単価の安い仮想通貨をまとめ買い!低位暗号通貨購入のメリットデメリット説明するよ。

仮想通貨(暗号通貨)投資を始める前は株式投資をせこせこ楽しんでおりました。

購入する株は、ボロ株や低位株が好きでこれまで色々と安い単価の株を購入してきました。安いところで買い集めていた株が暴騰した時の喜びはパチンコや風俗とはまた違った快感が味わえるのです。

仮想通貨はビットフライヤーでビットコインで取引デビューしました。慣れてきたところでコインチェックのXRP(リップル)を1円台で仕込んでいたら、最高で50円まで上昇。約30倍近くまで上がりました。

株でもそこまでの短期間での上昇率は経験したことがかったので、仮想通貨の魔力に取り付かれてしまいました。

安い単価の仮想通貨はコインチェックで、XRPやNEM、最近はザイフでぺぺキャッシュや、とポロニエックスという海外の取引所で、なじみの無いコインを仕込んでおります。本日は、そんな低位仮想通貨を購入するメリットデメリットをご説明します。

購入単価の安い、低位仮想通貨購入のメリット

少額(安い)なので大量に仕込める!

100万円元手があるとします。

  • 1円の通貨
  • 100円の通貨

それぞれ買える通貨数は、1円は100万通貨、100円だと1万通貨です。安い単価の方が同じ元手でもより多くの通貨を取得できます。

少しの価格変動(上昇)で大きく儲かることができる。

  • 1円 100万通貨
  • 100円 1万通貨

それぞれ1円上がったとすると上昇率はかなり違ってきます。

  • 2円(+1円)  100万通貨 上昇率100%
  • 101円(+1円) 1万通貨 上昇率1%

しかし、そう簡単に1円の仮想通貨が2円にはなりません…。

少額で買えるので分散投資がしやすい

ハラペー
よーし10通貨ずつ、いろんな仮想通貨を買うぞー

と、思っててもビットコインの通貨を10買おうと思うと300万近い資金が必要になります。その点、単価の低い通貨であればいろいろな種類の通貨を買い集めることができます。

参入者が少ない。

仮想通貨を買おうとするならば一般的には主軸通貨であるビットコインを購入するでしょう。またイーサリアムは企業が利用するニュースもあり知名度はどんどん上がっていくかと思います。

日本の取引所で扱っていない通貨に関しては、知名度が低く殆どの人が購入しない為、流動性は低いのですが良く言えば安値で大量に仕込むことができます。

リップル、ネムあたりは既に人気になりすぎてますけどね。

スポンサード リンク

購入単価の安い、低位仮想通貨購入のデメリット

名前も知らない、よく分からない怪しい通貨が多い

例えば海外の取引所であるPoloniexで取引されているコインの一覧がこちらです。

poloniexの銘柄一覧 poloniexの銘柄一覧

アメリカの大手取引所で取り扱っているコインなので、まぁ大丈夫だと思うのですが、情報が少なくて、どんなコインなのかよくわからない通貨が多いですね。詐欺コインの可能性ももしかしたらあるかもしれません。

しかし、お宝仮想通貨が眠っている可能性も…。

少しの価格変動(下落)で大きく損をする。

メリットに書いたように大きく上昇することもあれば、同じように大幅に下落する可能性もあります。大きな利益を狙うのであれば、リスクは必ず付いてきます。

取引所で通貨の取扱停止する可能性がある

過去に取り扱いをやめた通貨があったようです。

取り扱いがなくなると流通量が減ってしまい、価格も下がってしまいそうですね。…恐ろしい。

これまでに購入した単価の安い仮想通貨

リップル(RIPPLE、XRP)

2017.6.4現在XRPの価格は約32円。リップルの時価総額ランキングは現在、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ3位。

