貨の始め方ガイド

2017.07.23

第1位 Zaif(ザイフ)

おすすめ取引所ランキングの第一位はZaif(ザイフ)です。

剛力彩芽さんを起用したテレビCMが一時期放送されていたので、Zaifについてご存知の方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨取引所Zaifは、テックビューロ株式会社にて運営されています。

ビットコインだけではなく日本人に人気のネムやモナコインも取引することが可能です。

Zaif(ザイフ)の会社概要

会社名テックビューロ株式会社
会社設立日2014年6月16日
資本金1億円
代表取締役朝山貴生(NEM.io財団理事
所在地
大阪府大阪市西区西本町1-4-1
オリックス本町ビル4F
登録番号
近畿財務局長 第00002号

投資初心者や忙しい方へおすすめのZaifコイン積立

Zaifのコイン積立とは?
  • 定期預金
  • 純金積立
  • 投資信託

積み立てて行く投資はいくつかありますが、

最近の流行りのトレンドは、仮想通貨を自動で積み立てていくコイン積立

事前に決めた日本円が月に一回、口座引き落としにより引き出され、そのお金で仮想通貨を自動で毎日購入し積立てもらえるサービスです。

相場が上がっている時も、下がっている時も、人間の心理状況に影響せず、ただひたすら決められた銘柄・金額で購入してもらえます。

ビットコインの価格が安い時は多く購入し、ビットコインが高い時は少なく購入することになるんです。

コイン積立ドルコスト平均法

長期投資に向いているドルコスト平均法を活用することで、最もリスクの低い、仮想通貨投資が行えます。

  • 今まで投資を行なったことがない初心者
  • 仕事や家事で忙しいのでチャートの分析や市場の解析が行えない
  • ビットコインが欲しいけど、値下がりするのが怖くて心配

という方におすすめのサービスです。

Zaifは板取引で指値・成行注文ができる

取り扱いの仮想通貨全てで売り板と買い板を使った板取引形式での注文を行うことが可能です。

自分の買いたい・売りたい金額を指定して購入できます。

そのため、他の取引所と比較すると手数料が安く、お得に仮想通貨を購入することが可能となっています。

ハラペー

僕はZaifを利用してビットコイン(BTC)ネム(NEM/XEM)を購入しています。

ただし、Zaifのデメリットはサーバーが弱いところです。

取引が集中してしまった際、サーバーがダウンして取引ができなくなることが、これまでに何度かありました。

最近はサーバーが強化されたのか、落ちることはほとんど無くなっています。

Zaifで取り扱う仮想通貨・トークンの種類

no.取扱銘柄
1
ビットコイン(BTC)※
2
モナコイン(MONA)※
3
イーサリアム(ETH)※
4ネム(XEM)※
5
ビットコインキャッシュ(BCH)
6
Zaifトークン(ZAIF)
7
カウンターパーティ(XCP)
8
ビットクリスタルズ(BCY)
9
ストレージコイン(SJCX)
10
フィスココイン(FSCC)
11
ぺぺキャッシュ(PEPE)
12
カイカコイン(CICC)
13
ネクスコイン(NCXC)
14ゼン(JPYZ)
15
コムサトークン(ERC20)
16
コムサトークン(Mosaic)

Zaifでの取扱銘柄数は、全部で16種類。

国内にある取引所の中でもトップクラスとなっています。

※マークのついている銘柄はコイン積立による積立が可能な通貨です。

セキュリティの意識も高い。

セキュリティ対策室

引用:Zaif

仮想通貨の不正流出問題があり、どこの取引所もセキュリティは強化しています。

Zaifでは他社に先駆けて、セキュリティ対策室を設置しました。

朝山社長が自ら室長となり、セキュリティ対策に力を入れています。

会社として、セキュリティに対する意識は高いです。

 

Zaifおすすめポイント
  1. 板取引でお得に購入することができる
  2. リスクの低い投資ができる「コイン積立サービス」がある
  3. まだ使い道は無いが、取引所トークンがある
  4. 他の取引所にはない銘柄を購入可能
  5. セキュリティを強化している

\これから始める方におすすめNo.1のZaif

第2位 bitbank(ビットバンク)

おすすめ取引所口座のbitbank(ビットバンク)

