仮想通貨おすすめ取引所ランキング!ビットコインを購入するには、どこで口座開設すればいいの?

仮想通貨おすすめ取引所ランキング

2017年は、仮想通貨元年。

2018年は、仮想通貨が一般に広まり始める年。

ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う取引所が増え、

ビットコインが使えるサービスやお店が世界中で増えています。

 

しかし、まだまだ世間一般では

一般人A
仮想通貨ってなんだか怪しいよね…
一般人B
ビットコイン殺人事件とか詐欺事件とかあったし…なんだか怖いなぁ

と、思っている方が多いのが現状。

 

その一方で、

ビットコインなどの仮想通貨市場全体の価値がすごい勢いで高まっています。

 

ビットコイン1年で16倍上昇

 

僕はこのあと紹介する、ビットフライヤーZaifコインチェックの三か所の仮想通貨取引所で口座開設。

2017年1月からビットコインを買い始めました。

bitFlyerとcoincheckで仮想通貨ビットコイン投資を始めます。

2017.02.06

当時のビットコインの価格は1BTC=約10万円。

現在は、上昇と下落を繰り返しながら右肩上がりで上昇中です。

短期的には昨年の12月につけた1ビットコイン250万円を目指す局面となっています。

2018年1月2日追記

  • 2017年2月上旬…1ビットコイン=約12万円
  • 2017年7月上旬…1ビットコイン=約35万円
  • 2017年8月上旬…1ビットコイン=約40万円
  • 2017年9月上旬…1ビットコイン=約53万円
  • 2017年10月上旬…1ビットコイン=約60万円
  • 2017年11月上旬…1ビットコイン=約85万円
  • 2017年12月上旬…1ビットコイン=約170万円(最高値250万円を記録)
  • 2018年1月上旬…1ビットコイン=約160万円

 

ちなみに…もともとビットコインが生まれたのは2008年。

ビットコインが初めて取引された時の価格(1BTC=0.06円)に比べると…

これまでに2,400万倍値上がりしています。

ビットコインの値上がりチャート
2010年は2枚のピザが1万ビットコインで買える価値ほどしかありませんでした。

しかし当時のピザを現在の価値に直すと…2枚のピザは160億円分の価値に。

ハラペー
ビットコインを含む仮想通貨市場はグングンと値上がりを続けています。

値上がりをしている理由の一部がこちら。

  • 2017年4月に仮想通貨法が国会で施行。
  • 不正ログイン補償サービスをビットフライヤーとコインチェックが発表。
  • 2017年9月に金融庁が取引所を認可制に。
  • ブロックチェーンの技術が色々な分野で応用され始めている。
  • 全国26万台あるレジアプリ『AIRレジ』にビットコイン決済機能搭載予定。
  • ビットコインの先物取引が2017年12月より始動。(CBOE、CME)
  • アメリカでビットコインがETFに組み入れられる可能性が高まる。
  • SBI、サイバーエージェント、DMM等の大手企業の取引所が開設予定。
  • 世界中に仮想通貨取引所やビットコインを利用したサービスが急増。
  • テレビや雑誌などのメディアが仮想通貨を広め始めてきている。
  • 株式投資家やFX投資家が仮想通貨の魅力に気が付き始めてきた。(本格的な流入はこれから)

などなど…

ハラペー
上記のものは上昇理由の一部にすぎません。

これから大手企業の取引所が増え、多くの企業が仮想通貨を取り扱う未来のことを考えると…

一般の方が仮想通貨の存在に気がつき始め、市場規模は今以上に増える可能性も考えられます。

そうなると…ビットコインの価格は…

 

ちなみに、ビツトコイン等の仮想通貨を購入する場合は、ネット上の取引所を利用するのですが

仮想通貨初心者A
ビットコインってどこで購入できるの?
仮想通貨初心者B
取引所ってたくさんあるけど、どこが良いのかわからない!
仮想通貨初心者C
セキュリティが安心できる取引所はあるのかね?

等と疑問に思う方もいると思うので、

実際に私が口座開設し取引してみて良かったと感じた、

おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で発表したいと思います。

ビットコインと仮想通貨取引所とは?

ビットコインとは?

