COMSAトークンの受取方法は2種類。ウォレットとZaifで受け取れるよ。

COMSAトークンの受け取り方法

COMSAへ久々にログインすると、先日Zaifトークンで購入したCMSトークン(コムサトークン)の受け取り方法についての記載が追加されていました。

2017年11月27日追記

COMSAのCMSトークンの受取用アドレスの登録が開始になりました。

登録方法を記載しました。

CMSトークンの受取方法はZaifもしくはウォレットの2種類

COMSAの自分のページへログインし、『トークン受け取り』の画面に、

CMSトークン配布の流れ仮想通貨取引所Zaifでの扱いについて記載のあった部分を以下転載します。

(2017/10/28時点)

【CMSトークン受取アドレス登録方法について】

『受取は「Zaif取引所で受取」または「各自のウォレットで受取」となります。

  1. 仮想通貨取引所 Zaif で受取(時期・受取方法は後日発表致します)
  2. 各種ウォレットで受取(アドレス登録可能時期は、11月中旬を予定)参考ウォレット:

・Nano Wallet(XEM : mosaic)

・MyEtherWallet(ETH : ERC20)

※ウォレットで受け取る場合は、「XEM mosaic、ETH ERC20」が取扱えるウォレットをご用意ください。

 

【CMSトークンの配布について】

  • トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しています。

 

【CMSトークンのお取引について】

  • 仮想通貨取引所 Zaifにて、CMSトークンの取扱い(取引)開始を予定しています。
    取引可能時期については11月末頃を予定しています。

参照元:COMSA

 

COMSAトークンを取引所のZaifもしくは各種ウォレットで受け取れると書かれていますね。

Zaifで受け取りができないのかと思っていましたが、どうやらできるようです。しかし、詳細や時期に関しては後日発表するとのこと。

ウォレットでのCMSトークンの受け取りが現時点では確実ですかね。

2017年11月27日追記

CMSトークンの配布は11月30日に決まりました。

CMSトークンの取引開始は12月4日(月)の予定です。

 

時間は未定ですが、僕の予想だと14:00スタート!

取引開始直後はサーバーが落ちないか心配…w

 

ウォレットに関してはNanoWallet(ナノウォレット)と、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のどちらも使えます。

まだウォレットを作成していない方で、余裕のある方はこの機会にウォレットを作成してみてはいかがでしょうか。

 

NanoWalletは、NEMの管理やNEMの送受信、お小遣い稼ぎができるハーベスティングも行えます。

作成方法は『NanoWallet(ナノウォレット)の作成、設定方法を解説!』に書きました。

 

NanoWallet(ナノウォレット)の作成、設定方法を解説!

2017.10.24

 

MyEtherWalletは、イーサリアムだけでなくICOトークンの管理ができるので、これから色々なICOに参加されたいという方は作成してもいいかもしれませんね。

スポンサード リンク

COMSAトークンの受取方法を解説

CMSトークンの受け取り方法について説明していきます。

受け取り方法は、Zaifで受け取るか、ウォレットで受け取るかの2種類。

COMSAトークンをZaifに送る方法

2017/10/28時点ではまだ受け取り方法は記載されていません。わかり次第追記予定!

※2017年11月27日更新

2017年11月30日から配布されるCOMSAのCMSトークンをZaifで受け取る方法は以下の2つです。

CMSトークンの受取方法
  • ERC20…Ethereumを利用して発行されるトークン『CMS:ETH』
  • Mosaic…NEMを利用して発行されるトークン『CMS:XEM』

 

この上記いずれかを選択し、入金アドレスを発行した後で、

COMSAのダッシュボートに送金アドレスを登録する流れとなります。

CMSトークンの受取方法

まずはZaifにログインを行い、

ERC20もしくはMosaicのいずれかの入金アドレスを確認します。

ERC20での受取(CMS:ETH)

ERC20トークンの受取

ERC20での受取の場合は、アカウント<入出金と履歴<ERC20トークンを選択します。

上記画像の緑の部分をクリックし表示されるアドレスをコピーします。

 

続いて、

COMSAのダッシュボードにログインを行い、

メニューバーにある『トークン受取』を選択。

CMSトークンの受取方法

 

