bitbank(ビットバンク)とは?メリット・セキュリティ対策・口コミについて

bitbank(ビットバンク)とは?

取引所のセキュリティが注目される中、

注目度急上昇中の取引所があります。

それは『bitbank(ビットバンク)』。

 

今日は、bitbankについて詳細や

メリットデメリットセキュリティ対策口コミ等について丁寧に説明していきます。

ハラペー
bitbank(ビットバンク)は、人気アルトコインが全て板取引で安く買えるんです。

しかも、取引手数料は0円のキャンペーン中。

ビットフライヤーGMOコインをメインに使っている方には特にオススメですよ。

\リップルの取引高が世界一のbitbank

bitbank(ビットバンク)とは?

bitbank、bitbank Trade、BTCN

ビットコインを全ての人に

をスローガンに設立された仮想通貨専業の企業です。

bitbankは下記3つの事業を営んでいます。

  • 取り扱う全ての仮想通貨を板取引でトレードできるビットバンク(bitbank)
  • 20倍レバレッジのビットコインFXが行えるビットバンクトレード(bitbank Trade)
  • ビットコインニュースメディアBTCN』(@btcnews_jp)の運営

株式会社ビットバンクの会社概要

会社名ビットバンク株式会社
住所〒141-0031

東京都品川区西五反田7丁目20-9

KDX西五反田ビル7F

設立2014年5月
役員代表取締役CEO 廣末紀之
資本金11億3100万円(資本準備金含む)
金融庁認可番号関東財務局長 第00004号
bitbankは金融庁の認可を受けた取引所となっています。 
bitbankは金融庁認可の取引所

引用元:bitbank HP

代表取締役 廣末紀之氏はメディア出演や書籍も執筆。

ビットバンク代表取締役CEO廣末 紀之

引用元:bitbank HP

代表取締役CEO廣末紀之氏はテレビなどのメディアにも出演されており、

仮想通貨に関する初心者向けのわかりやすい書籍も執筆されています。

bitbank(ビットバンク)は広告やCMやってるのか?

他社と比較すると、駅ナカ広告やテレビCMなどは行なっておりません。

そのかわりビットバンクは、手数料0キャンペーンを行い、

セキュリティ対策に力を入れています。

ハラペー
真面目で、堅実な取引所です。

まさに仮想通貨の銀行(bitのbank)ですね。

bitbank(ビットバンク)の取り扱い仮想通貨銘柄

bitbankでは6種類の仮想通貨を取り扱っています。

bitbank(ビットバンク)取り扱い仮想通貨銘柄
ビットバンク取り扱い仮想通貨銘柄

  • ビットコイン(BTC/JPY)
  • リップル(XRP/JPY)
  • ライトコイン(LTC/BTC)
  • イーサリアム(ETH/BTC)
  • モナコイン(MONA/JPY、MONA/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/JPY、BCH/BTC)

bitbank(ビットバンク)の取引手数料は全ペアで0円

bitbankの取引手数料は全ペアで0円。

取引手数料が発生しないお得な取引所なんです。

 

手数料が無料なんて…

儲かってるのか心配になるレベルですw

bitbank取引手数料比較表

引用元:bitbank HP

上の表のA社はコインチェック。

B社はZaifでしょうか…。

ハラペー
僕はせこいので…

アルトコインの取引は手数料がかからない、

ビットバンクで行うことが多いです。

bitbank(ビットバンク)でお得にトレードをする

bitbank TradeでビットコインFXもできるよ

bitbankは仮想通貨の現物取引ができるbitbankと、

ビットコインのレバレッジ取引ができるbitbank Tradeという二つの取引所を運営しています。

このbitbank Tradeでは、レバレッジ20倍でビットコインのトレードが可能となります。

bitbankTradeのビットコインFX

他の取引所と比較すると、ビットバンクのレバレッジの倍率は高いです。

bitbank20倍
ビットフライヤー15倍
Zaif7.77倍
DMMビットコイン5倍
GMOコイン5倍
追証とロスカットルール

追証:なし

ロスカット:証拠金維持率が20%を下回った場合強制決済

 

国内取引所で唯一の『追証なし』なので、

自分が口座に入れた資金以上の損失を負う心配がありません。

ロスカットの証拠金維持率も20%とかなり低い数値となっています。

bitbank TradeでビットコインFXをする

BTCNというメディアを運営

ビットバンクは、BTCNというニュースメディアを運営しています。

有益な情報が定期的にアップされるので、

僕はRSSリーダーアプリ(Feedly)に登録し、更新される都度チェックしています。

ハラペー

ニュースだけに限らず、インタビュー記事も。

リップル(Ripple)のステファン・トーマスCEOのインタビュー記事もあったりします。

BTCNを見てみる

bitbank(ビットバンク)のメリット

bitbankは取引手数料が無料(ゼロ)