ハラペー
仮想通貨とは、「硬貨」「紙幣」といった実態がない、ネット上に存在している通貨のことを言います。

仮想通貨は現在1,000種類以上存在しています。

その中でも一番メジャーで、最も流通している仮想通貨が『ビットコイン』(Bitcoin)です。

仮想通貨であるビットコインはブロックチェーンという技術が使われており、円やドルなどの法定通貨と異なり、管理者や発行主体は存在しません。

国が管理している訳ではないので、たとえ国が財政破綻したとしてもビットコインが無くなるわけではありません。

また、ビットコイン以外のリップル(XRP)ネム(NEM)などの仮想通貨のことをアルトコイン(オルトコイン)と呼んでいます。

その中でも時価総額ランキング上位10社の通貨は下記の通りです。

仮想通貨時価総額ランキング
仮想通貨の時価総額ランキング2018年1月2日時点
  1. ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  2. リップル(Ripple/XRP)
  3. イーサリアム(Ethereum/ETH)
  4. ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  5. カルダノ(Cardano/ADA)
  6. ライトコイン(Litecoin/LTC)
  7. アイオータ(IOTA)
  8. ネム(NEM/XEM)
  9. ダッシュ(Dash)
  10. ステラ(Stellar Lumens)
ハラペー
ビットコイン以外にも多くの仮想通貨があるんです。

僕は仮想通貨投資を始めるまで、ビットコイン以外に仮想通貨があるなんて全く知りませんでしたw

仮想通貨全体の通貨を合わせた市場規模は現時点で6,207億ドルです。

日本円で約69兆円。(2018年1月2日更新)

一見すごい金額だなぁと思いますよね。

 

しかし、株や為替の市場規模を見てみると…

  • 東京証券取引所…約600兆円
  • ニューヨーク証券取引所…約2,500兆円
  • FX市場…約5,000兆円
ハラペー
け…桁が…違う!!

まだまだすごい額の差があります。これらを見ると、仮想通貨市場の将来性市場規模や時価総額の拡大が期待できますよね。

まだ専業でやっているようなFX・株式トレーダーはあまり参入していないようです。莫大な資産を持ったトレーダーや法人などが仮想通貨市場にやってくると…市場規模は…。

今後が楽しみです。

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所とは、仮想通貨をトレード(売買)することができる場所です。

ビットコイン等の仮想通貨を購入するには、まずは仮想通貨取引所に口座開設する必要があります。

仮想通貨取引所

取引所は国内海外にたくさんあります。

  • 取引所毎に手数料
  • 仮想通貨の種類
  • 操作のしやすさ
  • 見やすさ
  • 取引所自体の信頼度

などがそれぞれ異なります。

また、複数個所の取引所口座を作成しておくことでリスク分散になったり、

各取引所で行なっているキャンペーンやサービスを受けることができるので、

これから紹介する3ヶ所の取引所は、全て登録しても良いぐらいだと思っています。

関連記事;仮想通貨投資を始めるなら1ヶ所だけでなく複数の取引所で口座開設するのがオススメ!

 

ハラペー
僕はこれまでに約10ヶ所の仮想通貨取引所で口座を作りました。

その取引所を利用して行く中で、

  1. スマホアプリが使いやすい
  2. 操作や取引がしやすい
  3. 初心者におすすめ

と思った、仮想通貨が買えるおすすめ取引所を三つに絞り順位を付けましたので、これからランキング形式で紹介します。

おすすめ仮想通貨取引所ランキング

第3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

会社概要

会社名株式会社bitFlyer
会社設立日2014年1月9日
資本金41億238万円
代表取締役加納裕三
所在地東京都港区赤坂 9-7-1ミッドタウン・タワー8F
更なる人員増員セキュリティ体制の向上の為、会社を東京ミッドタウンのオフィスタワーに2017年10月30日で移転しています。

 

ビットフライヤーで口座開設

 

ビットフライヤーのメリットは、圧倒的な資金力による『安心感』。

資本金41億。

将来的にライバルになるであろう金融機関も株主となっており、

名だたる大企業からの出資を受けています。BitFlyer出資企業

ビットフライヤーで取り扱う仮想通貨の種類

bitFlyerで買える仮想通貨

  • ビットコイン(bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Casa)
  • モナコイン(Mona)
ただし、ビットフライヤーの取引所でアルトコインを購入すると値段はコインチェックザイフより少し高めです。

