【ロボアド投資】ウェルスナビ (WealthNavi)の運用結果・実績を公開。

ロボアド投資ウェルスナビの投資結果

2018年2月1日からWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用を始めました。

  • Wealthnavi(ウェルスナビ)ってなに?という方
  • ロボアド投資を始めるか悩んでいる方
  • 新たな投資先に悩んでいる方
  • 自動で楽チンな積立投資がしたい方

など、疑問をお持ちの誰かのお役に立てればと思いと、自分の備忘録も兼ねて、投資記録を残していきたいと思います。

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

ウェルスナビとは…

ウェルスナビ株式会社が運営する人工知能(AI)を活用した個人資産の運用サービスです。

資金をウェルスナビに入金するだけで、事前に設定したリスク許容度に沿って、

発注・運用を自動で行い、最適な投資配分になるように調整(リバランス)してもらえます。

ウェルスナビ公式HP

ウェルスナビ の投資対象

  • 米国株(VTI)
  • 日欧株(VEA)
  • 新興国株(VWO)
  • 米国債券(AGG)
  • 金(GLD)
  • 不動産(IYR)

上記の金融商品に分散して投資を行います。

利用者のリスク許容度ごとに、投資する割合が決められています。

ウェルスナビの手数料は1%のみ

ウェルスナビの手数料は、めちゃくちゃシンプル。

年間1%(税抜き)のみです。

手数料例

  • 10万円預け入れした場合、年間1,080円の手数料が発生します。
  • 100万円預け入れした場合、年間10,800円の手数料が発生します。
  • 1,000万円預け入れした場合、年間100円の手数料が発生します。

正直なところ自分で金融商品を選択し購入した方が、手数料は少し安くなるかと思います。

しかし、自分に合った最適な商品選択、リバランス、売買手続きの手間、投資にあてる時間の削減を考えると…

1%という手数料は決して高くはないんです。

  • 為替手数料0円
  • 為替スプレッド0円
  • 売買手数料0円
  • 自動積立手数料0円
  • 出金手数料0円
  • 入金手数料0円(振込を行う銀行によっては手数料がかかる場合あり)

入出金に手数料がかからず、手軽にお金の出し入れが行えるので、銀行預金のような感覚で利用している人もいます。

人間の脳は、投資に向いていない

人間の脳は投資に向いていない

と、ウェルスナビの投資セミナーに参加した際、柴山社長がおっしゃっていました。

 

人間の心理とは関係なく、ロボアドバイザー(AI)によってトレードやリバランスを行なってもらえるので、ミスジャッジをすることがありません。

そのため安心して任せることができるんです。

 

僕はよく、値上がりしている時に飛びつきたくなり、値下がりしている時に投げ売りたくなってしまうので、自分には自動積立が合っていると感じています。

ウェルスナビで自動積立投資ができる

毎月一定金額を決まった日に自動引き落とししてもらえるので、ドルコスト平均法を利用した購入が可能となります。

相場が下がっている時はいつもよりも多く購入でき、相場が上がっている時はいつもより購入する量は少なくなります。

自動積立投資は、最初に金額の設定さえしてしまえば、あとは放ったらかしでOK。

自動積立投資は、家事や仕事で忙しい日本人におすすめのサービスで、時間の節約にもなるんです。

ウェルスナビへ安心して投資ができる理由

ウェルスナビはセキュリティや資産管理にも力を入れています。

また、投資者保護基金にも加入しているので、ウェルスナビに万が一のことがあったとしても、1,000万円までは保障されるので、安心してサービスを利用することが可能です。

Wealthnavi(ウェルスナビ)で自動積立投資を始めた理由

2016年末頃に購入し、放置していた株がありました。

2018年年初にその株の存在を思い出し、2017年は大きく日経平均があがっていたので値上がりを期待してワクワクしながら株価を見てみたら…

購入した時の価格とほとんど変わりませんでした。

 

ハラペー
この上昇相場で購入していた株の株価が上がっていないというのは辛い…。個別株の投資は難しい。

 

この経験がきっかけで個別株へ投資している資金を別の投資へ回すことを考え始めました。

自分が熱中している仮想通貨に資金を回そうかとも考えましたが、自分の資産のほとんどを仮想通貨で運用しているので少しくらいは分散して運用しようかなと。

投資信託を購入しようかと迷いましたが、どうせだったら今流行りのロボアドバイザーを利用してみようかなと思ったのがきっかけです。

Wealthnaviへの入金額と口座引き落とし額(自動積立)

2018年2月1日に50万円を入金し、ウェルスナビでの運用を開始しました。

今後もタイミングを見ながら追加で資金を投入していきます。

入金日投資金額合計投資金額
2018年2月1日50万円50万円

毎月2万円分、自動引き落としの設定をしています。

自動積立で、3月分から購入していきます。

毎月の積立を二万円にした理由

ウェルスナビが買い付けを行うのは、現金残高が2万円以上ある時なんです。

1万円だけだと2ヶ月立たないと買付されないので2万円に設定しています。 

ウェルスナビの投資結果

リスク許容度は5段階評価で一番高い5に設定しています。(5/5)

1ヶ月目

2018年2月1日から28日までの運用結果です。

500,000円→468,129円。6.37%下落。

ドル建てで、187ドル、4%下落。

ウェルスナビの結果・実績公開 ウェルスナビの結果・実績公開

ウェルスナビで損を出している人ってあんまり知らないんですが、見事にマイナスになってしまいました。

というのも、2018年2月には長期金利上昇を嫌気した、リーマンショックの下げ幅を超えるアメリカ株の大きな下落があったんですよ。

参入するタイミングが悪かった…。

でも、もしも個別銘柄1本に絞って全額集中投資していたら…損失はもっと大きくなっていたはず。

ロボアドバイザーによる分散投資は、このような大きな下落があっても、リスクが分散されているのでダメージは低くなります。

どうしても値下がりリスクが嫌な方は、リスク許容度を1もしくは2に設定しましょう。

2ヶ月目

後日更新予定

まとめ

銀行にお金を預けていても、インフレリスクがありますし、ほとんど金利はつかないです。

引き出しも簡単に行えるのでウェルスナビを銀行口座代わり使ってみようと思います。

仮想通貨のリップルが500円を超えたら、一部を利確した資金をウェルスナビに回してみようかな。

ウェルスナビ公式HPを見る

ウェルスナビは期間限定のキャンペーン開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。