手数料無料のbitbank(ビットバンク)

引用元:bitbank公式サイト

ビットバンクは取引手数料が0円になるキャンペーンを、

2018年9月30日まで実施しています。

ハラペー

板取引でアルトコインの購入・売却が行えて

手数料がゼロ…。

素晴らしいですね。

ビットバンクでお得に取引をするならこちら 

bitbankでリップルやライトコイン等の指値取引が行える

bitbank(ビットバンク)取り扱い仮想通貨銘柄

bitbankでは全ての通貨を板取引(指値取引)にてトレードすることが可能です。

特に、bitbankはPCだけではなくスマホでも使いやすくて人気が高いです。

人気のあまり、これまでに何度かリップルの取引高世界一に輝いています。

 

  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

 

上記のコインはZaifでも購入可能です。

…が、手数料だけを考えると、無料のビットバンクの方がお得ですね。

 

国内では、アルトコインの板取引ができない取引所が多いです。

販売所で購入した場合、スプレッドが広いため、購入した瞬間に含み損

なってしまうということが起きてしまいます。 

 

ビットフライヤーとビットバンクの価格の違い

モナコインを同じタイミングでビットフライヤービットバンクで購入しようとした場合、

モナコインの購入価格

  • ビットフライヤー…435円
  • ビットバンク…394円

という価格で購入することが可能でした。

1枚あたり約40円の差があります。

大きいですよね…。1000枚のモナコインを購入した場合、

購入した瞬間に4万円の差がついてしまいます。

ハラペー
bitbankの場合は板取引で指し値注文・成り行き注文が行うことができるので、

アルトコインが安く購入、高く売却することが可能です。

 

また手数料も発生しないので、

トレードするならbitbankで行うのがお得になりますね。

デザインがシンプルで見やすくて、スマホでの操作も簡単

bitbankのサイトはデザインが見やすいです。

テクニカル分析にも最適。

ビットバンクはPCでも使いやすい

PCだけではなくスマホでも使いやすいです。

シンプルで洗練されたスタイリッシュなデザイン。

ビットバンクのスマホ画像 ビットバンクのスマホ画像 ビットバンクのスマホ画像

使いやすさへの、こだわりを感じますね。

 

トレードとは関係ありませんが、bitbank公式HPもシンプルで見やすいんです。

bitbank公式HPはこちら

bitbank(ビットバンク)のデメリット

bitbankのスマホアプリが無い

bitbankの口座開設後に、アプリをダウンロードしようと思って、

AppStoreやGooglePlayを探して見たものの、見つかりませんでした…。

 

bitbankにはスマホアプリはありません。

他の取引所には専用アプリがあるのにbitbank には無いのは、

マイナスポイントですね。


このツイートを見ると…近いうちに専用アプリができそうですね。

ただし専用サイト自体が見やすいので、

アプリは無くてもそこまで問題ありません。

取引量が少ないので、取引が約定しにくい時がある

取引高が他の取引所よりも少ないのはデメリットですね。

ただ、僕が買ったり売ったりしていますが、

今の所、そこまで大きな影響はありません。

取り扱っている仮想通貨銘柄が少ない

bitbank(ビットバンク)取り扱い仮想通貨銘柄

bitbankの取り扱い仮想通貨銘柄は全部で8ペアの6種類です。

ハラペー

Zaifだとトークンも合わせて16種類ありますからね。

ビットバンクもNEMを取り扱って欲しいな。

イーサリアムとライトコインを日本円で購入できない。

ビットバンクのETHとLTC

リップルやモナコインは日本円で買えるのに、

イーサリアムとライトコインは日本円での購入ができません。

 

システム開発の優先順位の問題でしょうか…。

日本円で買えないのは不便だと感じる方もいると思うので、

全通貨日本円で購入できるようになると、

さらに使いやすい取引所になりますね。

bitbank(ビットバンク)のセキュリティ対策

 

コインチェックでの不正アクセスによる580億円分のNEM流出問題以降、

ビットバンクのセキュリティ対策や仮想通貨の管理方法が称賛されています。

 

コールドウォレットとマルチシグ対応についての説明の前に用語解説はこちら。

仮想通貨のセキュリティ用語

マルチシグ

マルチ・シグネチャの略称で、たとえ一つの鍵が流出して悪意のある者に漏れてしまっても、別の鍵が悪意のある者に渡らなければ、仮想通貨を抜き出すことができない仕組み。

 

ホットウォレット

仮想通貨の出し入れがしやすいというのがメリット。

インターネットに繋がった状態のため、ハッキングされやすいというデメリット。

 

