LLAC(Live Like A Cat)の買い方を解説|NFT

LLAC(Live Like A Cat)の買い方を解説|NFT

NFTの国内市場が盛り上がっており、2022年12月28日にリリース予定のLLAC(Live Like A Cat)が大注目されています。

LLACとは、フリーランスの学校の代表であるしゅうへいさん(@shupeiman)がリリースする可愛い猫のNFTコレクションです。

イラストは人気クリエイターの猫村うむ子さん(@umuco_digital)が手がけます。

NFTインフルエンサーのイケハヤさん(@IHayato)も運営メンバーの一人でマーケティングアドバイザーを担当します。

SNS界隈で活躍する3人のインフルエンサーが手がけるジェネラティブNFTです。

「猫のように自由気ままに生きてみよう」がテーマ。

販売枚数は22,222枚販売価格は0.001ETHという低価格での販売です。

価格も安いので、まだNFTを購入したことがない方にも始めやすいNFTコレクションです。

この記事ではLLACの上記内容について解説していきます。

この記事を書いている人

ハラペー
ハラペー
自己紹介
  • Twitterフォロワー2.5万人超え
  • 仮想通貨歴6年目、NFT歴2年目
  • FP2級/AFP所有(CFP勉強中)
  • NFTクリエイター・コレクター
  • 500個以上のNFTを所有中
  • 豚のNFT「Cute Pigs」を運営
  • 詳しいプロフィールはこちら
目次(読みたい所に移動)

LLAC(Live Like A Cat)とは?|NFT

LLAC NFT
スクロールできます
コレクション名Live Like A Cat(リブライクアキャット)
略称LLAC
販売枚数22,222枚
価格0.001ETH
販売日2022年12月28日
チェーンイーサリアムチェーン
公式サイトLive Like A CATの公式サイト
DiscordLive Like A CATのDiscord(※新規受付停止中)

LLACとは可愛い猫のNFTコレクションです。

ジェネラティブのNFTで販売枚数は22,222枚、販売価格は低価格の0.001ETHでリリースされます。

販売開始日は2022年12月28日です。

激安価格なので初めてNFTを買う方にも手に取りやすいNFTプロジェクトです。

2022年10月29日にLLACオンライン公式グッズショップ「またたび屋」がOPENしています。

開店初日だけでグッズ(ステッカー)が100万円以上の売上発生したようです。

>>LLACオンライン公式グッズショップ「またたび屋」はこちら

ハラペー

NFT販売前にも関わらず、盛り上がりがすごい

llac discord

LLACのDiscordコミュニティにはNFTのリリース前にも関わらず既に7,500人以上が参加しています。

LLACへの期待が高まりすぎているため、現在Discordへの入会は新規参加をストップしています。11月中旬以降に受付再開予定

LLACは可愛い猫のNFTコレクション

NFT LLACとは

全22,222体のNFTアートで表現する猫は、ただ自由奔放に生きている猫ではありません。

「欲求を自分で満たし、自立した状態で他者に貢献できる猫」として、私たちニンゲンに新しい気づきを与えられるよう設計しています。

22種類あるポーズにはそれぞれ意味があり、猫のように生きるヒントが詰め込まれています。

引用元:公式サイト

人気クリエイターの猫村うむ子さんが描くLLACには、全部で22,222匹の猫が登場します。

登場する猫のポーズ(構図)は全部で22種類あり、さらに色(柄)も22種類あります。

素体の数は900種類以上です。

そして表情・しっぽ・アイテム・背景など、種類も豊富です。

哲学、カルチャー(文化)、趣味や嗜好を表した作品も登場する予定です。

同じ種類が存在しない一つひとつが唯一無二の一点物の作品のような猫になっています。

たくさんあるにゃん

ハラペー

22種類のポーズの猫を全部集めたくなりそう

LLACのテーマ

LLACの読み方はLive Like A CAT(リブライクアキャット)で、意味は「猫のように生きる」です。

「Live Like A Catというプロジェクトを通じて、日本に「ネコみたいに生きる人」を増やしていきます。

・ちょっとがんばりすぎてないかな?・自分で生き方決めつけてないないかな?・ネコの個性は認めているのに自分の個性は否定してないかな?

