『zaifコイン積立』でNEMを毎月1万円分積立!毎月せこせこ投資するよ。

Zaifコイン積立

やろうやろうと思ってできなかった、Zaifのコイン積立を遂に初めてみました。

毎月1万円分のネム(NEM)をせこせこ積立ていきます。

 

今日はそのzaifでのコイン積立詳細やメリット・デメリットについてご紹介してします。

仮想通貨の積立投資を検討されている方は参考にしてみてください。

まずzaif(ザイフ)とは?

zaifとはテックビューロ株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

ビットコイン、ネム(NEM)、モナコイン(Mona)などの仮想通貨を購入することが可能。

仮想通貨のIPO版である『COMSA』を主体となって運営を行っています。

 

また、テックビューロ株式会社の朝山貴生氏はブロックチェーンプロジェクトNEMを推進する、NEM.io財団の理事にも就任されています。

Zaifの公式サイトはこちら 
ハラペー
Zaifでは他の仮想通貨取引所では購入できないようなトークンが取引可能です。

また、2017年12月4日よりCOMSAのCMSトークンの取引も開始となっており、今すごく注目されている取引所なんです。

関連記事:

スポンサード リンク

zaifコイン積立とは?

コイン積立

コイン積立は毎月27日に取り決めた一定金額が指定口座から引き落とされ、

翌月10日から翌々月9日まで毎日指定の仮想通貨を自動的に買い付け、

積み立てていくというものです。

スケジュール

  • 毎月8-10日頃…翌月分の積立申し込みと、積立金額の設定変更申し込み締め切り
  • 毎月27日…翌月分を銀行引き落とし
  • 翌月10日〜翌月分9日…日毎に自動的に買い付け

コイン積立できる通貨

  • ビットコイン(bitcoin)
  • ネム (NEM/XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • イーサリアム(Ethereum)

上記4つの仮想通貨でコイン積立を行うことが可能です。

ハラペー
イーサリアムでも『Zaifコイン積立』を行えるようになりました。
他の仮想通貨取引所ではbitFlyerも積立ができるサービスがありますが、

こちらはクレジット決済での積立になります。

しかしクレジットの手数料が高いのでオススメではありません。

コイン積立を利用するにはzaifへの口座登録が必要となります。

ハラペー
身分証もWEB上で送付することができるので簡単に登録作業が行えますよ。
Zaif公式サイトはこちら 
ハラペー
コイン積立の設定方法については『Zaif(ザイフ)でコイン積立の始め方・入金出金方法について解説するよ。』にまとめてみました。

Zaif(ザイフ)でコイン積立の始め方・入金出金方法について解説するよ。

2017.09.05

zaifコイン積立のメリット

『ドルコスト平均法』というリスクの少ない安全な投資が行える。

ビットコインが欲しいけど、値下がりするのが怖くて心配…という方向けのサービスです。

zaifのコイン積立はドルコスト平均法

毎日一定額日本円で仮想通貨を少しづつ購入する為、

値下がりしているときは多くの量を買うことができ、

値上がりしているときは買える量は少なくなるというものです。

 

このドルコスト平均法で購入することによって、

資産が相場の変動によって大きく減る可能性が低くなります。

 

ハラペー
私は勤めている会社の持株会に加入し、これまで会社の株を10年間毎月2万円買い続けました。

リーマンショックやアベノミクスなどをいろいろと乗り越えた結果、銀行にお金を預けるよりも大きな値上がりがありましたね。

ビットコインなどの仮想通貨は右肩上がりの状況ですが、相場の状況によっては損失を被る場合があります。

投資に絶対はありません。

ただし、ドルコスト平均法を利用した投資方法なので、通常の購入と比較するとリスクはかなり低くなります

仮想通貨で時間を消耗しなくなる

仮想通貨って株やfxよりもボラティリティ(値幅)が大きい為、値動きが気になってしまいがちなんですよね。

Zaifコイン積立なら毎日定額の金額で仮想通貨を購入するので、仮想通貨の相場を見る必要がなくなります。

ハラペー
チャートをチェックする時間を減らして本業や別のことに時間を費やすことができるので効率的になるんです。

手続きが全てオンライン上で簡単に行える

印鑑なども必要ありません。設定方法は下記で後ほど記載しますね。

ハラペー
私は毎月1万円、ネム(NEM/XEM)を積み立てることにしています。

今後の投資状況に関しては、このブログで報告していきますね。

月々1,000円から利用できる

コイン積立は1000円から可能

始めるハードルが低いんです。

コツコツと貯めていって、仮想通貨の市場がこの勢いのまま成長すれば、

少ない金額でも大きいリターンを得られる可能性もありますからね。

 

