楽天ペイで還元率5%を達成する秘密を公開

ふるさと納税で節税しよう。仕組みや、オススメのふるさと納税サイトをご紹介。

ふるさと納税

とんぺい

ふるさと納税ってお得なの?

ハラペー

もちろん。やらなきゃ損だよ

とんぺい

マジか!仕組みやオススメのふるさと納税サイトを教えてよ

ハラペー

OK

私自身、2015年から毎年ふるさと納税を行なっています。

ふるさと納税の認知度は年々上がっていますが、それでもまだまだ周りを見渡すと利用者は少ないのが現状。

とてもお得な制度なので、サラリーマン・自営業者・パートで働く主婦の方などは、ふるさと納税をやるのがオススメです。

ふるさと納税について、わからないという方のために、仕組みや、オススメのふるさと納税サイトについてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税とは?

とんぺい

ふるさと納税の仕組みが知りたいな

ハラペー

ふるさと納税は2,000円の自己負担で、寄付をした自治体からお礼の品を受け取れる制度!

1品ごとに2,000円ではなく、同じ年に行なったふるさと納税の全ての返礼品が2,000円の自己負担でもらえるんです。

かなりお得な制度と言えます。

寄付をした金額のうち、2,000円を除いた部分が翌年の所得税・住民税から引かれる仕組みです。

自治体の返礼品は様々。例えば…

  • お肉
  • お米
  • フルーツ
  • うなぎ
  • スポーツ観戦チケット
  • ホテル宿泊券

などなど。

それぞれの自治体が趣向を凝らした、お得な返礼品があります。

寄付をする自治体は自分の出身地に限らず、どこの自治体にでも納税をすることが可能なので、

自分の欲しい返礼品がある自治体に、寄付を行なって返礼品をもらうことができます。

MEMO
会社員の方で確定申告が不要な方。そして、ふるさと納税申込先が5カ所以下であれば、ワンストップ特例制度を選択して簡単な手続きをすることで、確定申告が不要になります。
注意
ふるさと納税の申し込み期間1月1日から12月31日までです。

翌年に納める税金を節約するには年内中に手続きを済ませる必要があります。

ふるさと納税で購入できる限度額の調べ方

とんぺい

ふるさと納税っていくらまで利用できるの?

ハラペー

ふるさと納税する人の収入によって変わってくるよ

その年の年収や税金の控除額によって、ふるさと納税で購入できる金額が異なります。

こちらのサイトでご自身のふるさと納税利用額の目安がわかりますので参考にどうぞ。

控除上限シミュレーション

上記のサイトで、年収400万円でシミュレーションしてみましょう。

すると2,000円の自己負担で42,100円までふるさと納税できることがわかりました。

オススメのふるさと納税サイト

ふるさと納税のポータルサイトはいくつかありますが、

私がこれまで利用してきた中で、オススメのふるさと納税サイトを紹介していきます。

楽天ふるさと納税

ハラペー

「楽天ふるさと納税」で楽天ポイントががっぽり貯まります

とんぺい

さすが、楽天経済圏

楽天には、ふるさと納税で購入できる商品がたくさんあります。

楽天の様々なサービスを利用してポイントが貯まる、SPUの仕組みを利用することができるので、ふるさと納税をすることでポイントをたくさん貯めることもできます。

ふるさと納税の寄付は、もちろん楽天カードで支払うことが可能です。

さらに楽天セールやお買い物マラソンの時に購入すれば、買い物をした1店舗としてカウントされ、還元率がさらにアップします。

 

公式サイト楽天ふるさと納税

 

ふるなび

ハラペー

「ふるなび」はAmazonギフト券がもらえてお得

とんぺい

アマギフ嬉しい

ふるなびは株式会社アイモバイルという東証一部上場企業が運営するふるさと納税サイトです。

他のサイトには無い返礼品が多く、特に家電の品揃えが多いのが特徴です。

さらに寄付額の1%のAmazonギフト券をもらえちゃいます。

MEMO
キャンペーン中はAmazonギフト券がもらえる料率がUPしています。詳しくは公式サイトをチェック

 

公式サイトふるなび

 

さとふる

ハラペー

テレビCMでお馴染みの「さとふる」もオススメ

とんぺい

さーとふーるー

さとふる

ソフトバンクグループの会社です。

僕がふるさと納税サイトの『さとふる』を利用している理由

  • 大手である安心感
  • お礼品の数や種類が多い
  • レビューがしっかり書かれている
  • コールセンターがあり、何かあっても相談できる体制がある

コールセンターはまだ利用したことはありませんが、上記4つの点が気に入っています。

 

公式サイトさとふる



ふるさと納税で選んだもの

毎年『鰻(うなぎ)』にしています。

理由は…鰻が好きだから。

さまざまな自治体から高級鰻が自宅に大量に届くので、冷凍して少しずつ食べています。

まとめ:ふるさと納税で節税しよう。仕組みやオススメのふるさと納税サイトをご紹介。

ふるさと納税まだやっていない方がいればサクッと年内にやっちゃいましょう。

何にするか迷って決められない方は僕と同じように鰻にするのがGOODです。

 

※この記事で紹介したふるさと納税サイト

公式サイト楽天ふるさと納税

公式サイトふるなび

公式サイトさとふる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。