Live Like A CatのNFTを持つことや、SNSで見かけることで、自分で作ったルールを見直すキッカケに。

そして、あなたが気ままに生きていくことで、周りの人や子どもたちが生きやすい世界に変わっていきます。

引用:しゅうへいさんのNote

働きすぎの現代人に響きそうなテーマとなっています。

LLACを手に入れてコミュニティに入ることで、これまでの忙しい日本人のえ考え方を、猫のような考えにアップデートすることが可能です。

LLAC NFT コミュニティ
  • ふらっと立ち寄れる居心地の良さ
  • 気ままに働く仲間を探せれる
  • クリエイティブの内側が見れる
  • 猫好きと交流
  • コミュニティ運営を学べれる
  • NFTが勉強できる

LLACのコミュニティは「仕事・副業・NFT活動」「趣味を楽しむ」「猫への愛を叫ぶ」など自分のサードプレイス(第三の場所)として活用される方も多そうです。

猫のようにゆるく生きよう

フリーランスの学校が主催

フリーランスの学校

フリーランスの学校がLLACの主催コミュニティとなっています。

フリーランスの学校は2万人以上が参加するオンラインコミュニティです。

LLACの創設者である、しゅうへいさんが代表を務めています。

すでにこの規模のオンラオインコミュニティがLLACの母体となっているのはNFTコレクションとしての強みの部分です。

LLAC(Live Like A Cat)運営メンバー(しゅうへい・猫村うむ子・イケハヤ)

LLACはSNSで影響力のある三名が運営メンバーとなっています。

LLAC運営メンバーの上記3名をご紹介します。

ハラペー

Twitterフォロワー3人の合計は45万人超え

しゅうへい:Founder

llac しゅうへい

LLACのFounder(創設者)はしゅうへいさん(@shupeiman)です。

猫にちなんでニャウンダーとも呼ばれています。

借金500万円の会社員からブロガー・SNSマーケターに転身され活動しいるインフルエンサーです。

上記でも解説した二万人以上の会員数がいるフリーランスの学校を運営しています。

Voicyパーソナリティもされており、778万回以上再生されています。

しゅうへい Crypto_Buddha

しゅうへいさんは2021年10月から1枚絵のNFTコレクション「Crypto Buddha」を販売・運営されています。

ハラペー

ちなみにハラペーはCrypto Buddha #001のホルダーです

猫森うむ子:イラスト

llac 猫村うむ子

LLACのイラスト(リードデザイナー)は猫村うむ子さん(@umuco_digital)です。

猫村うむ子さんは大人気の図解クリエイター。これまでに数々のバズツイートを量産されています。

図解やデザインだけでなく、WEBマーケティングやブランド戦略も得意とされています。

LLACが猫村うむ子さんにとって初のNFTコレクションとなります。

現在、猫村うむ子さんは半年間、作業リソースをほぼ全振りしてLLACの作成に時間をかけて猫を作成中。

他のジェネラティブのNFTプロジェクトでここまで時間をかけて作品を作っている人は聞いたことがありません。

ただ単に「可愛い」だけではない猫が登場することでしょう。

ハラペー

とんでもないNFTコレクションが生まれる予感

イケハヤ:マーケティングアドバイザー

llac イケハヤ

イケハヤさん(@IHayato)がLLACのマーケティングアドバイザーを担当されます。

イケハヤさんはTwitterフォロワー数が34.3万人、Voicyフォロワー10.5万人もいる国内トップクラスのNFTインフルエンサーです。

国内人気NFTコレクション「CryptoNinja」そして4万人以上の参加者がいる「Ninja DAO」のFounderです。

世界のNFTランキングの上位にも顔を出すことがある「CryptoNinja Partners(CNP)」のセールス・マーケティングも担当をされています。

イケハヤさんとしゅうへいさんの交流は2018年ごろから始まっています

LLAC(Live Like A Cat)の魅力|NFT

llac nft 魅力

LLACには多くの魅力があります。

上記がLLACの5つの魅力です。

これらの魅力があるNFTプロジェクトなので、LLACは多くの方におすすめできます。

猫村うむ子さんのゆる可愛いデザイン

このゆる可愛い猫のイラストがLLACの魅力の1つです。

シンプルで洗練された猫ちゃん。

見れば見るほどに愛らしく感じてきます。

猫村うむ子さんの経験・知識がたくさん詰まった猫たちです。

猫村うむ子さんは2022年12月28日に向けて、毎日カウントダウンのツイートをされています。

このツイートが毎回100RT超えで、いいねも300〜500ついています。

このバズり具合は凄いとしか言えません。

デザインだけでなく、LLACのブランド、イメージ作りにも徹底して考えられています。

LLACのイメージづくりに関しての詳細はこちら

販売数が多い(22,222枚)

