NFTを買う時の注意点|大損しない為に知っておきたい8つの事

NFTを買う時の注意点|大損しない為に知っておきたい8つの事
ビッツくん

NFTを買う際に失敗したくないな。NFTを買う時の注意点を教えて?

ハラペー

この記事で注意点を解説していくね

NFTを始めたばかりの頃は、NFTを買う時に不安な気持ちになりますよね。

NFTを買う時の注意点を知っているだけで大損するリスクを避けることができます。

この記事では、NFTを買う時の注意点を8パターンご紹介していきます。

この記事を書いている人

ハラペー
ハラペー
自己紹介
  • Twitterフォロワー2.5万人超え
  • 仮想通貨歴6年目、NFT歴2年目
  • FP2級/AFP所有(CFP勉強中)
  • NFTクリエイター・コレクター
  • 500個以上のNFTを所有中
  • 豚のNFT「Cute Pigs」を運営
  • 詳しいプロフィールはこちら
目次(読みたい所に移動)

NFTを買う時の8つの注意点

NFTを買う時の注意点

NFTを買う時の8つの注意点について一つずつ解説していきます。

注意点1:NFTの偽Mintサイト

NFTを買う時の注意点 詐欺サイト
引用元:Twitter

上記画像に貼られているURLは詐欺サイトへ誘導するリンクです。

  • 知らない方から届いたDM
  • メンション付きのツイート
  • リプ欄へのコメント

これらに貼られているURLは偽のMintサイトの可能性が高いので注意が必要です。

Mintサイトは公式TwitterやDiscordの発信を確認するようにしましょう。

偽MintサイトでNFTを購入すると、ウォレット内の仮想通貨やNFTが盗まれます。

予告されていなかったMintやセールがある場合は、焦らずに慎重に調べましょう

MintサイトでNFTを買う際、メタマスクに「Set Approval For All」という文字が表示されていたら危険です。OpenSeaなどのマーケットプレイスでこの表示が出るのは問題ありません

ハラペー

リカバリーフレーズを聞かれても、絶対に誰にも教えてはダメ

注意点2:NFTの偽物

NFTはコピー作品などの偽物を簡単に作ることができます。

OpneSeaでの検索バーでの検索は偽物が出てくる可能性があるので注意が必要です。

NFTを買う時の注意点 偽物
引用元:OpenSea(Aopanda Party)

OpneSeaで「Aopanda Party」を検索したら、4つのコレクションページが表示されました。

どれが正しいコレクションページなのか判別が難しいです。

NFTを買う時はそのコレクションの出品者、取引量、直近での取引、人気コレクションなら認証マークの有無を確認してみましょう。

OpenSeaの正しいコレクションページに行く際は、DiscordにあるURLもしくは公式ツイッターのプロフィール画面にあるリンクからアクセスすることを推奨します

注意点3:偽アカウント(偽者)

NFTを買う時の注意点 ハラペーの偽者
引用元:Twitter(アカウント検索画面)

