仮想通貨投資を始めるなら1ヶ所だけでなく複数の取引所で口座開設するのがオススメ!

仮想通貨取引所は複数口座作るべし

ビットコインが最高値を更新し、日本発祥のモナコインが1年間で約100倍以上上昇を達成したことで、さらに仮想通貨が注目されています。

僕の友人や会社の同僚の仲良しメンバーは、新たに仮想通貨の投資を始めるために、仮想通貨取引所を開設する人が増えてきました。

 

そんな仮想通貨投資を始めたばかり、もしくはこれから始めようとしている友人に、僕が伝えている事があります。

それは…

ハラペー
仮想通貨取引所は少なくとも3ヶ所以上、口座開設を行うべし!

今日はなぜ仮想通貨投資をする場合に、複数の取引所口座を開設するべきなのかについて説明したいと思います。

仮想通貨取引所を複数作る3つの大きなメリット

①取引所破産やサーバーダウンのリスク回避

『すべての卵を一つのカゴに入れるな』

という投資の格言があります。

カゴに入った卵

卵の入ったカゴを二つ以上に分けることで、万が一、片方のカゴを地面に落として割れてしまっても、もう一方のカゴには影響がないことから、リスクヘッジをすすめる言葉として、広まっています。

仮想通貨投資についても同じことが言えます。

仮想通貨取引所Aという1社に資産を集中させて保管していた場合、仮にその取引所が悪意のあるハッカーにハッキングされ資産が全てなくなった場合、そのお金は取り返すことができなくなってしまう可能性があります。

または過去にあったマウントゴックス社のように従業員の不正による倒産することもありえます。

銀行だとペイオフといって、仮に銀行が破産しても自分の預金が1,000万円まで守られますが、仮想通貨に関してはそのような仕組みや制度はまだありません。 

 

取引所サーバーダウン

また、各通貨に関して好材料や悪材料が出た際、取引所にアクセスが殺到すると取引所のサーバーがダウンすることがあります。

そんな時に自分の資産が動かせなくなってしまうというリスクがあります。

取引所を信用しすぎるのは危険ですので、取引所に保管する資産はできるだけ他の取引所にも分散したり、LedgerNanoSなどのハードウォレットなどに移しておくことが重要です。 
ハラペー
仮想通貨取引所を1ヶ所しか作っていない方は少なくとも3ヶ所以上で口座開設することをオススメします。

②取り扱い通貨

仮想通貨取引所毎に取り扱う通貨が異なります。

各取引所の取り扱い通貨は下記の通りです。

…ビットコイン(BTC),ビットコインキャッシュ(BCH),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),モナコイン(MONA)

…ビットコイン(BTC),ビットコインキャッシュ(BCH),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リスク(LISK),ファクトム(FCT),モネロ(XMR),オーガー(REP),リップル(XRP),ジーキャッシュ(ZEC),ネム(XEM),ライトコイン(LTC),ダッシュ(DASH),ビットコインキャッシュ(BCH)

…ビットコイン(BTC),ビットコインキャッシュ(BCH),イーサリアム(ETH),ネム(XEM),モナ(MONA)

【トークン】こいnザイフトークン(ZAIF),カウンターパーティ(XCP),ビットクリスタル(BCY),ストレージコインx(SJCX),フィスココイン(FSCC),ぺぺキャッシュ(PEPECASH),カイカコイン(CICC),ネクスコイン(NCXC)

…ビットコイン(BTC),ビットコインキャッシュ(BCC),リップル(XRP),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),モナコイン(MONA)

…ビットコイン(BTC),ビットコインキャッシュ(BCC),イーサリアム(ETH)

国内取引所で最も取り扱い通貨の数が多いのがコインチェックですね。時価総額ランキングの上位に並ぶ人気銘柄を幅広く揃えています。

Zaifに関しては、国内取引所ではZaifでしか購入できないトークンを多く揃えていますね。

また、ICOプラットフォームのCOMSAに参加する場合もZaifの口座アカウントが必要になってきます。

 

ハラペー

値上がりしそうな通貨の情報をキャッチした際に、素早く購入できるようにしておきたいところです。

いざ購入しようとしたところで取引所の口座を開設していなければ、口座開設に時間がかかってしまい買いのチャンスを逃してしますからね。

③取引所毎のサービスを利用できる

通常の取引以外で各取引所によって行なっているサービスが異なります。

・bitFlyer(ビットフライヤー)

