高校生でもビットコインを買えるの?未成年が仮想通貨取引所の口座開設が可能か調べてみた。

未成年の高校生でも仮想通貨を購入できるのか
ハラペー
16歳の高校生です。未成年でもビットコインの購入は可能ですか?

どこに行けば仮想通貨を買えるのでしょうか?

先日、読者の方から未成年でもビットコインを購入できるのかという質問を頂きました。

 

高校生の彼はツイッターで仮想通貨の存在を知り、興味を持ったようです。

高校生なのに仮想通貨に興味を持つなんて偉すぎる…。

 

  • 何歳から仮想通貨の取引所口座を作れるのか…
  • 未成年でも仮想通貨の取引所口座を作れるのか…

 

FXや株については未成年でも購入できるところがあります。

 

しかし僕自身も未成年が口座作成できるのかわかりませんでしたので、

この機会に調べてみることにしました。

 

高校生でも仮想通貨取引所の口座開設は可能。

僕が利用している3つの取引所で調べてみました。

 

まず、結論。

未成年の高校生でも仮想通貨の口座開設は可能です。

(2017年11月3日時点)

 

ただし、保護者の同意(同意書等)が条件となっています。 

 

口座を作ることはできますが未成年者(高校生)自身だけでは、仮想通貨取引所の口座開設はできません。

親の承諾や同意書、身分証などの提出が必要になってきます。

 

スポンサード リンク

未成年者の仮想通貨取引所口座開設における各取引所の回答

仮想通貨取引所

ビットコインなどの仮想通貨を購入できる場所は、仮想通貨取引所です。

各取引所のHPを見にいき、取引所の口座を作成できるのかについて調べてみました。

 

コインチェックは未成年でも口座開設可能

コインチェックでは未成年者が口座開設する場合、本人の身分証などとは別に保護者の同意書が必要になります。

4 当社は、登録希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあ ります。

(1) 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合 (2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐 人又は補助人の同意等を得ていなかった場合

参照元:コインチェックの利用規約

法定代理人とは、保護者のことです。

 

この同意書は、公式HPからアカウント作成する際にダウンロードすることができます。

コインチェック 未成年』と検索しても保護者同意書のデータが出てきました。

コインチェック 未成年の保護者同意書
コインチェックで口座開設する場合はこちら 

 

Zaifは未成年でも口座開設可能

Zaif(ザイフ)では未成年者が口座開設する場合、本人の身分証などとは別で、親権者(未成年後見人)と未成年者との続柄を確認できる証明書保護者の同意書が必要になります。

未成年者の方でも本人確認はできます。

ただし20歳未満未成年者の方は、親権者(又は未成年後見人)とご本人の続柄を確認できる証明書類
およびご本人確認のための本人確認書類、親権者の同意書が必要となります。

参照元:Zaif

 

この続柄を確認できる証明書というのは、下記資料です。いずれかの資料が必要となります。

  • 住民票
  • 戸籍妙本
  • 健康保健証※但し「夫、妻、子」等の続柄が記入されているものに限ります。
  • 母子手帳

 

Zaif 未成年者の口座開設時に必要となる同意書

上記HPより同意書はDLできますよ。

 

注意が必要なのが、もしも親権者が二名いる場合は二人ともに署名捺印をもらう必要があります。

続柄を確認できる証明書に親権者が一人しかいない場合は一名でも大丈夫です。

 

Zaifで口座開設する場合はこちら 

 

ビットフライヤーは未成年でも口座開設可能

ビットフライヤーでは未成年者が口座開設する場合、本人の身分証などとは別で、保護者の同意書(原本)保護者の顔写真付きの身分証が必要になります。

当社では利用規約第3条4項2号に基づき、未成年の方によるアカウント作成には下記書類の提出をお願いしております。

  • 承諾書(下記URL よりダウンロードしてください)への署名捺印(原本)保護者の承諾書
  • 保護者の方の顔写真付本人確認資料(写)※氏名、生年月日、住所、顔写真が掲載必須項目です。

上記2点を当社宛に郵送いただきますようお願い申し上げます。

上記書類の受領確認までは、アカウントをご利用頂くことができませんので、あらかじめご了承くださいませ。

参照元:ビットフライヤーQ&A

 

保護者の同意書は原本が必要になりますので、

ビットフライヤー宛に郵送することになります。

 

ビットフライヤー 未成年の保護者同意書
ビットフライヤーで口座開設する場合はこちら 

まとめ

未成年の高校生でもビットコインなどを含む仮想通貨を購入することができることがわかりました。

ただしビットコインが買いたい!と思う未成年諸君は、保護者を説得する必要がありますね。

親世代は、仮想通貨にネガティブなイメージを持っている方が多いと思うので反対する人が多そう。

 

仮想通貨の仕組みやビットコインについて熱く語れる必要があるかもしれませんね。

 

でももし自分に子供がいて、勉強のために仮想通貨のトレードがしてみたいなんて言われたら、

めちゃくちゃ嬉しいけどなぁ。

関連記事:

 

ちなみにインベスターZの主人公は、高校生で数億円単位で株取引してますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。