OPEN TABLEで予約したウルフギャングステーキハウスで極上ランチを堪能【ハワイ新婚旅行2日目①】

ワイキキウルフギャングストリート

 2016年11月に7泊9日で、ハワイへ新婚旅行に行ってきました。今日からハワイ二日目スタート。初日の疲れもあり、前日はぐっすりと眠れました。

シェラトンワイキキ内にあるJTBのルアナラウンジで朝食

二日目の金曜の朝。朝は6時半ごろ起床。

早速起きて準備を行い、朝食はJTBのルアナラウンジで軽食を取りました。フルーツやバナナ、ヨーグルトを頂き、ハワイの波の音に癒やされながら新聞を読む。

シェラトンワイキキルアナラウンジで朝食 シェラトンワイキキルアナラウンジで朝食

ゆったりとした時間が流れます。あと1週間近く仕事に行かなくて良いと考えると幸せな気分を感じられます。

スポンサード リンク

ワイキキカラカウア通りで妻とウインドウショッピング

のんびり準備してワイキキの街へ。妻が楽しみにしていたウインドウショッピングです。妻はこのハワイ旅行中に財布を買いたかったようで、カラカウア通り沿いにあるお店をはしごしました。ワイキキカラカウア通り

シェラトンワイキキの近くにあるカラカウア通りには多くのブランドショップが並び、観光客が多く活気があります。

街中にはウエディングフォトを撮っている若いカップルがたくさんいました。ハワイでのウエディングフォトもいいですね。

ハワイでのウエディングフォト ハワイでのウエディングフォト

ぶらぶらしているとすぐに時間が立ち、お昼の時間となりました。

オープンテーブルで予約したウルフギャングステーキに行ってきた。

正午に前日に予約したウルフギャングストリートでのランチに行って来ました。予約はOPEN TABLE(オープンテーブル)というアプリを利用。このアプリを使えば、めっちゃ楽チンに予約を取ることができます。

OpenTable
無料
(2017.05.04時点)
posted with ポチレバ

アプリを起動すると予約の時間まで後どのくらいかという時間が表示されます。

オープンテーブルでウルフギャングステーキを予約

場所はロイヤルハワイアンセンター内にあります。ウルフギャングステーキハウスの地図はこちら。

お店はお店に着くと12時過ぎということもあり、行列ができていました。

ワイキキウルフギャングストリート ワイキキウルフギャングストリート
ハラペー
アイハブアリザベーション。マイネームイズ ハラペー。アイアム腹ペコなり。

というだけですぐに席に通してもらいました。

ワイキキウルフギャングストリート

ハワイで人気店に行くときは予約は必須ですね。熟成肉とビールをお腹いっっぱい堪能。げぷっ。美味しくて感動モノ。

ウルフギャングが使用するのは美しいサシが入っている、アメリカ農務省(USDA)によって最上級と認定された黒毛のアンガスビーフ。これを熟成し香りも味わいも増した「ドライ・エイジド・ビーフ」が、オーダーを受けてからカットされステーキとして供されます。驚くほどのやわらかさと旨味が溢れ出るステーキは、忘れられない味わいになるでしょう。

参照:マイハワイ

ハラペー
肉汁たっぷりのジューシーな極上ステーキを食べたら、アメリカに来た!と改めて感じることができました。うまかったー。でも二人で173ドル。…高かったです。まぁ新婚旅行だし、いつもセコイ生活ばかりしているからたまにはいいですかね。

この後は、ヒルトンハワイアンビレッジの花火を穴場スポットで鑑賞してきました。

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です