ハラペーの買ってよかったもの 

Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)は目に優しくて、軽いのでおすすめです。

Kindle Paperwhte(キンドル ペーパーホワイト)は目に優しくて、軽いのでおすすめです。
とんぺいのアイコン画像とんぺい

Kindleが快適に読める、おすすめの端末教えてよ?

ハラペーのアイコン画像ハラペー

一番のオススメはKindle Paperwhiteだよ

電子書籍はKindle専用端末の「Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト) 」を利用して読んでいます。

Kindle Paperwhiteは目に優しく、重さも軽くて、本を読んでも全然疲れません。

本を読み始めると無限に本が読めてしまうくらい、読書に集中できるようになりました。

この記事では、私が現在愛用しているKindle Paperwhiteについてご紹介したいと思います。

目次(読みたい所に移動)

Kindle Paperwhte(キンドル ペーパーホワイト)とは?

Kindle Paperwhte(キンドル ペーパーホワイト)とは

Kindle Paperwhteとは、Amazonの電子書籍を読む専用端末です。

キンドルの端末は現在三種類あります。

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

商品グレードとしてはKindle < Kindle Paperwhite <Kindle Oasis という順に高くなっています。

機種KindlePaperwhiteOasis
容量4GB8GB、32GB8GB、32GB
サイズ6インチ6インチ7インチ
厚さ8.7mm8.18mm3.4-8.4mm
重さ161g182g188g
価格8,980円13,980円29,980円

Kindle

Kindleはスタンダードモデルで、三種類の中で最も価格の安いモデル。

容量は4GBあります。解像度は最も低い167ppiです。

サイズは6インチ・厚さ8.7mm・重さが161g、値段は8,980円(広告付き)です。

とにかく安いKindleが欲しい場合はこちらが最もおすすめ。

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteは、三種類の中では2番目に安いモデル。

容量は8GBと32GBの二つから選ぶことができます。

解像度はノーマルKindleの倍近い、300ppiです。

サイズは6インチ・厚さ8.18mm・重さが182g、値段は13,980円(広告付き)です。

最新のペーパーホワイトは防水機能もついています。

Kindleよりも5,000円高いですが、Kindle Oasisよりも16,000円安いです。

機能はOasisと、そこまで変わらないのでKindle三種類の中では最もコスパが高いかと思います。

Kindle Oasis

Kindle Oasisは、三種類の中では最も高価なモデルです。

容量は8GBと32GBの二つから選ぶことができます。

解像度はKindle Paperwhiteと同じ、300ppiです。

ペーパーホワイトと同様に防水機能もついています。

サイズは7インチ・厚さ3.4mmと8.4mmの二段構造・重さが188g、値段は29,980円(広告付き)です。

他のKindle端末よりもサイズが少し大きめで、持ちやすい形状をしており、ページめくりの物理ボタンがついています。

使い勝手は間違いなく一番良いのですが、価格が高いのがネックです。

Kindle Paperwhteのメリット

Kindle Paperwhiteのメリット

①軽い

Kindle Paperwhteで一番気に入っているのが、「軽さ」です。

サイズは6インチ・薄さが8.18mmで重さが182gあります。

画面が大きいにも関わらず、重さが軽い為、本を読んでいても手が全然疲れないんです。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

iPadで本を読んでいた頃と比べると、Kindle Paperwhteで読むようになってから読書量が3倍以上に増えました。

②目に優しい

Kindle Paperwhiteで本を読むと目が疲れにくいです。

Kindle端末では、電子ペーパー技術のE-inkを利用しています。

紙の本のような感覚でKindleで本を読むことができます。

また、ブルーライトをほとんど使っていない為、読書をしても目があまり疲れません。

ブルーライトが少ない為、寝る前にKindleで読書をしても睡眠に影響を及ぼしにくくなっていますね。

③充電(バッテリー)が長持ちする

Kindle Paperwhiteは充電がとても長持ちします。

1日30分から1時間毎日読書しても、半分以上の充電がまだ残っています。

スマホと比べると電池の減りがかなりゆっくりです。

バックライトの明るさ、ダウンロードの量、辞書機能の活用によって電池の減りは早くな場合もありますが、

上記機能をほとんど使わなけれれば、さらにバッテリーの持ちは長くなります。

④防水機能があり、お風呂でも読める

現在Amazonで販売されている2018年発売の最新機種であるKindle Paperwhite(第10世代)には、IPx8という防水機能が搭載されています。

ビーチでもお風呂でもプールサイドでも読書を楽しめます。

水深2メートルまで最大60分耐えられる仕様となっています。

ちなみに私が持っている古い機種のKindle Paperwhite(第七世代)には防水機能はついていません。

⑤購入特典でKindle Unlimitedの無料期間が3ヶ月ついてくる

商品ページのオプションで「3ヶ月分のKindle Unlimitedつき」を選択して購入すると、

Kindle Unlimitedが3ヶ月間無料で楽しむことができます。

Kindle Unlimitedの月額料金は980円なので、約3,000円分お得になる計算となりますね。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