ハラペーの偽アカウントが大量に発生しています。

この偽者は偽Mintサイトに誘導するツイートを行っています。

このようにTwitterは偽アカウントを簡単に作成することが可能です。

お金を出せばフォロワーを購入することができるので、そっくりなアカウントが作れます。

  • 自分がそのアカウントをフォローしているか
  • 共通の友人・信頼できる人がそのアカウントをフォローしているか
  • 過去のツイート内容

本物かどうかの判別は上記のポイントを確認するようにしましょう。

判別がつかない場合は仲間や友人などに相談してみることをお勧めします

怪しい方に直接「あなたは本人ですか?」と質問をしないように気をつけましょう。詐欺師は本人だと回答します

Twitterに有料課金をすることで青色の認証マークをつけることができるようになりました。

しかし、偽アカウントに認証マークがついている可能性もあるので注意が必要です。

詐欺師が運営のふりをしてTwitterやDiscordであなた宛に偽サイトなどのDMを送る手法もあります。

DiscordのDM設定は受け取り拒否の設定にしておきましょう。

注意点4:NFT購入時のガス代

NFTを購入するときにはガス代という手数料が発生します。

ガス代はタイミングによって金額が変動します。

高騰している時にNFTを買うと、ガス代が普段以上にかかります。

できればガス代が高くないタイミングを狙って購入するようにしましょう。

EtherscanというサイトのEthereum Gas Trackerでガス代の目安を確認することができます。

NFTを買う時の注意点 ガス代

現在のGweiの数値がHistorical Gas Orace Pricesの平均値よりも高い(差が大きい)場合は注意が必要です。

NFTを買う時の注意点 ガス代

注意点5:NFTの価格下落リスク

NFTの価格は変動します。

高値更新を続けて価格が上がり話題になるNFTもあれば、逆に価格が下がるNFTもあります。

損をしてしまう可能性もあるので、NFTの購入は余裕資金で買うようにしましょう。

ちなみに発売されたばかりのジェネラティブのNFTコレクションはリビールが行われる場合があります。

絶対ではありませんが、一般的にリビール直前のNFTは高騰し、リビール後に価格が下落する傾向があります。

リビール(Reveal)とは、購入したタイミングでは同一コレクション内の絵が全て同じになっているが、あるタイミングでそれがそれぞれ異なる絵に変わることです

リビールでレアリティの高いNFTを引き当てる可能性は確率的にも低いので、リビール直前ではなく、リビール後もしくはプレセール(初期の安い価格)で購入するのがおすすめです

注意点6:NFTには著作権がある

NFTには著作権が存在します。

NFTを購入したとしても、購入した作品でグッズ化を行うなど営利目的で利用することは原則できません。

各プロジェクトごとに権利や使用できる範囲が異なるので、コレクションの運営者・関係者に確認してみましょう。

NFTコレクションの中には「CC0」(クリエイターコモンズゼロ)といって、クリエイターが著作権を放棄したNFTコレクションも存在します。

CC0の有名なコレクションに「CryptoNinja」「BAYC」「Goblintown」「Nouns」などがあります。

注意点7:NFT運営者のラグプル

NFTを買う時の注意点 ラグプル

初期セールでお金を集めた後に突然Twitterアカウント削除・Discord閉鎖して、NFTコレクションの運営がいなくなることがあります。

このように運営が売り上げを持ち逃げする行為を「ラグプル」(Rug Pull)と言います。直訳すると絨毯を引くという意味です。

誰がやっているかわからない運営メンバーが匿名のプロジェクト、デザインが他のコレクションに類似しているコレクションなどがラグプルになることが多いです。

注意点8:NFT売買の利益に税金

NFTを購入した際に決済した仮想通貨・NFTの売買で生じた利益は税金計算の対象です。

確定申告をせずに税金を支払わない場合、追徴課税が発生し税金を余分に支払うことになる場合もあります。

売却後の税金も考慮してNFTを購入するようにしましょう。

>>(国税庁)NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係

NFTの注意点を知っていれば大損することを避けられる

NFTは楽しい・儲かるなどメリットの部分にだけ目を向けるのは危険です。

上記で紹介した注意点を意識して大損するリスクを減らしましょう。

NFTや仮想通貨界隈には悪い人や詐欺師がたくさんいます。

  • あなただけ特別に販売
  • いまだけ限定セール(カウントダウン)
  • 日本語が変、怪しい
  • シードフレーズの入力を求められた

上記のようなパターンは詐欺の可能性高いので注意が必要です。

詐欺やハッキングに対する対策も重要となってきます。

さらに守備力を上げるために「NFTの詐欺・ハッキング対策」の記事もご覧ください。

まとめ:NFTを購入する時の注意点 

NFTを買う時の注意点|大損しない為に知っておきたい8つの事

この記事ではNFTを買う時の注意事項をご紹介しました。

これらの注意点を知っているだけでも大損することを防げる可能性が高まります。

上記でご紹介した注意点を意識しながら、一緒にNFTでわくわくを楽しんでいきましょう。

NFTをこれから始められる方はこちらの記事を参考にご覧ください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(読みたい所に移動)