WealthNavi(ウェルスナビ)の始め方。口座開設(登録)の流れを画像で解説!

ウェルスナビの始め方(登録・口座開設)

どうもハラペー(@harapei2)です。

2018年2月からロボアドバイザーのウェルスナビで積立投資を始めました。

 

ウェルスナビの登録手続きってどうやるの?
WealthNaviの口座開設のやり方は難しいのかな?
スマホだけで簡単に始められるって聞いたけど本当?

 

上記のような、疑問や不安な思いをお持ちの方な為に、

この記事では、ウェルスナビ(WealthNavi)の始め方について、

画像を活用しながらわかりやすく解説していきます。

 

ハラペー

もちろん口座開設は無料(タダ)。手続きもめちゃくちゃ簡単です

ロボアドバイザー投資会社の中で預かり資産&運用者数No1のウェルスナビに登録をして、

世界経済に投資をしてみましょう!

 

\全自動のウェルスナビで資産運用する/
WealthNavi

ウェルスナビの口座解説(登録)の流れ・手順

ウェルスナビの口座解説の流れや手順をざっくり説明します。

  1. ユーザー登録
  2. メールアドレスの登録
  3. お客様情報の入力
  4. 本人確認資料のアップロード
  5. 簡易書留の受け取り
  6. 運用プランの決定
  7. ウェルスナビの口座に入金

ユーザー登録を行い、ウェルスナビからの簡易書留が到着後に、

入金すれば運用スタートといった流れです。

ユーザー登録自体は最短3分。5分もあれば口座開設の手続きは終わります。

>>ウェルスナビ公式サイトで登録を行う

ウェルスナビの登録に必要なもの

  1. 運転免許証(もしくはパスポート)
  2. 個人番号通知カード(もしくはマイナンバーの記載がある住民票)
  3. メールアドレス
  4. 銀行の口座番号(出金用)
  5. 現金10万円

①②がない場合は、マイナンバーカードで代用可能です。

注意

  • 登録する住所と、上記身分証明書等に記載している住所が一致する必要があります。
  • 残念ながら未成年の方、海外居住者の方、法人は登録ができません。 

ウェルスナビの始め方(口座開設の方法・ユーザー登録のやり方)

ウェルスナビの公式サイトにアクセス

それでは、まずはウェルスナビの公式サイトへ移動しましょう。

>>ウェルスナビの公式サイトはこちら

ウェルスナビの口座開設画面

引用元:ウェルスナビ公式サイト

の画面右上にある「口座開設」のボタンをタップ(クリック)します。

ウェルスナビにメールアドレスを登録

引用元:ウェルスナビ公式サイト

メールアドレス入力欄にあなたのメアドを入力し、「個人情報の取り扱いについて」を確認し、

次へ」をタップ(クリック)します。

ウェルスナビから届いたメールの認証コードを確認

ウェルスナビの認証コード

登録したメールアドレス宛にウェルスナビより「認証コード」という4ケタの数字が記載されたメールが届きます。

ウェルスナビの認証コード

その認証コードと、パスワードを画面に入力し「ユーザー登録」をタップ(クリック)します。

ここで設定するパスワードは、8文字以上25文字以下。大文字、小文字、数字をそれぞれ含んだものにする必要があります。

お客様情報の入力

ウェルスナビでお客様情報を入力 ウェルスナビでお客様情報を入力

電話番号、職業、投資経験の有無、出金用の銀行口座を入力して、本人名義の確認ボックスにチェックマークを入れ、「登録」ボタンをタップ(クリック)します。

銀行口座の名義はあなたの名義のものである必要があります。親や配偶者の口座は利用できません。

本人確認書類をアップロード

続いて、ウェルスナビに本人確認書類をWEB上でアップロード登録していきます。

ウェルスナビでは郵送での手続きができません。ペーパーレス登録となります。
ウェルスナビに必要な身分証明書

引用元:ウェルスナビ公式サイト

運転免許証」と「個人番号通知カード」をご準備ください。

もし上記の身分証明書がない場合は、下記にある1〜5いずれかの組み合わせのものでも大丈夫です。

  1. 運転免許証 + 個人番号通知カード
  2. 運転免許証 + 住民票(マイナンバー記載)
  3. パスポート + 個人番号通知カード
  4. パスポート + 住民票(マイナンバー記載)
  5. マイナンバーカード(両面)

