ソーラー発電『Looop』とマイニング会社『CMJ』がCOMSAでICOを実施

COMSAでICO looop-cmj

2017年11月2日朝、ついにCOMSAにICOに関する新しい情報が入って来ました!

ソーラー発電『Looop』とマイニング会社『クリプトマイニングジャパン(CMJ)』がCOMSAでICOを実施

ソーラー発電『Looop』とマイニング会社『クリプトマイニングジャパン(CMJ)』がZaifを運営するテックビューロと業務提携を行い、COMSAでICOを実施するというもの。

COMSAでICO looop-cmj

出典:COMSA

ハラペー
ついに具体的なCOMSAでICO実施する企業の案件が発表されましたね。

テックビューロがCOMSAトークンセール終了に向けて追い込みをかけて来ています!

テックビューロ株式会社、株式会社Looop、株式会社クリプトマイニングジャパンの発表した内容はこちら。

報道関係者各位

テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)と、株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下 「Looop」)、株式会社クリプトマイニングジャパン(本社:大分県大分市、代表取締役社長:三代飛翔、以下「CMJ」)の3社は、

それぞれの取引所、電力供給、仮想通貨マイニング(採掘)のノウハウを持ち寄り、収益性の面でも国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施します。また、LooopとCMJはテックビューロのCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画を発表します。

引用元:COMSA 

ハラペー
ビットコインを発掘するマイニング作業を行うには、多くの電力が必要になってきます。

そこでLooopの持っている安定した安価な電力供給の技術が、マイニング専用コンテナを作成しているCMJに活かされてくるわけですね。

スポンサード リンク

COMSAでICOを行うのはいつ?

LooopのICO計画

発電事業とマイニング事業の拡大を目的として、2017年12月から2018年2月までのいずれかの時点の実施を目標として、ICOの具体的な実施計画を検討しております。

CMJのICO計画

国際的にも展開可能な、マイニングコンテナの開発販売とマイニングプールの提供、クラウドマイニングサービスの提供を目的として、2017年12月もしくは2018年1月にICOを実施いたします。

引用元:COMSA 

LOOPとCMJのICO実施時期は上記の通りです。ただし、よく見てみると…言葉尻が少し違う…

COMSAでICOを行う時期

  • LOOP…2017年12月から2017年2月までのいずれかの時点で実施計画を検討
  • CMJ…2017年12月から2017年2月までのいずれかの時点で実施いたします
ハラペー
比較するとクリプトマイニングジャパン(CMJ)の方が、予定時期にICOを実施してくれそうな感じですね。

まとめ

これまで具体的にCOMSAでICOする企業が発表されていなかったわけですが、これで状況が変わりました。

トークンセールを見送っていた方も購入してくるでしょうから、COMSAトークンセールの終わる11/6までは、調達金額は益々増えていきそうな予感。

 

ハラペー
同じくCOMSAでICOを検討しているメタップスプレミアムウォーター。こちらの二社にも期待しています。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。