楽天ポイントの貯め方・使い方の秘訣を公開!

楽天マガジンを活用して雑誌代を節約!31日間利用料無料と1000Pプレゼントのキャンペーンを活用しよう。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

雑誌読み放題サービスの楽天マガジンを2017年から愛用中!

とんぺいのアイコン画像とんぺい

楽天マガジンって便利なの?お得?

ハラペーのアイコン画像ハラペー

スマホだけじゃなくタブレットやPCでもガシガシ読めるからめちゃくちゃ便利。料金は雑誌を購入するよりも断然安いしね。

楽天マガジンには、さまざまなジャンルの雑誌が500誌以上あります(2020年8月時点)。

月額300円(年払い税抜3,600円)という低料金で利用することが可能です。

楽天マガジンの雑誌読み放題サービスを利用し始めてから、雑誌代をかなり節約することができました。

書店に行く必要もなく、自宅や外出先でいつでも好きなタイミングで雑誌を読めるので、時間の節約、おうち時間や隙間時間の有効活用にもなっています。

今日は、今後も愛用していきたい「楽天マガジン」についてご紹介していきます。

\無料期間中の途中解約OK/

※5分で登録完了
※初回31日間無料

目次(読みたい所に移動)

楽天マガジンのキャンペーン情報

楽天マガジンのキャンペーン

初回31日間利用料無料 解約もOK

今なら初めて楽天マガジンに登録する方であれば、初回31日間の利用料がタダになります。

「どんなサービスなのか、まずはお試しで使ってみたい」

とお考えの方は、気軽に使い始めることができます。無料期間中に途中で退会しても、もちろんお金はかかりません。

エントリーは不要です。

\楽天マガジン公式サイトはこちら/

年額プランにすると1000Pプレゼント

年払いでの契約の年額プランにすると、楽天ポイントが1000P(期間限定ポイント)プレゼントされます。

税抜き年間3,600円(月額300円)の利用料から1,000円引かれたと考えると、初年度は2,600円(月額217円)で楽天マガジンを使うことができることになりますね。

初回31日間利用料無料の特典と併用することも可能です。

ただし、31日間無料期間中に解約をして、その後再び加入された場合は本キャンペーンの対象外になってしまいます。

>>年額プラン加入で1000Pキャンペーンにエントリーする

200ポイントプレゼント

初めて楽天マガジンに登録される方は事前エントリーをすることで、楽天ポイントが200P(期間限定ポイント)プレゼントされます。

しかしながら、上記で紹介した「年額プランで1000Pプレゼント」と併用することができません。

毎月払いの月額プランを利用した場合は、こちらのキャンペーンにエントリーをしましょう。

初回31日間利用料無料の特典と併用することも可能です。

>>200Pキャンペーンにエントリーする

お買いものパンダがもらえるパンダフルライフコレクション。

楽天が提供しているサービスに加入すると、そのサービスの内容に応じた「お買いものパンダ」をもらうことができます。

楽天マガジンの場合はこちらの本を読んでいるパンダです。

ただしこのキャンペーンには注意が必要です。

上記で説明した「年額プランで1000Pプレゼント」や「200Pプレゼント」のキャンペーンと併用することができません。

お買いものパンダがもらえるパンダフルライフコレクションにエントリーすると、ポイントプレゼントキャンペーンが適用されず、お買いものパンダのプレゼントキャンペーンが優先されます。

>>お買いものパンダがもらえるキャンペーンにエントリーする

過去の終了したキャンペーン

すでに終了したキャンペーンの記録です。

下記をタップすれば開きます。

雑誌読み放題サービスの楽天マガジンとは?

楽天マガジンとは

楽天マガジンとは、楽天が提供する450誌以上の雑誌が読み放題となるサービスです。

スマホ、タブレット、PCブラウザを利用して雑誌を読むことができます。

料金体系は月額プランと年額プランの二種類あります。

月額プラン380円(年間4,560円)
年額プラン3,600円

毎月支払いの月額プランは税抜き月額380円、一括払いの年額プランは税抜き3,600円(月額300円)です。

月額プランで1年間契約すると4,560円かかりますので、年額プランにすることで960円お得になります。

\無料期間中の途中解約OK/

※5分で登録完了
※初回31日間無料

楽天マガジンのメリット

楽天マガジンのメリット

雑誌を一冊買うより安くて超お得

楽天マガジンのメリットは料金の安さです。月額400円ほどで雑誌が読み放題になるのは魅力的です。

  • 週刊東洋経済 730円。
  • 週刊SPA!! 450円
  • 日経トレンディ690円
  • DIME 990円

一冊雑誌を読めば、すぐに元が取れちゃいます。

私は楽天マガジンで月5冊以上は絶対に読んでいるので、お得さを実感できています。

読める雑誌のラインナップが豊富すぎる

500誌以上の雑誌がバックナンバーも含めて読むことができます。

人気の雑誌ベスト20を箇条書きで

いつも読んでいる、あなたのあの雑誌も無料で読めるかもしれません。

楽天マガジンで読める本の最新の一覧表は、公式ページから確認可能です。

とんぺいのアイコン画像とんぺい

普段読まないジャンルの雑誌も気軽に読めるので、新しい知見や価値観を得ることができるかも。

雑誌を書店に買いに行く必要がない

楽天マガジンを利用すれば、自宅でゆったり読みたい雑誌を読むことこができます。

暑い中・寒い中・雨の中、本を書店まで買いに行く必要がありません。

コンビニで立ち読みする必要もないんです。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

楽天マガジンでお金だけでなく、時間も節約することが可能ですね。

デバイスは5台まで登録可能

一つのアカウントで5台まで使うことができます。

  • 私のノートPC(Macbook)
  • 私のタブレット(iPad Pro)
  • 私のスマホ(iPhoneX)
  • 妻のスマホ(iPhone7)
  • 義母のタブレット(iPad)