  • ビットコインFX
  • 無料でビットコインがもらえるサービス
bitcoinFX

レバレッジを最大15倍にすることができるチャートが見やすくて取引がしやすいスプレッドが低いや手数料が安いという点から、

ビットコインFXをするならビットフライヤーがおすすめですね。

ビットコインがタダでもらえる

また、ビットフライヤー経由でお買い物や申し込みをするだけで、ビットコインがもらえるというお得サービスもあるんです。

ビットコインがタダでもらえる
bitFryerの詳細はこちら 

・coincheck(コインチェック)

  • 貸仮想通貨
  • 見やすいアプリで相場の確認

コインチェックには、貸仮想通貨という銀行でいう定期預金のようなサービスがあります。手持ちのビットコインなどの仮想通貨を取引所に貸し出すことで金利収入を得ることができるんです。

貸仮想通貨サービス コインチェック

関連記事:

コインチェックのアプリは見やすくて使いやすい為、スマホでの相場の確認に毎日活用させてもらっています。

若い女性ユーザーが多いのも、スマホアプリが使いやすい証拠ですね。

coincheckの詳細はこちら 

・Zaif(ザイフ)

  • コイン積立
  • COMSA
  • ZaicaでGO

ザイフのコイン積立という銀行口座から毎月自動引き落としで、毎日一定金額を購入してくれるサービスです。ドルコスト平均法でリスクの少ない、安定した取引を行うことができ、僕も2017年の9月から始めてみました。

関連記事:

企業が仮想通貨で資金調達を行うことができるプラットフォームのCOMSAは2017年10月2日から11月6日までトークンセールを行なっております。

その後はザイフにて、COMSAトークンを取り扱う予定となっています。また、COMSAでICOを行う企業の独自トークンも買えるようになる予定。

Zaifの詳細はこちら 

 

以上が、仮想通貨取引所の口座を複数作る大きな3つのメリットです。

この他にも…

  • 買値の安い取引所で購入し、売値の高い取引所にコインを移して売りぬけるアービトラージができる。
  • ビットコイン分裂時にビットコインキャッシュの時のように、取引所によっては分裂する通貨の付与の時期が異なり、遅いところだと取引できずに損をする可能性がある。
  • 日本円に出金する際に、上限金額がある取引所がある。(コインチェック:一日の出金上限5,000万円まで)

などなど取引所口座を複数作るメリットは他にもありますが、デメリットはあまり思いつきません。

口座開設に料金はかかりませんしね。

 

仮想通貨取引所を複数作るデメリットは特にないかと思いますが、唯一あるとすれば、手間ぐらいでしょうか…。

ハラペー
手間といっても、ほぼオンライン上で登録や必要書類の手続き等も完結しますけどね。

スポンサード リンク

初心者向けの仮想通貨取引所

これから仮想通貨投資を始められる方や、もう既に1ヶ所で口座作成していて、

今後取引所口座を新しく開設しようとしている場合は上記の取引所がおすすめ。

 

関連記事:仮想通貨おすすめ取引所ランキングTOP3。初心者の私がビットコイン購入の為に口座開設し取引してみた。

仮想通貨おすすめ取引所ランキングTOP3。初心者の私がビットコイン購入の為に口座開設し取引してみた。

2017.02.26

中級者・上級者向けの仮想通貨取引所

少し慣れて来たら取引所の数を増やしてみましょう。海外取引所も慣れれば簡単に取引できます。草コインがたくさん買えますよ。

複数の取引所に登録する際は、自分でできるセキュリティ対策をしっかり行おう

  • 2段階認証
  • メルアドとパスワードを取引所毎に変更する(使い回しNG)
  • Facebookと連携しない
  • ハードウォレットも活用する
ハラペー
このブログでいつもお伝えしている上記セキュリティ対策は必ず行いましょう。

まとめ

来年にはサイバーエージェントやSBIなどの大手が運営する仮想通貨取引所が始動予定です。

それにより、今まで不安感によって買い控えてた富裕層や投資家がドッと押し寄せて今の価格では買えなくなる可能性が考えられます。(あくまでも可能性…。)

その時に備えて今から仕込んでおくのは賢い選択なのではないでしょうか。

もちろん仮想通貨の価格は下がる可能性はあります。しかし、これまでに人類の歴史を遡ると貝、米、金、紙幣と通貨が時代に合わせて変わってきた流れを考えると…

ハラペー
紙幣や貨幣から仮想通貨に変わっていくのも時間の問題なのではないでしょうか。

上がってから買うのか、上がる前に仕込むのかはあなた次第です!(やりすぎコージー風)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。