最近ではAmazonの読み放題サービスである「Kindle Unlimited」にキャンペーンを利用して再入会したため、読みたい本が山積みでコロナ前よりも忙しい状態です。

Kindle Paperwhteのデメリット

Kindle Paperwhiteのデメリット

①何時間でも本が読めてしまって、時間が無くなる

Kindle Paperwhteで本を読むと、目が疲れにくいです。

それに軽くて持ちやすく、集中力が続きやすいため、本を読んでいると時間があっという間に過ぎてしまいます。

気がつくとすぐに30分、1時間が経過してしまい、時間がすぐになくなってしまうのが1番のデメリットです。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

ついつい時間を忘れて、読んでしまうんですよね。

②本を読む以外の機能がほとんどない

Kindle Paperwhteは読書専用の端末のため、インターネットを利用した検索はほとんど活用できません。

やろうと思えば一応できるのですが、白黒表示かつ動きがモッサリしています。

Kindle Paperwhteでネットーフィンをするくらいであれば、スマホを使った方が断然良いでしょう。

本を読む以外の機能がほとんどないため、読書に集中できるのが良かったりします。

③白黒表示のみ(カラー表示なし)

Kindle Paperwhteは白黒表示です。

カラーの漫画を楽しみたい場合は、PCやタブレットで閲覧をする必要があります。

④次ページへ進む、物理ボタンがない

Kindle Oashisには物理ボタンがありますが、

Kindle Paperwhteにはページめくりの物理ボタンがありません。

次のページや前のページに進むには画面をスライドもしくはタップする必要があります。

これも別に慣れればそこまで問題はありません。

⑤速度が遅く、もっさり感がある

私が使っている古い機種のKindle Paperwhteはかなりもっさり動きますが、

最新のKindle Paperwhteでもまだ動作はそこまで早くないようです。

ただ、これも慣れればそこまでストレスは感じなくなりました。

Paperwhiteを購入する時の選び方

Kindle Paperwhte(キンドル ペーパーホワイト)の選び方
  • 容量のサイズ
  • Wi-fiの有無
  • 広告の有無
  • Kindle Unlimitedの有無

Amazonで購入できますが、上記についてそれぞれ選択をする必要があります。

※巣篭もりによる需要が高まっている影響で、選ぶ条件によっては在庫切れが発生しています。

容量のサイズ

8GB0円
32GB+2,000円

小説のみであれば8Gで問題ないです。

漫画もたくさん読むのであれば32Gを選んでおいた方が良いでしょう。

無料4Gの有無

無料4G無し0円
無料4G有り+5,000円

4G無しがおすすめです。

本をダウンロードする際は自宅のWi-Fiもしくはスマホからテザリングをして繋げばOKです。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

家にWi-Fiがなければ4G有りを選ぶのもいいかもしれません。

広告の有無

広告あり0円
広告なし+2,000円

広告については私はありにしています。

ただし、広告が嫌いな方は2,000円上乗せすることで広告無しにすることも可能です。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

ヘビーユーズする方は広告なしの方がおすすめです。

Kindle Unlimitedの有無

Kindle Unlimitedなし0円
Kindle Unlimitedあり3ヶ月無料
とんぺいのアイコン画像とんぺい

無料で3ヶ月Kindle Unlimitedが使えなら、選んでおいた方がお得じゃん。

Kindleを買う際には、Amazonチャージを活用すべし

Amazonギフト券にチャージしてポイントゲット

Amazonギフト券に初めてチャージを行う事で、1,000円分のポイントがもらえます。

さらにAmazonギフト券にチャージするたびにAmazonポイントがプレゼントされます。

Amazonギフト券にチャージしてポイントゲット

Amazonプライム会員の方なら、一般会員に比べ+0.5%多くポイントがもらえます。

ハラペーのアイコン画像ハラペー

Kindle Paperwhite買うなら、アマゾンにチャージしてから買うのがお得ですね

Amazonギフト券の1000ポイントGETのキャンペーンにエントリーする

まとめ:Kindle ペーパーホワイトはコスパが高くて、使い心地が良い電子書籍リーダー端末。

Kindle端末の中での一押しは、コスパが高いKindle Paperwhite(ペーパーホワイト)です。

Kindle Unlimitedが3ヶ月分無料で楽しめるので、この機会に自宅での読書生活を楽しみましょう。

Kindle Paperwhte(キンドル ペーパーホワイト)は目に優しくて、軽いのでおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(読みたい所に移動)
閉じる