自宅の洋式トイレでの小は、座ってする派になりました【新婚生活】

共働きである私の妻は、仕事終わりに疲れているにも関わらず、毎晩美味しい料理を作ってくれます。

そんな優しい妻の為にトイレ掃除くらいは私が代わりにやってあげたいなぁと思い、週に一度、休みの日にトイレ掃除を行うようになりました。

また、下記2点の理由より、結婚して妻と同居してから、家で小をする時は洋式トイレに座ってする派になりました。

  • 妻に臭いと言われたくない
  • 掃除を楽にする

結婚するまではトイレがちょっと臭うなと感じたら掃除をしていましたが、最近ではトイレで小をする時は座ってしている為、掃除をしてからちょっと臭うなと思う期間がかなり長くなっています。

男性が洋式トイレに座って小をするメリット

尿が飛び散りにくい為、掃除が楽チン

以上!他にメリットが何かあるのか思いつきません。んー。

スポンサード リンク

男性が洋式トイレに座って小をするデメリット

気をつけないと便器と便座の間から漏れてしまう。

発射角度が重要なんです。

ズボンを全部降ろさないといけないので面倒臭いし、なんだか情けない

人類史上、座って小便をする民族はいなかったのではないでしょうか。

今後のトイレ論争。立ってすべきか、座ってすべきか?

会社トイレではスタンディングポジション、自宅トイレではシッティングポジションで当面は過ごす予定です。でもスタンディングで自宅トイレを多少汚したとしてもトイレ掃除を日課にすれば、誰にも文句は言われないはず。

もう少し時間と心に余裕ができたら掃除の頻度を増やしてトイレ小を立位ポジションにしようかな。トイレを綺麗にするとお金が貯まりやすいって言いますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。