リップル(Ripple)が謎のカウントダウンスタート。期待でXRP上昇。発表された内容・結果とは?

(2017年8月25日金曜6:15追記)

本日朝方にリップル(Ripple)が公式twitterで謎のカウントダウンを始めました。


3日後にいったい何があるんだろ…

期待と不安を感じている人が私を含め多くいるようです。

リップルの謎のツイートにより、XRPの価格が上昇中

昨日までのXRPは17円前後を行ったり来たりしていました。

そんな中、今朝のリップルによるツイートにより、XRPの価格が上昇。

2017/8/9ぶりとなる22円を突破し、現在は21.4円(8/22 22:48時点)となっています。

スポンサード リンク

そんな中、先週木曜日にずっと保有していたXRPを一部売却していたアホな私…

これまで購入してから、ずっと手放さなかったリップルちゃん。

しかし、先週の木曜日に突然、なぜか不意にXRPが1円以下になるような気がしてきたんです。

すぐに売らなきゃという不安に襲われ、持っていた5万XRPを1XRP=17円程でBTCに交換したばかりでした。

その結果…XRPが上がって、ビットコインが下がるという結果に。

どんだけトレードの才能がないのか、運がないのか。反省。

XRPは自分の仮想通貨ポートフォリオの中で大部分を占めているので、流石に今回のカウントダウン予告は気になりますね。

関連記事:【仮想通貨の総資産額】Zaifトークン大幅上昇、遂にリップル(XRP)を売却…

ハラペー
今回の反省から、XRPはもうたぶん絶対、手放さないことにします!!

Rippleから発表される内容とは…

最近だと、銀行がリップルを決済システムに導入したりするニュースでは価格が反応しないようになってきていますよね。

XRPを活用した、新たなニュースやサプライズを期待したいところ。

いろんな憶測がネット上で飛び交っています。…「ZHIFUBAO」支付宝(アリペイ)!?

2017/8/23 6:00追記:リップルカウントダウン、2日になりました。

 

朝起きて、リップル(XRP)のチャートを見ると大幅に値上がりしているじゃありませんか。


ハラペー
47%上昇…ゴクリ…この勢いだと、まだまだ伸びるような予感がします。

午前1時に新たなツイートがありますね。昨日のツイートには書かれていなかった内容が増えています。

リップルカウントダウン

リップルのツイートを和訳すると

「驚くべき#contentと#speakersの3日間」だけでしたが、

 

今日のツイートは「2テーマ来て一緒に、#banking ・ #blockchain」でした。

銀行とブロックチェーンに関しての新たな発表があるのでしょうか

ツイッターを徘徊していると、韓国・北朝鮮市場に向けた発表があるのか、アリババ(アリペイ)との提携なのか。色々な事実なのか憶測なのかわからない情報が飛び交っていますが、今後も新たな情報をウォッチして行きたいと思います。

2017/8/24 6:00追記:リップルカウントダウン、1日になりました。

昨日8/23のリップル(XRP)は、カウントダウン後の発表の期待からか暴騰。

XRPカウントダウンで暴騰

一時は33円程まで上昇しておりました。

 

そして、本日の午前2時、ついにカウントダウン1のtweetが…。

「ペイメントの未来に対する1つのビジョンが舞台の中心に踊り出ます。」

Ripple社は、ご丁寧に日本語訳のtweetも行ってくれていました。韓国語ではなく、なぜ日本語訳なのか…何が意図がありそうですね。

ちなみにスウィフト(SWIFT)×リップル(XRP)で国際送金を牛耳るという情報がネット界隈で話題になっています。

スウィフト(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication SCRL)とは?

当社は金融メッセージングフォーマットの標準と、メッセージングのためのプラットフォームを業界に提供し、そのネットワークへのアクセスと業務との統合、認証確認、データ分析、法令遵守を容易にする製品とサービスを提供します。

当社のメッセージングプラットフォーム及び製品とサービスは、200以上の国又は地域で11,000以上の銀行、証券会社、市場インフラ、事業法人顧客を結んでいます。SWIFTはお客様の代理として資金を保持したり、口座を管理することはしませんが、グローバルなユーザー業界が安全かつ信頼できる方法によって、標準化された金融メッセージを相互に通信することを可能にし、これによってグローバルおよび国内の金融の流れを容易にし、全世界の貿易と商業をサポートします。

信頼されるプロバイダーとして、当社は常に業務改善を追求し、コストの削減、リスクの軽減、非効率な業務を排除する方法を追求します。当社の製品とサービスは業界のアクセスと統合、事業情報、参考データおよび金融犯罪に関する法令遵守のニーズをサポートします。

またSWIFTは、市場慣行の形成、標準化、業界共通の関心や懸念に関する議論のために、グローバル、地域、国のレベルで金融業界のまとめ役もしています。

SWIFTはベルギーに本拠を有し、その国際的な企業統治と監督機関による監視を受け中立的でグローバルな協同組合組織の性格を強化しています。SWIFTのグローバルな拠点展開はすべての主要金融センターでの積極的な活動の強固な基盤となっています。

SWIFTはお客様の代理として資金の保持あるいは口座の管理をいたしません。

参照:スウィフト公式HP

世界の金融システムにおいて重要な役割を担った組織ですね。こことXRPが連携するというのは本当なら、めちゃくちゃすごいことです。

昨晩(8/23)、リップル(XRP)を買い増しました。

いつもの如く得意のジャンピングキャッチに成功w

昨夜は飲み会で飲みすぎてしまい、帰宅途中に調子に乗って強気なコメントと共に買い増しを実行しました。

そして朝目覚めると見事に下落。

リップル(XRP)を買い増しするタイミングは昨夜じゃなくて、今朝でしたね。読めなかった…。

ジャンピングキャッチ得意なんですよね私…

関連記事:COMSA(コムサ)への期待でNEMが大幅上昇。天井付近でジャンピングキャッチに成功。

 

さぁ、今日の動きはどうなるでしょう。

楽しみですね。

2017/8/25 6:15追記:リップルカウントダウン0!!発表された内容・結果とは?

リップル社(ripple)より8/25午前1時と午前5時半過ぎごろに合計3つのtweetがありました。

リップルカウントダウンにより、発表された内容は上記のツイートの通りです。

まとめると…

ップルカウントダウンで発表された内容

  • 10月16日(月)・10月17日(火)・10月18日(水)トロントでSWELLというカンファレンスを実施予定
  • 元FRB議長ベン・バーナンキ氏が2017年10月16日にSWELLで講演
  • WWW(world-wide-web)の開発者であるティム・バーナーズ・リー氏が2017年10月17日にSWELLで講演

これらの発表により、リップル(XRP)の価格は下落しています。

SWELLというカンファレンスの発表。

市場が想像・妄想していた結果よりもパンチが弱かったということでしょうか。XRPについては一切触れられてませんからね…

今後も夢を見させ続けてくれるリップル(XRP)。今後に期待したい。

 

リップル(xrp)が購入できる取引所コインチェックHPはこちら 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。