コールドウォレット

インターネットにつながっていない状態のため、セキュリティが強くハッキングされにくいというメリット。

鍵の保管や、仮想通貨の出し入れは不便なのはデメリット。

 

コールドウォレット対応

顧客資産は全てコールドウォレットで管理しています。

これは安心ですね。

マルチシグ

リップルとイーサリアムがマルチシグになっていない理由は、

HPに公開されており、対応されていない理由がしっかり書かれています。

リップル

ビットコイン等の仮想通貨と異なり、複数のシードキーからマルチシグアドレスを導出することはできず、マルチシグ化する親アドレスから、マルチシグに使用するアドレスを登録する方式をリップルでは採用しています。そのため、マルチシグ化した親アドレスの秘密鍵が領域に残っていたり、作業者が隠し持ったりするリスクが内在しています。

この点において、弊社では親アドレスの秘密鍵を削除したことを証明しつつ、安全にマルチシグに移行するための方法論を優先的に検討を進めております。

イーサリアム

イーサリアム・アドレスのマルチシグ化は、ビットコインやリップル等と異なり、プロトコルレベルでなくスマートコントラクトを用いて行われます。

先般、イーサリアムのマルチシグを巡り事故が相次いでいる(※)ように、スマートコントラクトの脆弱性を突き、秘密鍵なしで不正移動できてしまうリスクが内在しておりました。本脆弱性については既にパッチが当てられているものの、プロトコルレベルのマルチシグではなく、依然セキュリティに懸念があることから、当社においては当面の採用を見送っている状況です。

イーサリアムにおいても、引き続きセキュリティ面のリサーチを進め、マルチシグ化に向け検討を行っていきます。

引用元:仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

このようにしっかりと、理由を書いてもらえると、ユーザー側も安心することができます。

以上のことから、bitbankはセキュリティに力を入れていることがわかりますね。

セキュリティを高めているビットバンクでビットコインを買う

ログイン時の2段階認証が可能に


これまでログイン時の2段階認証はありませんでしたが、

2018年2月7日よりログイン時にも適用されるようになりました。


ハラペー

ただし、どんなに安心できる取引所であっても、取引所を100%信用するのは危険です。

まとまった仮想通貨資産ができた方はLedgerNanoSなどのハードウォレットへの保管がおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の口コミや評判

bitbankの口コミや評判は…

すごく良いです。

リップルを指値で買えるのはbitbankだけですからね。

 

ビットバンクのセキュリティに関する評価は高いですね。

…通貨はこれから増えるはず!

bitbankはこんな人におすすめ

  • アルトコインを板取引(指値注文)で安く購入したい方
  • 短期取引を頻繁にする方
  • 大きな金額の取引をする方
  • リップルを安く買いたい・高く売りたい方
  • セキュリティの高い取引所に資産を置いておきたい方
  • ビットコインFXでリスクを背負いたくない方

bitbankのキャンペーン情報

bitbankでは取引手数料0円など、かなりありがたいキャンペーンを行なっています。

bitbankが開催しているキャンペーンや過去に実施済みのものなどをまとめた記事をがありますので気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

ビットバンク(bitbank)の口座開設・取引キャンペーンの詳細について

2018.03.27

bitbankの口座作成方法

口座開設は簡単です。

bitbank公式サイトにアクセスしてメールアドレスを登録します。

ビットバンクの口座開設

口座開設から取引までの簡単な流れ

  • メールアドレスの登録
  • 登録したアドレスに届いたURLをクリック
  • 基本情報の入力、運転免許証などの身分証の写真を撮影してWEB上で送信(アップロード)
  • 本人確認資料が自宅に到着
  • 日本円を入金し、トレードスタート
ビットバンクの口座開設

 

ビットバンクの口座開設 ビットバンクの口座開設
ハラペー
登録自体はサクッと終わりますよ。

本人確認資料も届くのに、他の取引所と比較して時間もかかりません。

手数料がお得なbitbankを活用してみましょう!

\リップルの取引高が世界一のbitbank

仮想通貨取引所は複数作成してリスクを軽減

仮想通貨を行うのであれば、登録している取引所が一つだけというのは危険です。

取引所が突然ハッキングにあってしまうリスクは絶対にないとは言い切れません。

仮想通貨の資産は一箇所の取引所におかず、複数に分散させることが重要です。

 

また、取引所ごとに行なっているキャンペーンがあるので、

開設しておかないと、お得なチャンスを逃すことも…。

 

さらには、相場の状況によっては取引所ごとに仮想通貨の価格が異なる時があります。

 

取引所リスクの分散であったり、取引所ごとのサービスや特典を受けるために、

複数の取引所を作り、取引所を使い分けすることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。