引用元:bitbank公式サイト

第2位は、取り扱い通貨が全て手数料無料のbitbank(ビットバンク)です。

他の取引所のように大々的に広告は行なっていませんが、

その代わり、顧客サービスやセキュリティに力を入れています。

取引手数料が無料で、リップル(XRP)の指し値注文が可能となっており、

bitbankを利用する方が急増しています。

bitbank(ビットバンク)の会社概要

会社名ビットバンク株式会社
会社設立日2014年5月
資本金11億3,100万円
代表取締役廣末紀之
所在地
東京都品川区西五反田7-20-9KDX西五反田ビル7F
登録番号
関東財務局長 第00004号

仮想通貨の取引手数料が0円(無料)

bitbank取引手数料比較表

引用元:bitbank

ビットバンクは、仮想通貨取引にかかる手数料が全銘柄で0円なんです。

ハラペー
僕はせこいので…アルトコインの取引は手数料がかからない、ビットバンクで行うことが多いです。

リップルやライトコインなどの板取引が可能

bitbankでは6種類の仮想通貨を取り扱っています。

bitbank(ビットバンク)取り扱い仮想通貨銘柄
ビットバンク取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC/JPY)
  • リップル(XRP/JPY)
  • ライトコイン(LTC/BTC)
  • イーサリアム(ETH/BTC)
  • モナコイン(MONA/JPY、MONA/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/JPY、BCH/BTC)

リップルはGMOコインでも取り扱っていますが、GMOコインは販売所形式なので、手数料が高いんです。

それに比べ、bitbankは板取引にて指値注文でリップルなどの他の通貨を購入することができるので、お得に購入することが可能です。

追記2018.6.5

なななんと!

bitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)取引高がなんと世界一になっています。

ハラペー
リップルを買ったり売ったりする場合は、

今のところbitbankの一択です!

情報収拾に便利なニュースサイトも運営

BTCNというニュースメディア

引用元:BTCN

ビットバンクは、BTCNというニュースサイトを運営しています。

有益な情報が定期的にアップされるので、僕は毎日チェックしています。

ニュースメディア『BTCN

セキュリティ強化

顧客資産は全てコールドウォレットで管理しています。

コールドウォレット内のマルチシグ対応できる通貨については全て対応しています。

コインチェックの仮想通貨流出の事件以降、セキュリティに関しては注力していますね。

bitbankのおすすめポイント
  1. 板取引でお得に安く購入することができる
  2. 取り扱い仮想通貨ペアが全て取引手数料無料(0円)
  3. 『BTCN』というニュースサイトを運営している
  4. リップル(XRP)の取引高が世界一
  5. 仮想通貨は全てコールドウォレット(原則マルチシグ対応)で管理

\リップルの取引高が世界一のbitbank

第3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

第3位は、国内ビットコイン取引高が日本一のビットフライヤーです。

僕がビットコインを始めた際、

一番最初に仮想通貨取引所の口座開設したのはこのビットフライヤーでした。

2018年6月22日に金融庁から業務改善命令が出た関係で、サービス運営体制の改善のため、新規登録の受付を停止しています。 

会社概要

ビットフライヤーで口座開設

会社名株式会社bitFlyer
会社設立日2014年1月9日
資本金41億238万円
代表取締役加納裕三
所在地東京都港区赤坂 9-7-1ミッドタウン・タワー8F
登録番号関東財務局長 第00003号
更なる人員増員セキュリティ体制の向上の為、会社を東京ミッドタウンのオフィスタワーに2017年10月30日で移転しています。

ビットフライヤーの魅力は、圧倒的な資金力による『安心感』。

資本金41億。

順位取引所資本金
1位bitFlyer(ビットフライヤー)41 億 238 万円
2位GMOコイン17億5,800円
3位bitbank(ビットバンク)11億3,100万円
4位SBIバーチャル・カレンシーズ9億8,000万円
5位DMMビットコイン2億9000万円
6位Zaif(ザイフ)1億円
7位Coincheck(コインチェック)1億円

他社と比較すると金額が大きいことがわかりますね。

 

将来的にライバルになるであろう金融機関も株主となっており、

名だたる大企業からの出資を受けています。BitFlyer出資企業

ビットフライヤーで取り扱う仮想通貨の種類

ビットフライヤーでの取り扱い銘柄
bitFlyerで買える仮想通貨

  • ビットコイン(bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Casa)
  • モナコイン(Mona)
  • リスク(LISK)
ビットフライヤーでアルトコインを購入すると価格はZaifbitbankより少し高めです。