理由は、ビットフライヤーで販売しているアルトコインは取引所ではなく販売所としてビットフライヤーが販売しているからです。

ハラペー
僕はビットフライヤーでは、アルトコインではなくビットコインを購入したり、

レバレッジを効かせたビットコインFXを利用しています。

 

ビットフライヤーには日本円での不正出金被害補償サービスあり

2017年6月より、最大で500万円までの不正出金補償サービスが開始されました。

二段階認証の設定や、アカウントクラスがトレードクラス、日本円の不正送金など、いくつか条件があります。

ハラペー
この補償サービスによって今まで以上に安心してトレードすることができるようにました。

こういう投資家保護のサービスはありがたいですね。

 

ビットフライヤーはPCやスマホでも使いやすい!

ビットフライヤー
ハラペー
ビットフライヤーのスマホアプリが更新されますます使いやすくなっています。

特にbitFlyerLightningというレバレッジを効かせた取引が他社よりも使いやすいです。

お取引レポートから、これまでの取引履歴がわかりやすく一覧で見ることができます。

ビットフライヤー

便利で安心なビットフライヤー

僕がビットコインを始めた際、一番最初にダウンロードしたのはこのビットフライヤーでした。

ビットフライヤーはTVコマーシャルも行なっています。

ビットフライヤーのテレビCMを見られた方も多いのではないでしょうか。

ハラペー

このCM効果でビットコインや仮想通貨への信頼度がかなり上がりましたね。

友人から「ビットコイン買いたいんだけど…」という相談が、このCMをやってる時期はすごく多かったw

ハラペー

bitFlyerおすすめポイント

  1. 圧倒的な資金力
  2. 不正出金保証サービスがあるので安心して取引できる。
  3. ビットコインFX取引が使いやすい
取引所『ビットフライヤー』の口座開設はこちら 

第2位 Zaif(ザイフ)

ザイフは国内の仮想通貨取引所であり、テックビューロ株式会社にて運営されています。

ビットコインだけではなく人気のネム(NEM)モナコイン(MONA)Zaifトークンなどの

トークンと呼ばれるブロックチェーン上で発行した独自コイン(仮想通貨)を取引可能です

キングオブコント2017チャンピオンの仮想通貨芸人『かまいたち』による

ZaifのCM動画はこちら。 

かまいたち…おもろいw

会社概要

会社名テックビューロ株式会社
会社設立日2014年6月16日
資本金8億3,013万円
代表取締役朝山貴生
所在地
大阪府大阪市西区西本町1-4-1
オリックス本町ビル4F
代表取締役の朝山 貴生氏はNEM.io財団の理事を勤められています。

zaif(ザイフ)のメリットはコイン積立ができること。

純金積立や投資信託よりも、時代は仮想通貨を積み立てていくコイン積立

ザイフのコイン積立

毎月定額の日本円でビットコインを購入。ビットコインの価格が安い時は多く購入し、ビットコインが高い時は少なく購入することになります。長期投資に向いているドルコスト平均法ですね。

コイン積立ドルコスト平均法
ハラペー
ビットコインが欲しいけど、値下がりするのが怖くて心配…

という方におすすめのサービス。

 

最もリスクの少ない仮想通貨の購入の仕方がコイン積立です。

僕も2017年8月から毎月1万円ずつネム(NEM/XEM)を積立中。

関連記事:『zaifコイン積立』でNEMを毎月1万円分積立!毎月せこせこ投資するよ。

2018年からは毎月4万円をコイン積立で仮想通貨を積み立てていくことにしました。

Zaifだと板取引で指値・成行注文ができる

取り扱いの仮想通貨全てで売り板と買い板を使った板取引形式での注文を行うことが可能です。

そのため、他の取引所よりも手数料が安く購入することが可能です。

Zaifは板取引でお得に買える
ハラペー

僕はZaifを利用してMona(モナコイン)NEM(ネム)を購入しています。

他の取引所で買うよりもお得に購入可能なんです。

 

テックビューロのICOプラットフォーム『COMSA』が始動

COMSAトークン
COMSAとは?