まだまだ安い部類に入るのではないでしょうか。

銀行よりも安く、ビットコインよりも早く送金できる強みを生かしこれからどんどん上昇して行ってもらいたいな。

※リップル(RIPPLE、XRP)の購入は国内取引所コインチェック

ネム(NEM、XEM)

2017.6.4現在NEMの価格は約25円。NEMの時価総額ランキング現在、リップルに次ぐ4位。

ネムはリップルの後を追いかけて同じようにムクムクと成長中の通貨です。NEW ECONOMY MOVEMENT。まさに新しい経済の動きが始まろうとしているのかもしれません。

今年の夏以降にカタパルトというブロックチェーンの大型アップデートが控えているようで、それに期待している方が多い状況ですね。

※ネム(NEM、XEM)の購入は国内取引所コインチェックもしくはザイフ 

モナーコイン(MONACOIN)

2017.6.4現在MONACOINの価格は約28円。時価総額ランキングは100位圏外…。つい先日まで80位くらいだったような気がします。

日本初の国産仮想通貨。応援していきたいですね。そんな私は4円ぐらいの時に1,000モナコインだけ掴んでいます。今となればもっと買っておけばよかた。後の祭り。

※モナコインを買うのは国内取引所ザイフ 

ぺぺキャッシュPEPECASH

2017.6.4現在ぺぺキャッシュの価格は約2円。時価総額ランキングはちょうど100位です。

ぺぺキャッシュも3日ほど前にはランキング80位くらいでモナコインの前を走っていたのに、最近は失速気味です。

現在2円とこの辺りから価格はガクッと下がってきましたね。

有名漫画家がrarepepeのカード作ったら、もっとぺぺキャッシュが盛り上がりそうなんだけどなぁ。

※ぺぺキャッシュを買うのは国内取引所ザイフ 

デジバイトコイン(DGB、Digibytecoin)

2017.6.4現在Digibytecoinの価格は約5円。時価総額ランキングは12位です。

ここ数日でめちゃくちゃ上昇中の通貨です。購入したときは1円台だったのに。

もし1億円のDGBを購入していたら、数日で5億円になっていたのか。…たられば。

マインクラフト(Minecraft)で採掘が本当にできるのであれば、この機会にマインクラフトも始めてみたいな。

※デジバイトコイン(DGB、Digibytecoin)の購入は国外取引所のPoloniex 

ドーゲコイン(DOGECOIN)

2017.6.4現在のdogecoinは約0.3円。時価総額ランキングは16位です。

犬のコインであるドーゲコインは激安で、1DOGE=約0.3円です。

パロディでおふざけな感じで作成されたコインのようですが今ではもはや時価総額400億。まさにバブル。犬好きの方におすすめの仮想通貨でございます。

※ドーゲコイン(DOGECOIN)の購入は国外取引所のPoloniex 

ピンクコイン(PINKCOIN)

2017.6.4現在のピンクコインの価格は約2.7円。時価総額ランキングは100位圏外です。

昨日はもっと上昇していたんですが、下がってきましたね。ピンクコインという響きだけで買ってしまったコイン。これからどうしよう。とりあえず放置。

※ピンクコイン(PINKCOIN)の購入は国外取引所のPoloniex

まとめ

リスクは高いので、ミニ仮想通貨に投資をする場合は余剰資金の範囲内にして起きましょう。

一年後とかに今の通貨の相場を振り返って見てみると、値上がりし過ぎで、現状の相場が低位株に見えてしまうかもしれませんね。犬コインであるドーゲコイン(DOGECOIN)が現在0.3円程。年末頃にはの現在の100倍の30円を越えてて欲しいなぁwこのバブル相場なら宝くじ買うより、仮想通貨買った方が億万長者の可能性は高いかも!?

こちらのブログの内容は個人的見解に基づいた内容のため、くれぐれも投資は余剰資金でかつ、自己判断でお願いします。 

仮想通貨まとめ記事:仮想通貨(暗号通貨)投資ブログの記事まとめ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。