THEO(テオ)の特徴・メリット・デメリット・口コミを解説

THEOの特徴・メリットデメリット・口コミ

どうも、ハラペー(@harapei2)です。

銀行で貯金をしても、なかなかお金が増えないんだよなぁ。
株やFXで投資でも始めようかと思うけど…忙しい方からなかなか始められない。

という方にオススメなのがロボアドバイザー投資

仕事や家事で忙しい方、投資の知見がない方でも、

THEO(テオ)のロボアドバイザーに任せれば、手軽にリスクの低い資産運用が行えるんです。

  • 「THEOって儲かるの?」
  • 「THEOと他のロボアド会社との違いは?」
  • 「テオの魅力だけではなくて、デメリット部分も教えて?」

このような疑問にもお答えしていくために、この記事では、

THEO(テオ)の特徴・メリット・デメリット・口コミ(評判)について、わかりやすく解説していきます。

 

>>THEO(テオ)の公式サイトを見に行く

 

THEOで資産運用を始めよう/
THEO

「THEO(テオ)」とは?

THEOの特徴について

THEO(テオ)とは、(株)お金のデザインが提供しているロボアドバイザー、投資一任サービス。

日本で初めてロボアド投資のサービス提供を始めた会社です。

THEOにお金を預けることで、AIを搭載するロボアドバイザーがあなたの投資診断に基づき、世界中のETFへ投資をします。

1万円から資産運用をスタートできるので、ほかのロボアドバイザー会社と比較しても、投資を始めるハードルが低いのがTHEOの大きな特徴です。

手軽に1万円で始めることができるので、投資が初めての、20代から30代の若い世代にも多く利用されていてます。

その為、THEOを始める多くの方が投資を行うのが初めての方となっています。

ユーザーは、主に男性が8割を占めているようですが、徐々に女性の割合も増えているようです。

2018年7月31日時点でのTHEO(テオ)利用ユーザー数は4.8万人を突破し、利用者が順調に増加しています。
THEO(テオ)の特徴

毎月1万円から積立投資の利用も可能です。

THEOに支払う手数料は、運用手数料(投資一任報酬)の1%だけ。

追加の手数料はありません。

THEO(テオ)はJ-Startupに選ばれた

THEOは経済産業省が主催する日本の「スタートアップ企業支援事業(J-Startup企業)」に認定されました。(メルカリやマネーフォワードも同じく認定)

今後のTHEOのユーザー向けのサービス拡大や使いやすさの更なる向上にも期待されています。

THEO(テオ)の特徴
  • 1万円から手軽に資産運用できる
  • 1%の運用手数料のみ
  • 1万円から積立投資が始められる
  • 20代〜30代が多い
  • 初めて投資される方が多い
  • J-Startup企業に認定

 

ちなみに…。

THEOは「ザオ」「セオ」と間違えて読まれる方もたまにいるのですが、「テオ」と読みます。

この名前は、画家ゴッホの弟『テオ』の名前が由来となっています。

そして、この『THEO』という名前にはこんな思いが込められています。

生前、絵が売れなかったゴッホを
経済的に支えたのが弟のテオでした。
「お金」を通じて、
自分らしい生き方をサポートしたテオ。

私たちも、
テクノロジーを駆使することで、
すべての人にとっての「テオ」になれないか。
そんな想いから、
このサービスを「THEO(テオ)」と名付けたのです。

引用元:THEO(テオ)公式サイト

頑張る人のお金面を支えるために生まれたサービスが、

THEO(テオ)なんです。

頑張る人を支えるゴッホの弟のTHEO(テオ)

THEOの会社概要

会社名
株式会社お金のデザイン
会社設立日2013年8月1日
資本金/資本準備金
32億4022万円/81億8371万円
代表取締役中村 仁
従業員数78人
所在地
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1F
公式HPhttps://theo.blue
公式Twitter
公式Youtubeお金のデザインYouTubeチャンネル

THEOを運営する(株)お金のデザインは、

大手の金融機関や企業から資金調達に成功しており、運営資金も潤沢です。

THEO(テオ)のデメリット

ここからはTHEOのメリットとデメリットを見ていきます。

まずはデメリットから。

THEOの口座残高が10万円以下の場合は出金できない

THEOの口座残高が10万円を下回らない範囲までしか、

出金(口座からの引き出し)することがができません。

「一度に出金できる金額に限度はありませんが、出金可能な金額は、出金後の預かり資産が10万円を下回らない範囲で1万円単位となります。 
(売却時の価格変動により、実際に振り込まれる金額が出金希望額に満たない場合があります。 )