理由は、ビットフライヤーで販売しているアルトコインは取引所ではなく販売所としてビットフライヤーが販売しているからです。

ハラペー
僕はビットフライヤーでは、

アルトコインではなくビットコインの購入レバレッジを効かせたビットコインFXを利用しています。

タダでビットコインがもらえるサービスもせこせこ活用中。

タダでビットコインがもらえるサービスがある

ビットコインがタダでもらえる

ビットフライヤーには、ただでビットコインがもらえるサービスがあります。

ビットフライヤーのサイト経由でお買い物をしたりサービスの契約をすることで、

その特典でビットコインをもらうことができます。

ビットフライヤーには日本円での不正出金被害補償サービスあり

bitflyerの不正出金補償サービス

二種類の損害保険

  1. 二段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の盗取により行われた不正な日本円出金に係る補償
  2. 当社へのサイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、消失等に係るサイバー保険

もし、あなたの口座が何者かに不正アクセスされ、日本円で出金されたとしても、

補償条件にあてはまれば、上限500万円まで補償されます。

区分(不正な日本円出金が発生した時点)補償上限金額
預かり資産の合計が円換算にて 100 万円を超える二段階認証登録ユーザー500 万円
上記以外の二段階認証登録ユーザー10 万円
補償や規約の内容はこちら 

『セキュリティ・ファースト』で顧客資産保護に取り組む

セキュリティファースト主義

引用元:bitFlyer


セキュリティー・ファースト』を会社として宣言しており、

顧客資産保護に力を入れています。

個人的に、ビットフライヤーへの信頼度は高いですね。

bitFlyerのおすすめポイント
  1. 圧倒的な資金力
  2. 不正出金補償サービス
  3. ビットコインFX取引が使いやすい
  4. タダでビットコインがもらえるサービスがある
  5. セキュリティ評価が世界一

\安心と信頼の取引所はビットフライヤーbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

第4位 GMOコイン

おすすめ取引所第4位はGMOコインです。

FX取引(外国為替証拠金取引)で、もっとも取引高のあるGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

FXでの実績が高いため、そのノウハウが取引所に活かされています。

グループの規模も大きいので安心感も大きいです。

GMOコインでの取引

引用元:GMOコインの取引画面

GMOコインは現物取引だけではなくレバレッジ取引にも注力しており、

スマホアプリ『ビットレ君』は外出先でも簡単にビットコインなどの仮想通貨FX(レバレッジ取引)が行えます。

スプレッドは400円~で、以前よりも手数料が低くなっています。

ただし取引が集中するタイミングだとスプレッドが高くなるので、低くなったところで取引をするようにしましょう。

GMOコインは仮想通貨を売買取引をする際は取引手数料(スプレッド)が発生してしまいますが、それ以外の手数料は全て無料なのも嬉しいポイントです。

ハラペー
20185月よりアルトコインのレバレッジ取引もできるようになりました。

スマホで手軽にFX取引を行うにはおすすめの口座です。

下落相場でもレバ取引を活用して、儲けを出していきましょう!

GMOコインのおすすめポイント
  1. スプレッド(取引手数料)が狭い
  2. スマホアプリが使いやすい
  3. スプレッド以外の手数料が無料
  4. GMOグループの取引所だから安心
  5. 20,000satoshiプレゼントキャンペーン中

GMOコインでアルトレバ取引に挑戦/

第5位 DMMビットコイン

おすすめ取引所第5位はDMMビットコインです。

GMOグループに次いで、FX取引(外国為替証拠金取引)で取引高の実績があるDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

渋谷のスクランブル交差点に大きな看板を掲げ、ローラのテレビCMで会社の地名度は高くなっています。

取引所のサービス内容はGMOコインと似ていますね。

DMMビットコインでは、仮想通貨の現物取引だけではなく、BTCやアルトコインのレバレッジ取引を行えます。

PCツールやスマホアプリの操作性や機能が充実しており、DMMビットコインも使いやすいです。

2018年6月5日時点では、スプレッドはGMOコインの方が安い(狭い)です…。

そのため、GMOコインの方をランクを上にさせてもらいました。

ただしスプレッドはタイミングにもよるので、取引する際に両社のスプレッドを見比べて安い方で取引することをおすすめします。

DMMビットコインのおすすめポイント
  1. スプレッド(取引手数料)が狭い
  2. スマホアプリが使いやすい
  3. スプレッド以外の手数料が無料
  4. DMMグループの取引所だから安心
  5. お得なキャンペーン開催中

