楽天ペイはポイント二重取りができる、オススメのキャッシュレス決済!

楽天ペイとは?

キャッシュレスの人気が高まってきています。楽天にもキャッシュレス決済可能な「楽天ペイ」というスマートフォンアプリがあります。

楽天ペイで支払うと0.5%の楽天スーパーポイントが貯まるんですが、さらに楽天カードなどのクレジットカードのポイントも貯まるので、ポイント二重取りができるようになるんです。

楽天ペイは日頃の食事や買い物の支払いで、楽天スーパーポイント(期間限定ポイント)も使えるので、上手にポイント消化ができることもわかりました。

この記事では、楽天ペイの特徴・メリット・デメリット・使い方について解説していきたいと思います。

ハラペー
現金払い…勿体無いですよ。現金よりもキャッシュレスアプリの楽天ペイを使っちゃいましょう。

楽天カードを利用してポイント二重取り/

楽天ペイの特徴

楽天ペイとは?

楽天ペイはナンバーワン

楽天ペイとは、楽天が提供するキャッシュレスアプリです。楽天ペイのアプリを利用して、登録しているクレジットカードや楽天スーパーポイントで支払うことができます。

楽天ペイは、楽天のIDと紐付けを行なって利用します。楽天のIDにクレジットカード情報を登録していれば、楽天ペイでもスムーズにカードでの支払いが行えます。

また、新しいカードも別途登録することも可能で、その場合VISAもしくはMasterカードのみ利用できます。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

楽天ペイ利用可能な店舗

楽天ペイの使える店舗

コンビニだと、ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・ポプラ。その他飲食店やアパレルショップでも利用が可能です。

また、実店舗だけではなくオンライン上での決済にも使用することができ、無印良品・TOHOシネマ・ドミノピザなどその他にも多くのお店で利用できます。

楽天ペイの利用可能店舗を楽天ペイ公式サイトで調べる

楽天ペイのメリット

ポイント還元率UP

楽天ペイで支払いを行えば、クレジットカードのみで支払いを行うよりもポイントが多くもらえるんです。

楽天ペイのポイント

楽天ペイでの支払いで、楽天スーパーポインとが0.5%もらえます。

楽天ペイと楽天カードを合わせて利用すれば1.5%の還元率でお買い物をすることができます。

楽天ペイのポイント

楽天ペイも楽天カードも無料で利用できるので、使わない手はないですね。

1回あたりに貯まるポイントは少ないかもしれませんが、毎回ポイントを意識して買い物をすることで長期で考えるとけっこう貯まると思います。

100万円×1.5%=1万5千ポイント

さらにコンビニなどの店舗の独自ポイント(Pontaポイントなど)も合わせてゲットできれば、ポイントの三重取りも可能です。

楽天カードは、ポイント還元率1%の無料で作成できるクレジットカードです。今ならキャンペーンで楽天スーパーポイントが5000ポイント以上もらえます。
楽天カード

楽天カードはポイントが貯まる、楽天のサービス利用者必須のクレジットカード!

2019年1月3日

期間限定ポイントを利用できる

楽天ポイント

楽天スーパーポイントには、基本ポイントと期間限定ポイントがあります。

期間限定ポイントはポイントの有効期限が通常より短くなっています。

この期間限定ポイントの有効期限を使い損ねて期限切れしてしまったり、期限間際に焦って不要なものを買ってしまったりする方も多いのではないでしょうか。

楽天ペイであれば、設定で楽天スーパーポイントから支払う設定を行えば、楽天スーパーポイントで支払いができます。しかも期間限定ポイントがある場合、自動で有効期限が短いポイントから自動で決済してもらえます。