LLACは全部で22,222枚のNFTがリリースされます。

NFTコレクションの中ではかなり多いです。

多くの方の手に渡るように設計されています。

22222枚(にゃんにゃんにゃんにゃんにゃん枚)

価格が安い(0.001ETH)

LLACの初期セール価格は0.001ETHです。

価格が安いため、LLACは初心者におすすめのNFTコレクションです。

ちなみに、イケハヤさんがセール・マーケティングを行っているCNPも最初は0.001ETHでセールを行いました。

CNPは現在1.7ETHまで価格が上昇しています。(2022年10月29日時点)1,700倍の上昇となっています。

LLACがどこまで値上がりするかは誰にもわかりませんが、少なくとも0.001ETHで購入できれば損をする可能性は低いでしょう。

猫好きや同じ価値観の仲間が見つかる

NFTは自分の好みのデザインや動物で選んで購入する方が多いです。

そのため、LLACには猫が好きな方、ゆる可愛いデザインが好きな方、猫のような生き方に憧れる方、運営メンバーのファン、という方々が集まっています。

似ている価値観同士の方が集まるコミュニティなので、話が合ったり仲良くなったりするスピードも早いはずです。

仲間になろ〜

NFTマーケティングやセールの裏側を学べる

LLACのディスコードにはアトリエ「のぞき穴」チャンネルがあります。ここでは、イラストを描いている猫村うむ子さんの思考のプロセス・戦略・行動の意図を書き残されています。

個人的にこの内容が勉強になるので、定期的に見るようにしています。

  • うむ子さんのコラム
  • 22の構図に込めた意図
  • LLACデザインの強み・弱み
  • カウントダウンのツイートの目的
  • …などなど

猫村うむ子さんのクリエイティブの裏側を覗き見ることができます。

LLACを購入したいと思っている方だけでなく、NFTクリエイター・NFT事業者・クリエイティブのお仕事をされている方にもおすすめです。

ハラペー

ここまで深く考えいるのか〜

LLAC(Live Like A Cat)の将来性|NFT

llac 将来性

LLACは以下3つの点でLLACには将来性があると感じています。

上記3つについて解説します。

ハラペー

LLACのNFTやコミュニティはリリース後も盛り上がりそう

運営メンバーがマーケティングの達人

LLACの運営メンバーであるイケハヤさん、しゅうへいさん、猫村うむ子さんの3人全員がマーケティングのスペシャリストです。

ユーティリティの発表、大量保有者へのロールや特典、今後のロードマップの公開など、NFTリリース後の戦略も考えていることでしょう。

しゅうへいさんやイケハヤさんと交流の深いインフルエンサーの方々はLLACをアイコンにすると予想しています。

運営メンバーのSNSフォロワー数が多いのも凄いのですが、イケハヤさんとしゅうへいさんがVoicyの人気パーソナリティであるという点に注目しています。

音声メディアの利用者・市場は年々増加しています。

音声メディアを聞いている人の収入・ITリテラシー・エンゲージメント率(反応する人・行動する人)も高いです。

そのため、今後Voicyを聞いた人がLLACを購入する、コミュニティに参加するという動きは一定数ありそうな気がします。

フリーランス人口の増加

フリーランスの人口は年々増加していおり、フリーランスという働き方に興味を持つ方は多くなっています。

それに伴い、しゅうへいさんが運営するオンラインサロン「フリーランスの学校」の入会者も増加中。

「フリーランスの学校」はLLACの主催コミュニティです。

入会者が増えればLLACをより深く知る方も増え、LLACを購入する流れが増加する可能性があります。

フリーニャンス増加中にゃん

NFT投資家コミュニティにチャンネル

イケハヤさんが運営する「イケハヤ仮想通貨ラボ(ICL)」というNFT投資家コミュニティにLLACの専用チャンネルが設けられています。

イケハヤさんのICLには仮想通貨の投資家が多く所属しています。

投資マネーがLLACに投下される可能性があります。

LLAC(Live Like A Cat)のホワイトリスト獲得方法|NFT

LLAC NFT ホワイトリスト

LLACはホワイトリスト(WL)を配らないと公表されています。

長期目線でLLACを保有してもらえる方を増やしたいというのが理由です。

Giveawayなどのホワイトリストばら撒きは実施されない予定です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(読みたい所に移動)