DMMビットコインでアルトレバ取引!/ 

第6位 SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)

おすすめ取引所第6位はSBIバーチャル・カレンシーズです。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)取引画面

引用元:SBIVC取引画面

まだ営業開始して時間が経っていないからかスプレッドは広めになっていますので、

本格稼働するまではリップルの購入はbitbankもしくはGMOコインが良さそうです。

SBIバーチャルカレンシーズ取り扱い通貨

  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
ハラペー
SBIグループのポテンシャルを考えると、

使いやすくてセキュリティ性も高い魅力的な取引所となるのではないかと期待しています。

SBIVCのおすすめポイント

※まだSBIバーチャルカレンシーズは稼働したばかりなので、ここでは期待するポイントを記載します。

  1. SBI証券・住信SBIネット銀行との連携サービス
  2. 安定したサーバー環境
  3. スプレッドの狭さ
  4. リップル(XRP)とペア通貨取引
  5. 独自トークンのSコインの使い道

SBIVCでリップルを買う/SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)取引画面

第7位 coincheck(コインチェック)

現在は不正アクセスにより仮想通貨流出問題の対応中で口座開設は停止中です。

マネックスグループが買収を行なったことで営業再開予定となっています。

ハラペー
コインチェックは世界一使いやすい取引所だと感じているので、復活の期待を込めて第7位にしています。

抜群の使いやすさでユーザーの満足度が高かったコインチェック

マネックスのサポートのもと、復活が大きく期待されています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

会社概要

会社名コインチェック株式会社
会社設立日2012年8月18日
資本金1億万円
代表取締役勝屋敏彦
所在地
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
2017年7月末に恵比寿から渋谷駅前のビルに移転しています。 

安心の補償サービスがコインチェックを利用する大きなメリット

仮想通貨投資家を狙うハッカー

仮想通貨投資を行なう投資家を狙った詐欺やハッキングが増えています。

2017年仮想通貨法が施行され、投資家に安心して投資をしてもらうべく、

コインチェックは東京海上日動と提携し、

ユーザーに対して『不正ログイン補償サービス』を開始すると発表しています。

現時点ではまだ補償サービスは開始されていません。開始の際は、コインチェック側から公式アナウンスがある予定です。 
仮想通貨不正ログイン補償サービス

bitFlyerと補償内容は似ていますが、違うところは下記の点です。

  • bitFlyerは日本円での出金に限る。
  • coincheckは日本円でも仮想通貨でもどちらも対象。

コインチェックだと最大で1回あたり100万円まで補償される予定。

ハラペー
ハッカーは口座に入っている仮想通貨を不正に引き出す時は、日本円にせず、ビットコインのまま送金することが多いようです。

コインチェックのこの補償サービスによって、100万円までなら安心して投資ができます!

ただし条件としては、

過去記事の『【セキュリティ対策】仮想通貨取引所の口座開設後は必ず『二段階認証』を設定すべし。』で書いたように二段階認証設定をしておく等の必要がありますのでご注意ください。 

 

コインチェックのサイトやアプリは、見やすさ使いやすさナンバー1

コインチェックアプリ利用者NO1
ハラペー
正直なところ、

コインチェックはどの取引所よりも使いやすいです。

チャートや総資産なども見やすいだけじゃなく、仮想通貨の取引もまるでスマホでゲームをするような感覚で行えちゃいます。

ハラペー
スマホのウィジェット機能で、こんな感じに価格を観ることができます。見やすい!
コインチェックのウィジェット機能
ハラペー
投資初心者の人でも使いやすいように作られています。

便利で使いやすいという評判で、取引高だけでなくアプリ利用者数もNo.1になっています。

シンプル・イズ・ベスト!

コインチェック

コインチェックで人気のアルトコインが購入できる!