家族でアカウントを全て利用して活用しています。

どこにいても雑誌を読むことができるので、とても便利です。

もちろんAndroid端末でも閲覧可能です。

オフラインでも閲覧可能

事前に読みたい雑誌をダウンロードしていれば、ネットが繋がらないオフラインの環境でも雑誌を読むことができます。

飛行機に乗ったり、海外に行ったりする際は、前もって読みたい本を大量にダウンロードしておき、飛行機の中や旅先で雑誌を読めるようにしています。

残しておきたいページをスクリーンショットで記録を残すことができる

気になる部分や読み返したいページがあれば、スクリーンショットの機能を利用して画面を保存しておくことが可能です。

  • 後で妻に見せたい
  • ブログで活用したい
  • 投資に活かしたい

などなど。このスクリーンショットは多用していて、メモ帳アプリに自分のコメントと一緒に残すようにしています。

楽天マガジンには「ふせん」ボタンがあり、タップすればマイページに記事を保存することもできます。

\楽天マガジン公式サイトはこちら/

楽天マガジンのデメリット

楽天マガジンのデメリット

スマホでは読み辛い。紙の方が読みやすい。

読みやすさでいうと、紙の方に軍配が上がります。

ぺらぺらと紙をめくりながら、読みたいページを探せれるのは紙の魅力です。

スマホだと画面が小さく画像や記事が読みづらいので、じっくり読みたい場合は、タブレットかPCで読むのがおすすめです。

PCの場合は、外付けモニターを利用するとさらに読みやすくなりますよ。

閲覧画面からはブルーライトの光が出ていますので、雑誌に比べると長時間読んでいると目が疲れてしまいます。

ブルーライトカットのシートをスマホやタブレットに貼って、さらにブルーライトカットのメガネをかけて読むようにしています。

読めない部分がある

楽天マガジンは、グラビアの過激な部分やジャニーズの画像が閲覧できないようになっています。

雑誌によっては特集の部分や記事の一部が抜けているということがあります。

全てのページを読むことができないのは楽天マガジンのデメリットです。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

重要な部分や読みたいページは大体読むことができるので、私も妻も、読めない部分はデメリットは正直あまり気になりません。

雑誌が大量に読めるので、時間を消耗してしまう。

読みたい雑誌がたくさん目についてしまい、ついつい時間忘れて読み込んでしまうことも…。

楽天マガジンの質問回答(Q&A)

Q1.スマホ以外でも読めますか?

A1.スマホだけではなく、タブレットやパソコンでも利用可能です。

Q2.解約のやり方は簡単ですか?

A2.簡単です。「ご契約内容の確認・変更」の下の方にある「解約ページへ」に行けば、解約処理を進めることができます。

Q3.楽天ポイントで料金を支払えますか?

A3.楽天ポイントを利用して支払いをすることも可能です。その際、期間限定ポイントも使えます。そのほかにクレジットカードやデビットカードでも支払いが可能です。

Q4.AmazonのKindle Unlimitedと比較するとどっちが良いですか?

A4.個人的には両方利用するのがおすすめです。Kindle Unlimitedは書籍や雑誌が読み放題ですが、雑誌のラインナップが少ないのがデメリットです。

Q5.お金に関する雑誌も読めますか?

A5.楽天マガジンにはお金に関する雑誌も多くあります。

Q6.毎月の利用料以外にお金がかかる場合はありますか?

A6.ありません。毎月の料金(もしくは年払い)のみです。解約時の手数料や有料課金雑誌などは無いので、安心して家族で利用できます。

楽天マガジンの登録方法

楽天マガジンの公式ページにある「31日間0円で試す」のオレンジ色のボタンをタップします。

楽天にログインをして進みます。

楽天会員の方であれば、細かい個人情報は入力不要なので短時間で登録が済みます。

料金プランや支払い方法などの必要情報を入力すれば完了です。

まとめ:楽天マガジンを活用して雑誌代を節約!

雑誌を普段読む方であれば、楽天マガジンの利用を検討してみるのがおすすめです。

購入するよりも、きっと雑誌代を安く抑えることができるはずです。

  • 「実際に雑誌を読むことができるか」
  • 「使い心地は良いのか」

など不安な方は、31日間の無料期間でいろんな雑誌を読みつつ、使い勝手を感じてみましょう。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

もちろん無料期間中の解約も違約金や手数料はかからないので安心ですよ。

\無料期間中の途中解約OK/

※5分で登録完了
※初回31日間無料

▼雑誌の数は楽天マガジンに劣りますが、漫画や本の読み放題サービスのKindle Unlimitedもおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次(読みたい所に移動)
閉じる