テックビューロはIPOの仮想通貨版、日本初のICOプラットフォームとなる『COMSA』を運営しています。現在はトークンセール期間中で、COMSAトークンを購入することが可能です。

ICOとは、お金を集めたい企業が株式上場するのではなく、独自トークンと呼ばれる仮想通貨を発行することで資金調達をすることです。 

今後、COMSAを利用してICOする企業があれば、発行する独自トークンをZaifに上場させて取引ができるようになります。

現在上場企業であるメタップスや、プレミアムウォーター、LOOP、CMJ、海外のCYBER LAB9がCOMSAでICOを検討しています。

新しいCOMSA情報に目が離ません…。

zaifで取り扱う仮想通貨・トークンの種類

Zaifの主要銘柄

上記にある仮想通貨をザイフで取り扱っています。

Zaifで取り扱う仮想通貨一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(NEM・XEM)
  • モナ(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
Zaifで取り扱うトークン

Zaifではブロックチェーンの技術を活用して作成した独自トークンも取り扱っています。

Zaifで取り扱うトークン一覧

  • ザイフトークン(zaif)
  • カウンターパーティ(XCP)
  • ビットクリスタルズ(BCY)
  • ストレージコインX(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)

これらのトークンは他の国内取引所では取り扱っていません。

ちなみに僕はZaifトークンを200万枚保有しています。

今は単価は安いので、これからの暴騰に期待しています。

 

Zaifで取り扱うCMS

Zaifでは2017年12月よりCOMSAで利用できる2種類のCMSトークンを取引が可能になりました。

Zaifで取り扱うCMSトークン

  • CMS:ETH/JPY(ERC20:イーサリアムベース)
  • CMS:XEM/JPY(モザイク:ネムベース)

今後はCOMSAで上場した企業の独自トークンが増えて、COMSA関連が賑わってくると予想しています。

僕はCMS:XEMを3.5万枚保有中。

もしCMS:XEMが3,000円まで値上がりすれば…1億円に…。

夢があります。

ハラペー
Zaifおすすめポイント

  1. ドルコスト平均法を利用したコイン積立がある
  2. 板取引ができるのでお得に、安い手数料で購入することができる
  3. ZaifトークンやCMSトークンなどの独自トークンを購入することができる
Zaifで口座開設をするならこちら

第1位 coincheck(コインチェック)

芸人の出川哲朗が出演しているCMでお馴染みの

コインチェックが堂々の第一位です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
コインチェックのTVCMはこちら 

会社概要

会社名コインチェック株式会社
会社設立日2012年8月18日
資本金9,200万円
代表取締役和田晃一良
所在地
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
2017年7月末に恵比寿から渋谷駅前のビルに移転しています。 

安心の補償サービスがコインチェックを利用する大きなメリット

仮想通貨投資家を狙うハッカー

仮想通貨投資を行なう投資家を狙った詐欺やハッキングが増えています。

2017年仮想通貨法が施行され、投資家に安心して投資をしてもらうべく、

コインチェックは東京海上日動と提携し、

ユーザーに対して『不正ログイン補償サービス』を開始すると発表しています。

仮想通貨不正ログイン補償サービス

bitFlyerと補償内容は似ていますが、違うところは下記の点です。

  • bitFlyerは日本円での出金に限る。
  • coincheckは日本円でも仮想通貨でもどちらも対象。

コインチェックだと最大で1回あたり100万円まで補償される予定。

ハラペー
ハッカーは口座に入っている仮想通貨を不正に引き出す時は、日本円にせず、ビットコインのまま送金することが多いようです。

コインチェックのこの補償サービスによって、100万円までなら安心して投資ができますね!

ただし条件としては、

過去記事の『【セキュリティ対策】仮想通貨取引所の口座開設後は必ず『二段階認証』を設定すべし。』で書いたように二段階認証設定をしておく等の必要がありますのでご注意ください。 

 

コインチェックのサイトやアプリは、見やすさ使いやすさナンバー1

コインチェックアプリ利用者NO1
ハラペー
正直なところ、

コインチェックはどの取引所よりも使いやすいです。

チャートや総資産なども見やすいだけじゃなく、仮想通貨の取引もまるでスマホでゲームをするような感覚で行えちゃいます。

ハラペー
スマホのウィジェット機能で、こんな感じに価格を観ることができます。見やすい!
コインチェックのウィジェット機能

ハラペー
投資初心者の人でも使いやすいように作られています。

便利で使いやすいという評判で、取引高だけでなくアプリ利用者数もNo.1になっています。

シンプル・イズ・ベスト!