コインチェックではビットコインやイーサリアムはもちろんのこと、その他にも多くの仮想通貨である人気のアルトコインが購入できます。

2017年は、コインチェックで取り扱う銘柄全てが大きく値上がりしたので、

これらの仮想通貨はコインチェック銘柄とも呼ばれています。

コインチェック銘柄
コインチェックで買える仮想通貨(人気のアルトコインが豊富)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

コインチェック銘柄は時価総額のTOP30位以内に入っている通貨がほとんどなので安心して購入できますね。

人気のリップル(XRP)やネム(XRP)も購入可能です。

 

…ちなみに『秒速で1億を稼ぐ』で有名な与沢翼氏はコインチェックで1億円のリップルと2,000万円分のファクトムを購入したようです。

け…桁がすごい…。

貸仮想通貨サービス

コインチェックの貸仮想通貨

2017年6月にコインチェックが始めた新サービスが貸仮想通貨。

手持ちの仮想通貨をコインチェックに貸し出すことで、

期間に応じて金利を仮想通貨で受け取ることができるというものです。

ガチで手放さずホールドする!っという方にオススメのサービスです。

 

コインチェックのおすすめポイント
  1. 圧倒的に使いやすい操作性
  2. 9種類の人気アルトコインを取り扱っている
  3. 貸仮想通貨サービスがある
  4. マネックスグループとなり信頼度UP

 

\マネックスグループの新生コインチェックビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ということで、これで1位から7位の取引所までを、ざっと紹介いたしました。

順位取引所特徴評価5点満点)
1位Zaifコイン積立ができる、NEMが買える取引所4.2点
2位bitbank取引手数料が無料、リップル取引高が世界一4.1点
3位bitFlyer圧倒的資金力、セキュリティ性高い4.0点
4位GMOコインGMOグループの取引所。BTCやアルトのレバ取引が可能3.9点
5位DMMビットコインDMMグループの取引所。BTCやアルトのレバ取引が可能3.8点
6位SBIバーチャルカレンシーズSBIグループの取引所。オープンしたばかりの為これからに大きく期待。3.6点
7位coincheckマネックスグループの取引所。世界一の使いやすさ。営業再開に期待。3.5点
ハラペー
定期的に取引所のサービス内容や使いやすさを見直して、順位を更新していきたいと思います。

ここから下は、口座開設の前段階の方向けに、ビットコインや仮想通貨取引所について解説します。

ビットコインと仮想通貨取引所とは?

ビットコインとは?

ハラペー
ビットコイン(仮想通貨)とは、「硬貨」「紙幣」といった実態がない、ネット上に存在している通貨のことを言います。

2017年は、仮想通貨元年。

2018年は、仮想通貨が広まり、活用され始める年。

ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う取引所が増え、

ビットコインが使えるサービスやお店が世界中で増えています。

しかし、まだまだ世間一般では

一般人A
仮想通貨ってなんだか怪しいよね…
一般人B
ビットコイン殺人事件とか詐欺事件とかあったし…なんだか怖いなぁ

と、思っている方が多いのが現状。

 

その一方で、

ビットコインなどの仮想通貨市場全体の価値がすごい勢いで高まっています。

2017年の仮想通貨の成長チャート

2017年の仮想通貨の成長チャート

僕は上記で説明した、ビットフライヤーZaifコインチェック(口座開設受付停止中)の三か所の仮想通貨取引所で口座開設を行い、2017年1月からビットコインを買い始めました。

2018年に入ってからというもの仮想通貨の相場は大きく下落しています。いったん落ち着きを取り戻し、2017年12月につけた1ビットコイン250万円を目指す局面となっています。

2018年のビットコインチャート

2018年のビットコインチャート

 

ちなみに…

もともとビットコインが生まれたのは2008年。

ビットコインは2008年誕生

ビットコインが初めて取引された時の価格(1BTC=0.06円)に比べると…

これまでに1300万倍値上がりしています。

ビットコインの値上がりチャート
2010年は2枚のピザが1万ビットコインで買える価値ほどしかありませんでした。

しかし当時のピザを現在の価値に直すと…2枚のピザは80億円分の価値に。

 

