bitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめする7つの理由

bitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめする7つの理由
ビッツくん

ビットフライヤーってどんな取引所なの?

ハラペー

取引量が多いだけでなく積立やクレカのサービスがある便利な取引所だよ

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続でNo.1※の仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

使いやすくて便利な為、私は2017年からbitFlyerを愛用しています。

トレードがしやすいだけでなく、積立やビットコインが貯まるクレジットカードのサービスもあります。

bitFlyerがおすすめの7つの理由

  1. 取引量が多いので安心して取引できる
  2. 積立サービスがある
  3. BTCが貯まるクレジットカードがある
  4. 仮想通貨の取扱銘柄数が多い
  5. イーサリアムを取引所でお得に買える
  6. ビットコインがタダでもらえる
  7. 仮想通貨BATがもらえる

この記事ではbitFlyerがおすすめな7つの理由について解説します。

>>bitFlyer公式サイトはこちら
bitflyer 5つの魅力

\積立購入もおすすめ!/

※無料登録!手続きは10分で完了

※ビットコインが貯まるクレカを発行可能

この記事を書いている人

ハラペー
ハラペー
自己紹介
  • Twitterフォロワー2.5万人超え
  • 仮想通貨歴6年目、NFT歴2年目
  • FP2級/AFP所有(CFP勉強中)
  • NFTクリエイター・コレクター
  • 500個以上のNFTを所有中
  • 豚のNFT「Cute Pigs」を運営
  • 詳しいプロフィールはこちら
目次(読みたい所に移動)

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

ビットフライヤーとは?
スクロールできます
会社名株式会社bitFlyer
会社設立日2014年1月9日
資本金41億238万円※資本準備金含
代表取締役関 正明
本社所在地東京都港区赤坂 9-7-1ミッドタウン・タワー8F
登録暗号資産交換業 関東財務局長 第 00003 号
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 3294 号

bitFlyerとは、ビットコインなどを購入することができる日本最大規模の暗号資産取引所です。

ビットフライヤーは取引量だけでなくユーザー数も多く、2022年10月21日時点ではユーザー数が300万人を突破しています。

ビットフライヤーは2014年に設立されており、国内取引所の中では他に比べ歴史がある会社です。

会社は港区六本木のミッドタウンにあります。

セキュリティ・顧客資産保護を経営上の最優先課題として取り組んでおり過去にハッキングの事件はありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめする7つの理由

bitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめする7つの理由

bitFlyerをおすすめする理由を7つご紹介していきます。

取引量が多いので安心して取引可能

ビットフライヤーは国内取引所の中でNo1のビットコイン取引量があります。

※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

そのため、他の取引所よりも自分が取引したいタイミングや価格で約定すること可能性が高まります。

積立サービスがある

2021年1月18日より暗号資産の積立サービスを開始しました。

販売所で取り扱う全種類の銘柄が購入対象となっています。

  • 積立頻度は「毎日 1 回」「毎週 1 回」「毎月 2 回(1 日と 15 日)」「毎月 1 回」から選択可能
  • 最低1円から1円単位で設定可能
  • 手数料無料(販売所からの購入)
  • bitFlyer アカウントの日本円残高から自動で購入(口座振替不要)

暗号資産は値動きが激しいため、積立サービスは投資初心者や忙しい会社員や主婦の方に人気のサービスです。

購入のタイミングを悩まないですし、購入のタイミングを分散させることで価格変動リスクを軽減できます。

詳細は「ビットフライヤーのかんたん積立」の記事をご覧ください。

BTC貯まるクレジットカードがある

bitFlyerではビットコインが貯まるクレジットカードを発行しています。

スタンダードカードとプラチナカードの2種類のカードがあります。

bitFlyerの口座開設済みの方でないと発行することができません。

このクレカは「bitFlyerクレカの詳細」という記事をご覧ください。

ハラペー

私はbitFlyerクレカをメインカードにしています

仮想通貨の取扱銘柄数が多い

ビットフライヤーの取り扱い銘柄
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • ジム
  • リンク
  • ドット
  • テゾス
  • ステラルーメン
  • ネム
  • バット
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

続々と仮想通貨の取扱銘柄が増えています。

 取引所はビットコイン、Ligthtningではビットコインとイーサリアムのみ取り扱い

イーサリアムをお得に安く買える

bitFlyerではビットコインとイーサリアムのみ板取引で購入ができます。

Lightningを利用することで割安の手数料で購入が可能です。

販売所を利用せずにイーサを購入できるのはbitFlyerを活用する大きな魅力です。

ビットコインがタダでもらえる

ビットフライヤーには、ただでビットコインがもらえるサービスがあります。

これは他の取引所では行なっていない取り組みです。

ビットフライヤーのサイト経由でお買い物をしたり、サービスの契約をすることで、その特典でビットコインをもらうことができます。

仮想通貨BATがもらえる

Braveブラウザを利用してbitflyerと連携させることで、Braveブラウザ上で閲覧することで仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)をもらうことができます。

Braveブラウザは広告を表示させない機能があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

アルトコインは手数料が高い

イーサリアムを除くアルトコインは、販売所のみでしか取引できないようになっています。

アルトコインを販売所形式で取引すると割高になります。

販売所で購入する場合は、スプレッドの差が少ない時を狙いましょう。

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号資産です。

ハラペー

イーサリアムはLightningで購入が可能

銀行の出金手数料が高い

bitFlyerアカウントから銀行口座へ出金する際に手数料がかかりますが、こちらの手数料が高いです。

出金できる銀行は楽天銀行と三井住友銀行です。

  • 3万円未満:550円
  • 3万円以上:770円

出金手数料が高いのはデメリットです。

bitFlyerから日本円を出す場合は、できるだけ1度にまとめて出すようにしましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法

口座開設は簡単です。

bitFlyerの公式サイトからアクセスして、メールアドレスを登録します。

口座開設から取引までの簡単な流れ
  1. メールアドレスの登録
  2. 登録したアドレスに届いたメールのURLにアクセス
  3. 基本情報の入力、運転免許証などの身分証の写真を撮影してWEB上で送信
  4. 本人確認資料が自宅に到着
  5. 日本円を入金し、トレード開始

まとめ:仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめする7つの理由

この記事ではbitFlyerのおすすめ理由を7つご紹介しました。

  1. 取引量が多いので安心して取引できる
  2. 積立サービスがある
  3. BTCが貯まるクレジットカードがある
  4. 仮想通貨の取扱銘柄数が多い
  5. イーサリアムを取引所でお得に買える
  6. ビットコインがタダでもらえる
  7. 仮想通貨BATがもらえる

2017年からビットフライヤーを使い始めて、2022年のいまだに愛用しています。

これからビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を買ってみたいという方がいれば、ビットフライヤーの口座開設をおすすめします

>>bitFlyer公式サイトはこちら
bitflyer 5つの魅力

\積立購入もおすすめ!/

※無料登録!手続きは10分で完了

※ビットコインが貯まるクレカを発行可能

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(読みたい所に移動)