マイナンバーカードに関しては顔写真とマイナンバーの両方があるので、マイナンバーカードをお持ちであれば運転免許証やパスポートは不要です。

ハラペー

僕は①の運転免許証と個人通知番号カードで登録しました。

ウェルスナビに必要な身分証明書

引用元:ウェルスナビ公式サイト

ファイルを選択」を押して、撮影した画像をそれぞれアップロードして下段の「次へ」をタップ(クリック)します。

身分証などを撮影する時は、光が反射していないか、指などが写っていないか、免許番号がしっかり見えるか注意しましょう。

再提出となった場合は、ウェルスナビの登録に時間がかかるケースがあります。

ウェルスナビの規約

あとは、規約の内容を確認し、チェックボックスにチェックマークを入れます。

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座

口座の選択を行います。

上記3つの内から、いずれかを選択しましょう。

特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば、ウェルスナビで自動で税金計算を行い、税金の申告手続きを委任することができます。

ハラペー
僕は税金計算がめんどくさいので、楽チンな特定口座(源泉徴収あり)にしています。

以上で申し込み手続きは終了です。あとは簡易書留が届くのを待ちましょう。

ウェルスナビから届く簡易書留の書類を待つ(最短2営業日)

ウェルスナビの簡易書留の配送希望日

簡易書留の配達日は「土日希望」か「指定なし」かを選ぶことができます。

ウェルスナビからの不在メール

配達日にあなたがご自宅に不在だった場合、不在メールが届きます。

ウェルスナビからの配達完了メール

受け取りが完了するとこのようなメールも届きますので安心できますね。

運用プラン(リスク許容度)の無料診断

さあ、ここまで来たらあとは入金して資産運用を始められます。

…が、その前に自動で今後運営していくにあたり、

あなたのリスク許容度を無料診断してもらいましょう。

リスク許容度の診断といっても、簡単な6つの質問に答えるだけ。

1分もあれば終わる作業です。

リスク許容度とは?

資産運用の際にどの程度のリスクを受け入れるかを示したものです。

大きなリターンを得られる資産構成ではリスクも大きくなり、リスクの小さな資産構成ではリターンも小さくなる傾向があります。 

まずは、ウェルスナビにログインをします。

>>ウェルスナビの公式HPへ移動する

ログインしたら無料診断を受けましょう。

リスク許容度の無料診断

診断を始める」をタップして診断を始めす。

リスク許容度の無料診断

Q1)現在何歳ですか?

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代以上
リスク許容度の無料診断

Q2)年収はいくらですか?

  • 300万円未満
  • 300万円〜500万円未満
  • 500万円〜1,000万円未満
  • 1,000万円〜2,000万円未満
  • 2,000万円以上
リスク許容度の無料診断

Q3)金融資産はおおよそいくらですか?

  • 500万円未満
  • 500万円〜1,000万円未満
  • 1,000万円〜3,000万円未満
  • 3,000万円〜3億円未満
  • 3億円以上
リスク許容度の無料診断

Q4)毎月の積立額は?

  • なし
  • 1万円
  • 3万円
  • 5万円
  • 10万円
リスク許容度の無料診断

Q5)資産運用の目的は?

  • 余裕資金を着実に運用
  • 住宅購入のため短期的に運用
  • 退職金をしっかり運用
  • 子供のための長期的な資金作り
リスク許容度の無料診断

Q6)株価が1ヶ月で20%下落したら?

  • 投資資産を全て売却する
  • 投資資産を一部売却する
  • 何もしない
  • 追加投資を行う

上記の6つの質問に回答するとあなたのリスク許容度が診断されます。

その数値を参考にしてリスク許容度を設定し、ウェルスナビに入金を行えば資産運用がスタートとなります。

いざ運用が始まれば、あとはウェルスナビに全ておまかせ。

年に1回リスク許容度を見直しするくらいで、後はほったらかしでOKです。

まとめ:ウェルスナビの始め方(口座開設・登録方法)はスマホでも簡単に行える

いかがでしたでしょうか。

かなり簡単にウェルスナビを始めることが可能だということがお分りいただけたのではないでしょうか。

時間がない時にでもスマホでサクッと登録できますよ。

ウェルスナビを活用して、成長を続ける世界経済に長期投資を行なってみてはいかがでしょうか。

>>ウェルスナビの公式HPで口座開設をする

\全自動のウェルスナビで資産運用する/
WealthNavi

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。