仮想通貨は現在1,500種類以上存在しています。その中で最も人気が、高く流通している仮想通貨が、

『ビットコイン』です。

仮想通貨であるビットコインはブロックチェーンという技術が使われています。

円やドルなどの法定通貨と異なり、管理者や発行主体は存在しません(非中央集権型)。

国が管理している訳ではないので、たとえ国が財政破綻したとしてもビットコインが無くなるわけではありません。

ビットコイン以外のリップル(XRP)ネム(NEM)などの仮想通貨のことをアルトコイン(オルトコイン)と呼んでいます。 

 

2018年1月年始の仮想通貨全体の通貨を合わせた市場規模は6,207億ドルです。

日本円で約69兆円。

一見すごい金額だなぁと思いますよね。

 

しかし、株や為替の市場規模を見てみると…

市場規模

  • 東京証券取引所…約600兆円
  • ニューヨーク証券取引所…約2,500兆円
  • FX市場…約5,000兆円
ハラペー
け…桁が…違う!!

まだまだすごい額の差があります。これらを見ると、仮想通貨市場の将来性市場規模や時価総額の拡大が期待できますよね。

まだ専業でやっているようなFX・株式トレーダーはそこまで参入していないようです。莫大な資産を持ったトレーダーや法人などが仮想通貨市場にやってくると…市場規模は…。

今後が楽しみです。

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所とは、仮想通貨をトレード(売買)することができる場所です。

ビットコイン等の仮想通貨を購入するには、まずは仮想通貨取引所に口座開設する必要があります。

仮想通貨取引所

金融庁に認可された仮想通貨取引所は全部で16社あります。

  • 取引所毎に手数料
  • 仮想通貨の取り扱い銘柄の種類
  • 操作のしやすさ
  • 見やすさ
  • 取引所自体の信頼度

取引所によって特徴や強み等がそれぞれ異なります。

複数個所の取引所口座を作成しておくことで、取引所に何かあった時のリスク分散になります。

また、各取引所で行なっているキャンペーンやサービスを受けることができるので、

これから紹介する取引所は、全て登録しても良いぐらいだと思っています。(最低3ヶ所は取引所の口座開設を推奨します。)

複数の仮想通貨取引所で口座開設してリスクを分散し、チャンスを広げよう。

2017.10.15

 

まとめ:仮想通貨を始めるなら、おすすめ取引所で口座開設

おすすめ取引所ランキング結果

ハラペー
《メイン取引所》

  • Zaif(BTC、NEM、MONA、Zaifトークン)
  • bitbank(リップル、BCH)

《サブ取引所》

《FX(レバレッジ取引)》

僕は上記のような感じでメイン、サブ、FX専用に分けて取引所を利用しています。

バイナンスBitMEXは海外取引所なので中級者以上向けですが、慣れてきたら早めにうまく活用した方が良い取引所です。

仮想通貨トレーダーで稼いでいる人たちは海外取引所を使い倒しています。

多くの通貨があるので慣れてきたら開設してみましょう。

Binance(バイナンス)とは?特徴・口座開設方法・買い方をわかりやすく説明。

2017.11.26
先日の年末年始ほどではありませんが、今でも仮想通貨取引所の口座開設は、申込者が多くて時間がかかります。

早めに取引したいと思った場合に待たされる可能性があるため、いずれ仮想通貨投資をやろうとお考えの方は、早めの口座開設をおすすめします。

各仮想通貨取引所の公式HPはこちら

仮想通貨をこれから始める方に読んでもらいたい別の記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5 件のコメント

  • 私で答えられる範囲でよければですが…
    ご不明な点やご相談があればお答えいたします!!

    どなたでもかまいませんよ。
    お気軽にどうぞ。

    コメントお待ちしております\(^o^)/

  • すいません。モナコインに興味があるのですが、安く買える取引所はザイフで宜しいでしょうか?申し訳ありませんが教えてください。

    • 仮想つう子さん
      コメントありがとうございます。
      モナコインは上記で紹介しているビットフライヤーとザイフで取り扱いをしています。

      ビットフライヤーで取り扱うモナコインは、販売所から購入することになるため、価格は高め、スプレッドも広いです。

      一方、ザイフで取り扱うモナコインは、買いたい方と売りたい方同士を取引させることができます。
      その為、仮想つう子さんの質問の通り、ザイフの方が安い価格で購入することができますね。

      他にご質問があれば、お答えできる範囲で回答しますのでお気軽にどぞ〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。