Zaifコイン積立のデメリット

コイン積立を始めるまでの手続きに時間がかかる。

先日から新たにイーサリアムも追加でコイン積立を開始しようと思い手続きを行いました。

しかし、手続きが完了したのはいいものの、申し込みを行ったタイミングが悪くて

Zaifによる買い付け開始が1ヶ月以上先となっていました。

 

毎月10日を過ぎてから申し込みをしてしまうと、初回の引き落としは翌月27日となります。

すると初回の買い付けは翌々月10日になってしまうのです。

 

ハラペー

銀行引き落としが絡んでいるため、時間はある程度かかるのはしょうがないかと思いますので

もしコイン積立を行いたいと思っている方は早めにZaifのオンライン上で手続きをした方がいいかもしれませんね。

右肩上がりの相場だと、最初にドカンと大量買いした方が有利な場合がある。

右肩上がりの相場であれば、最初に大きく購入した方が、毎月一定金額を購入するよりも利益は大きくなります。

 

ただし、仮想通貨はボラティリティが高いため購入しようと思った時が本当に買い時なのかを、

判断するのが難しいです。

ハラペー

僕は、基本的にはZaifのコイン積立でコツコツと積立て行き

相場がガクッと下落した時に、

あらかじめ準備しておいた資金で安値のところを拾って行きたいなと考えています。

コイン積立の手数料

コイン積立には下記の手数料が発生します。

zaifコイン積立の手数料
積立金額に対する手数料

  • 千円〜2千円台…………一律100円
  • 3千円〜9千円台..………3.5%
  • 1万円〜2万9千円台……2.5%
  • 3万円〜4万9千円台……2%
  • 5万円以上………………1.5%

コイン積立の運用成績をまとめて行きます

2017年8月にZaifコイン積立の申請手続きを行い、翌月9月から積立が開始となりました。

今後は、運用成績について『【成績公開】Zaifコイン積立の運用履歴。せこせこ貯めていきますよ。(毎月更新)』にまとめて行きたいと思います。

【成績公開】Zaifコイン積立の運用履歴。せこせこ貯めていきますよ。(毎月更新)

2017.10.14

まとめ

このブログからもザイフに登録する方や、コイン積立も始める方が多くいらっしゃいます。

仮想通貨の市場規模は、株式市場に比べるとかなり小さいのが現状。

しかし、時代の流れから考えると今後成長していくのは誰が考えてもわかることだと思います。

 

利息のつかない銀行にお金を預けるよりも…

市場規模が拡大していきそうな仮想通貨をコツコツと積立てていく方が、

僕は良いと思っています。

Zaifで口座を開設する 】

関連記事:

4 件のコメント

  • ZaifのBTC積立始めました。ところで積立したBTCはどうやって出金手続きするのでしょうか。毎月引き落としもあるし、保有資産も増えている表示はあるけれど、取引所の売却可能残高に表示されてません。何か設定や手続きが必要なのでしょうか。

    • 大阪のサラリーマンさん。
      コメントありがとうございます。コイン積立始められたんですね。
      積立したBTCの出金方法ですかぁ。

      僕はコイン積立を長期運用で考えていたので売却方法については気にしていませんでした。
      先ほど調べてみたところ、どこにも詳しく書いていませんね…。もしかしたらコイン積立を解約しないと売却や出金ができないのかもしれません。
      テックビューロに問い合わせてみます。

    • 僕も気になるので、調べてみますね。テックビューロへの問い合わせフォームから質問しておきました。
      でもCMSトークンの上場で忙しそうなので返信に時間がかかるかもしれませんね…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。