コインチェック

コインチェックで人気のアルトコインが購入できる!

コインチェックではビットコインやイーサリアムはもちろんのこと、その他にも多くの仮想通貨である人気のアルトコインが購入できます。

2017年は、コインチェックで取り扱う銘柄全てが大きく値上がりしたので、

これらの仮想通貨はコインチェック銘柄とも呼ばれています。

コインチェック銘柄
コインチェックで買える仮想通貨(人気のアルトコインが豊富)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • リップル(XRP)
  • オーガー(Augur)
  • ジーキャッシュ(ZCASH)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

コインチェック銘柄は時価総額のTOP30位以内に入っている通貨がほとんどなので安心して購入できますね。

人気のリップル(XRP)やネム(XRP)も購入可能です。

 

…ちなみに『秒速で1億を稼ぐ』で有名な与沢翼氏はコインチェックで1億円のリップルと2,000万円分のファクトムを購入したようです。

け…桁がすごい…。

貸仮想通貨サービス

コインチェックの貸仮想通貨

2017年6月にコインチェックが始めた新サービスが貸仮想通貨。

手持ちの仮想通貨をコインチェックに貸し出すことで期間に応じて金利を仮想通貨で受け取ることができるというものです。

銀行でいう定期預金ですね。貸出期間と利率に関しては、下記の通り。

  • 14日間:年率1%
  • 30日間:年率2%
  • 90日間:年率3%
  • 365日間:年率5%

ガチで手放さずホールドする!っという方にオススメのサービスですね。

銀行に預けてもこんなに高い利率はもらえれません。ただしコインチェックが万が一、破綻した場合は預けた通貨が戻ってこないというリスクを持たなければなりません。

僕はコインチェックで購入したイーサリアムとファクトムを貸仮想通貨として預けてみました。これぞ不労所得。

 

ハラペー
仮想通貨取引所ランキング第一位のコインチェックは、おすすめ度No1の取引所です。
ハラペー

コインチェックおすすめポイント

  1. 圧倒的に使いやすい操作性。
  2. 不正ログイン保証サービスで安心して取引できる。
  3. 13種類の人気アルトコインを取り扱っている。
  4. 貸仮想通貨サービスがある
コインチェックの口座登録はこちら 

まとめ:仮想通貨を始めるなら、おすすめ取引所で口座開設

ハラペー
《メイン取引所》

《サブ取引所》

僕は上記のような感じでメイン、サブに分けて取引所を利用しています。

バイナンスは海外取引所なので中級者以上向けです。

多くの通貨があるので慣れてきたら開設してみましょう。

取引所のセキュリティやハッキングなどの

取引所リスク取引所ごとに行なっている独自サービスを考えると、

取引所は複数口座作成するのがおすすめです

「まだ仮想通貨の投資は私には早いかな…?」と思われている方も、

とりあえず早めに口座開設してみてはいかがでしょうか。 

最近ではCMも始まり注目度がどんどん上がってきています。

そのため仮想通貨取引所の口座開設は、申込者が多くて時間がかかります。

早めに取引したい場合は早めのお申し込みが必要です。

ちなみに…twitterでどの取引所を愛用しているかアンケートをとってみたところ、僕のランキング結果と同じ結果に。

各仮想通貨取引所の公式HPはこちら

この記事の次によく読まれる記事。

5 件のコメント

  • 私で答えられる範囲でよければですが…
    ご不明な点やご相談があればお答えいたします!!

    どなたでもかまいませんよ。
    お気軽にどうぞ。

    コメントお待ちしております\(^o^)/

  • すいません。モナコインに興味があるのですが、安く買える取引所はザイフで宜しいでしょうか?申し訳ありませんが教えてください。

    • 仮想つう子さん
      コメントありがとうございます。
      モナコインは上記で紹介しているビットフライヤーとザイフで取り扱いをしています。

      ビットフライヤーで取り扱うモナコインは、販売所から購入することになるため、価格は高め、スプレッドも広いです。

      一方、ザイフで取り扱うモナコインは、買いたい方と売りたい方同士を取引させることができます。
      その為、仮想つう子さんの質問の通り、ザイフの方が安い価格で購入することができますね。

      他にご質問があれば、お答えできる範囲で回答しますのでお気軽にどぞ〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。