出金後の預かり資産が10万円を下回る金額での出金をご希望の場合は、口座解約による全額出金となります。」

引用元:THEO(テオ)公式サイト

50万円入金していた場合は、40万円までしか自由に出すことができません。

1万円から資産運用を始めた方は、追加で資金を投入しないと引き出すことができないのです。

長期で運用するには問題ないですが、すぐに引き出そうと考えていた方は、注意が必要。

1万円から資産運用を始められて、出金手数料も費用がかからないのがTHEO(テオ)の大きなメリットですが、いざ出金しようと思っても、THEOの口座に10万円以上の残高が無ければ引き出すことができません。

口座に10万円の残高が無いけど、どうしても出金したい場合は、テオの口座を解約して全額出金となります。

ロボアドバイザーでの資産運用は、基本的に長期投資です。

すぐに出金が必要になるようなお金ではなく、余裕資金での運用をオススメします。 

THEOに初めて入金しても、すぐに資産運用が始まらない

THEOに入金すれば自動で資産運用が始まります。

しかし初回の入金の場合は、THEOに入金をした翌営業日の夜に米国市場でETFを買付を行うことになります。

同じロボアド投資会社のWealthNavi(ウェルスナビ)では、平日20時までに入金をすれば、その日の深夜にETFを自動購入してもらえます。

1日だけの差ではあるのですが、早く金融商品(ETF)を購入して欲しい方にとってはデメリットと言えるでしょう。

ただし、ETFの購入が1日遅れたおかげで

  • 「安値で購入することができた」
  • 「暴落を避けることができた」

というメリットを享受できる可能性もあります。

ロボアドバイザー投資は長期投資になるので、気長にのんびりいきましょう♫

>>THEO(テオ)の公式サイトを見に行く

テオには、Android(アンドロイド)用のスマホアプリがない

THEO(テオ)のスマホ用アプリ
THEO[テオ] ロボアドバイザーでおまかせ資産運用
THEO[テオ] ロボアドバイザーでおまかせ資産運用
開発元:MONEY DESIGN Co., LTD.
無料
posted withアプリーチ

THEOには使いやすいiPhone用のiOSアプリが用意されていますが、

Android(アンドロイド)用のアプリはまだリリースされていません。

そろそろリリースされそうな気もするのですが…。気長に待ちましょう。

Google ChromeなどのブラウザでもTHEOは使いやすいので、アプリなしでも支障はありません。

元本割れのリスクがある

THEOは投資サービスなので、他のロボアドバイザーと同様に、値上がりする可能性もあれば、値下がりする可能性もあります。

また、海外ETFを購入する為、為替相場の変動の影響を受けることもあります。

それでも、THEOは多くのETFに分散投資を行う為、個別株をご自身で購入するよりも、リスクはかなり低くなります。

THEOを運営する株式会社お金のデザインの倒産・破綻リスク

THEOを運営する「株式会社お金のデザイン」は、企業なので倒産する可能性は全くないわけではありません。

えっ?!THEOが倒産して潰れたら、私のお金は戻ってこないの…??