上記画像の『Zaif取引所 ERCトークンで受取』を選択し、上記でコピーしたアドレスを貼り付けて

設定』を押すと登録完了です。

CMSトークンの受取方法

 

後は、11/30に『CMSトークンを受け取る』のボタンを押すと、COMSAからZaifの口座へ送金される予定です。

 

Mosaicでの受取(CMS:XEM)

手順はERC20での流れとほとんど同じです。

Mosaicでの受取

Mosaicでの受取の場合は、アカウント<入出金と履歴<Mosaicを選択します。

 

お客様固有のMOSAIC入金用メッセージは下記になります。」の下にアドレスが表示されますので、

こちらが受取用メッセージとなります。

緑の部分をクリックしたら出てくる、「ユーザー共通のMOSAIC入金先アドレスは下記になります。」のアドレスでは受け取れませんので、ご注意ください。 
CMSトークンの受取方法

 

続いて、

COMSAのダッシュボードにログインを行い、

メニューバーにある『トークン受取』を選択。

 

上記画像の『Zaif取引所 Mosaicで受取』を選択し、上記でコピーしたアドレスを貼り付けて

設定』を押すと登録完了です。

Mosaicでの受取

後は、11/30に『CMSトークンを受け取る』のボタンを押すと、COMSAからZaifの口座へ送金される予定です。

モザイクでCMSトークンを受け取る

僕は、もしかしたらギリギリになって変更するかもしれませんが、

今のところはモザイクでCMSトークンを受け取る予定です。

 

ハラペー
COMSAトークンを購入されている方は皆さんもう作成済みかとは思いますが、

まだZaifの口座開設されていない方はZaifでの受け取りや取引を行うのであれば、お早めに作成されるのをオススメします。

口座開設まで約2週間ほど時間がかかる場合があるようです。

CMSトークンをZaifで受け取る

Zaifの口座を解説する

COMSAトークンをNanoWalletに送る方法

ナノウォレットで受け取るアドレスの確認方法は、『COMSAログイン』して『トークン受け取り』ページの下部に確認方法の記載がありましたので転載。

  1. Nano Wallet(Windows, Mac, Linuxに対応)を ”https://nem.io/downloads/“ からダウンロードし、インストールします。
  2. Nano Walletを起動し、アカウント作成(シンプルウォレット)します。
    ※発行されるプライベートキー(秘密鍵)はウォレットの復元などの作業を行う為の大切なキーです。必ず安全な場所に保管してください。
  3. Nano Walletへ作成したアカウントでログインします。
  4. 「アカウント」→「アドレス」が受取用アドレスです。

 

NanoWalletでCOMSAトークンを受け取る方法

このアドレスをCOMSAのログインした後の画面上で入力し、送信することになります。

 

COMSAトークンをMyEtherWalletに送る方法

マイイーサウォレットも受け取るアドレスの確認方法も記載がありましたので以下転載。

  • MyEtherWallet “https://www.myetherwallet.com/” へアクセスします。
  • New Walletから新しいウォレットを作成します。パスワードを入力します。
    ※発行されるプライベートキー(秘密鍵)はウォレットログインなどで使用する大切なキーです。必ず安全な場所に保管してください。
  • サイドバーの「アカウントアドレス」が受取用アドレスです。
MyEtherWalletでCOMSAトークンを受け取る方法

このアドレスをCOMSAのログインした後の画面上で入力し、送信することになります。

まとめ

  • 11月27日から受け取りアドレスを登録可能
  • 11月30日にCMSトークンが配布
  • 12月4日にZaifでCMSトークンの取引開始

 

僕はZaifに直接送れるのであれば、CMSトークンの一部をZaifへ。

長期保管するCMSトークンについてはNanoWalletとMyEtherWalletへ送る予定です。

 

ハラペー
僕は今のところ、モザイクでCMSトークンを受け取る予定です。

アドレスをちゃんとした手順で入力しないとGOXしてしまう可能性があるので、みなさん慎重に行いましょう!

参考記事:COMSAの取り扱いについて

 

ちなみに、COMSAのトークン販売は11/6まで開催されています。

現時点で100億円を調達達成した模様。

まだCOMSAでICOする企業について具体的な発表はありません。

※2017年11月27日更新

COMSAでICOする企業は発表されています。

関連記事;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。