普段の支払いで期間限定ポイントを利用することができるので、ポイントを使い損ねることもなく有効活用することができます。

現金・クレジットカード無しで支払いができる

楽天ペイに事前にクレジットカードを登録することでアプリだけで支払いが完結するようになります。

そのため、クレジットカードや現金、財布までも持ち歩く必要がありません。小銭を数えたり、現金をATMでおろさなくても良いんです。

物をあまり持ち歩きたくないミニマリストや手ブラーの方にも、楽天ペイはおすすめですね。

楽天ペイのデメリット

使える店舗がまだ少ない

楽天ペイのお店少ない

コンビニで利用できる店舗は増えてきましたが、まだまだ少ないのが現状です。

昨今、キャッシュレス支払いが注目されており、国も力を入れていくかと思うので今後は導入店舗も徐々に増えてくるだろうと思っています。

ネットに繋がらないと利用できない

楽天ペイは電波がいる

楽天ペイは、インターネットを利用した支払い方法になるため、電波が無い・圏外の場合は利用することができません。

スマホの充電がなくなると利用できない

電池

楽天ペイは、アプリを利用して支払いを行うので、充電が切れた状態では利用することができないため、支払いに利用することはできません。

電池が切れた時のために、モバイルバッテリーを用意しておくのもおすすめです。

 楽天ペイ利用の4通りの使い方

  1. バーコードを掲示
  2. QR読み取り
  3. セルフ
  4. オンライン決済

楽天ペイの使い方は全部で4通りありますが、バーコードを掲示して読み取ってもらう支払いが手軽で簡単。

コンビニで楽天ペイを初めて利用した際、「楽天ペイで支払いをしたいです」と店員さんに伝えたところ、支払い方法を優しく教えてらえました。

バーコードを掲示

楽天ペイのコード払い

ご自身の楽天ペイのアプリを開いた際に表示されるバーコードを、店員さんに読み取ってもらい支払いを行う方法です。

コードを掲示して支払うのが、コンビニだとスムーズで便利です。

楽天スーパーポイントを利用する場合は、バーコードを掲示する前に事前に設定を行ないましょう。自動で古いポイントから消化されます。
スマホの画面が割れてヒビが入っている場合、バーコードが読み取れないことがあるようです。

QR読み取り

店舗側の端末に表示されているQRコードを、楽天ペイで画像を読み取り支払いを行います。

楽天ペイのQR支払い

読み取った後は、金額を手打ちし、間違いがないことを確認してから支払いボタンをスライドさせて完了です。

セルフ

楽天ペイのセルフ払い楽天ペイのアプリの中から、利用する店舗を選択し、支払い金額を入力して支払い手続きを行う方法です。

基本的にセルフでの支払いは使わないと思いますが、上記の1バーコード掲示、2QRコード読み取りができなかった場合に利用することがあるかもしれませんね。

オンライン決済

楽天ペイのオンライン払い

支払いの際に楽天ペイで支払うを選択します。

楽天にログインを行い、利用するカードを選んで決済をしましょう。サクッと簡単に楽天ペイ払いがオンラインでも行えます。

楽天ペイのキャンペーン

その中でも、手軽にサクッと楽天スーパーポイントをゲットできるキャンペーンがこちら。

事前エントリーをして、コンビニで楽天ペイを使うだけで最大400ポイントがもらえますよ。

まとめ:楽天PAYの特徴・メリット・デメリット

楽天ペイでのキャッシュレス決済は、ポイント還元率がUPするので積極的に利用していきたいですね。

楽天ペイが利用可能な店舗であれば活用して、楽天スーパーポイントを稼いでしまいましょう。

楽天ペイをインストールする

楽天カードを利用してポイント二重取り/

獲得した楽天スーパーポイントは、楽天証券でポイント投資を行ない、さらに増やしてみるのも面白いですよ。

楽天証券でポイント投資

楽天証券でポイント投資!楽天ポイントを資産運用できる楽天証券の特徴を解説。

2018年12月28日
楽ラップ

楽ラップとは?楽天証券で始めるロボアドバイザーのメリット・デメリット!

2018年12月26日

LINEのキャッシュレスアプリ「LINE Pay」も上手に活用したいですね。

LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay(ラインペイ)とは?メリットや使い方(チャージや支払いの方法)を解説

2018年12月22日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。