確かに…大切なお金を預けるので、心配になりますよね。

ただし、THEOは投資をしているお客様を守るために二つの措置を実施しています。

  • 分別管理
  • 投資者保護基金

THEOはユーザーが預け入れた資金の同額のお金を信託銀行に預け入れています。

そして有価証券(ETF)に関しては、米国の保管機関にTHEOとは異なる資産として分別管理しています。

これらの分別管理している資産は、仮にTHEOが破綻したとしても、ユーザーに返金されます。

さらに、THEOが倒産したとしても1人当たり最大1,000万円までであれば、「投資者保護基金」によって返金されます。

倒産する可能性はありますが、THEO(テオ)はユーザーのためにしっかりと対策を取っているため、安心して運用できるといえます。

THEO(テオ)のメリット

TEO(テオ)のデメリットを紹介してきましたが、ここからはTHEOのメリットについて解説していきます。

デメリットを上回るメリットがTHEOにはあるんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

最低投資金額は1万円からなので手軽にTHEOを始められる

以前までは10万円からしか資産運用を始めることができませんでしたが、1万円から投資できるようになりました。

THEOを始めるための最低入金金額

1万円以上の入金で、THEO(テオ)のロボアド投資を利用できます。

一万円からTHEOを始めることができるので、

これまで投資をしたことがない若い方の利用者が増えているようです。

ハラペー

僕の友人は、THEOのサービスを本格的に今後利用していくかを見極めるために、まずは3万円で運用をスタートさせました。

投資成績が良ければ、今後運用額を増やす予定のようです。

このように、まずはお試しで始めてみるのも良いかもしれませんね。

THEOで資産運用を始める/
THEO

THEOの手数料は1%のみでシンプルでわかりやすい

THEO(テオ)の手数料

引用元:THEO(テオ)公式サイト

THEOは1パーセントの運用手数料のみで投資が可能です。

3000万円を超える部分は0.5パーセントになります。

出金、入金、ETF購入に関わる手数料はかかりません。

運用手数料1%(0.5%)
入金手数料なし
出金手数料なし
為替手数料なし
ETF売買取引手数料なし
解約手数料なし

「THEO AIアシスト」が下落リスクを予測し自動で対応

THEOのAIアシスト

THEOのAIアシストは相場が上昇しそうな時ではなく下落しそうだと判断した時に、ポートフォリオを保守的に修正して資産の減少を防ぐ機能です。

およそ4万件の世界中のニュース、7,000件のブログ・SNSなどの情報を元に、THEOのAIが自動で判断します。

利益を上げるよりも損失を防ぐことに力を入れているため、安心してTHEOを利用することが可能です。

投資対象商品(ETFの種類)はしっかりとリスク分散されている

  • 地理的分散
  • アセットクラスの分散
  • 長期投資による時間の分散

THEOでは上記三つの意識を持った投資を行い、しっかりとリスク分散を行なっているのが魅力です。

THEO(テオ)はユーザーからお預かりした資産を、世界86ヶ国の国と地域に投資しており、投資エリアを分散させて地理的要因のリスクを抑えてます。

投資対象の金融商品も幅広く取り扱っており、THEOのポートフォリオは40種のETFで構成されています。

ETFとは?

市場の動きを表す特定のインデックス(日経平均株価、米国のS&P500など)の値動きに連動する金融商品です。 

  1. 先進国株
  2. 新興国株
  3. 先進国国債
  4. 投資適格債権
  5. ハイイールド債権
  6. 新興国債権
  7. リート・不動産
  8. リート
  9. コモディティ

THEOでは、ETFを9つの種類の資産(アセットクラス)に分類して、それぞれにバランスよく分散投資を行うことでリスクの低減を図っています。

さらにこの9つのアセットクラスを「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」の3つに分類しています。

  • グロース・ポートフォリオ(株式中心)
  • インカム・ポートフォリオ(再建中心)
  • インフレヘッジ・ポートフォリオ(実物資産中心)

グロース」「インカム」「インフレヘッジ」の割合をユーザーの診断結果に応じて、THEO(テオ)が割合を計算し運用。

また、相場の動きに合わせて自動でリバランス(資産割合調整)を行なってくれます。

リバランスは月に1回実施されます。(グロースは3ヶ月に1回)

>>THEO公式HPで詳細を見る

いつでも手軽に止められる(解約できる)

THEOの解約は手軽にスマホだけで行えます。

ちなみに、出金をするだけのために解約を行う必要はありません。

THEOの口座残高が10万円以下の状態で出金する場合は、解約する必要があります。

 

解約がしやすい会社は顧客目線で優良なサービスを提供するところが多いです。

解約して去るユーザーに対しても、配慮があるというのは好感が持てます。

解約の仕方がわかりにくかったり、複雑だったりする会社もありますからね。

THEO(テオ)を解約後に再開したいと思った場合、特別口座(源泉徴収あり)を選んでいる方は翌年にならないと再開できないのでご注意ください。 

THEO(テオ)の口コミや評判

twitterにあったTHEO(テオ)に関する口コミや評判を見ていきましょう。

この方はウェルスナビTHEOを両方使われていて、ウェルスナビの方が調子が良いようです。

同じロボアド投資でも、始めたタイミングや運用プランによって結果は変わってきます。

僕は逆でTHEOの方が少しだけ成績が良いんですよ。

この方のようにまずはTHEOとウェルスナビの両方で初めてみて、一定期間利用したらどちらかに絞って運用するというのもいいかもしれませんね。

確かに銀行にお金を預けてても金利はほとんどつきませんもんね。

早く始めてればよかったという意見も多いです。

自分の頭で判断して投資がしたいという方は、確かに投資お任せ型のロボアド投資は向いていないです。

THEOなどのロボアド投資は、THEOのAIを利用して自動で投資がしたい方・資産運用や投資が初めての方向け。

ロボアド投資で経験を積んでから、個別株や仮想通貨にステップアップするのも良いかもしれません。

個別株って難しいんですよね。

株のプロ達がひしめき合う中で素人が勝つのは至難の技。

僕はこれまでに、個別株(株式投資)で200万円近く損しています…。

THEOのキャンペーン情報

テオでは、期間限定で夏の入会キャンペーンを開催中です。

僕が登録した時はキャンペーンやってなかったから羨ましい…。

THEOで資産運用を始める/
THEO

まとめ:THEO(テオ)のメリット・デメリット・口コミを解説

THEOは1万円からスタートできるので、ロボアド投資や資産運用を、お試しで始めてみたいという方にオススメ。

僕は2018年2月にTHEOへ50万円入金し、それから毎月1万円を積立運用中。

今後少なくとも10年は長期で運用する予定です。

 

>>公式サイトでTHEOの簡単オンライン登録をする

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。