LINE Pay(ラインペイ)とは?メリットや使い方(チャージや支払いの方法)を解説

LINE Pay(ラインペイ)

現金を使わないキャッシュレス決済が話題になっていますね。

LINE Pay(ラインペイ)」も利用者が増えており、僕もここ最近の買い物はLINE Payを活用しています。

LINE Payを使ってみると、便利で楽チン。コンビニでお茶を買ってLINEポイントをゲットしたり、友達に立て替えてもらったランチ代をLINE Payで送金したりすることもできます。

この記事では、LINE Payの特徴、メリット・デメリット、使い方(チャージのやり方・支払い方法)について解説していきたいと思います。

LINE PayではPAYトクキャンペーンを期間限定で実施中です。利用金額の20%が5000円までキャッシュバックされます。さらにコード支払いで還元率+3%アップ。
ハラペー
まだキャッシュレスアプリを利用していないという方は、LINEを開き、お金をチャージしてサクッと使ってみましょう。

LINE Pay(ラインペイ)の特徴

LINE Payとは?

line payとは?

LINE Payとは、多くの方が利用しているコミュニケーションアプリ「LINE」の送金・決済サービスです。

LINE Payでは、LINEで繋がっている友達と手数料無料でお金の送受・送金依頼・割り勘や、実際の店舗、オンライン上のネットショップでの決済ができます。

LINE Payできること

キャッシュレス、財布レス(ウォレットレス)、カードレスでお買い物などの決済が可能になります。

普段多くの方が使っているLINEが提供するサービスなので、利便性は高いです。

LINE Payが使えるお店

LINE Payが利用できるのは、LINEの提供するサービスだけでなく、実際の店舗でも使うことが可能です。

ローソン、ファミマ、ウェルシア、サンドラッグ、白木屋、魚民、笑笑、阪急百貨店、阪神百貨店、ジョーシン…などなど。

まだまだ使えるお店はそこまで多くはありませんが、利用できる店舗は徐々に増えています。

オンライン上でのお買い物にももちろん使えます。ZOZOTOWN、ラクマ、FOREVER21などのオンラインショップ(ECサイト)でも利用可能です。

LINE Payカードとは?LINE Payとの違いは何?

linePayカード

LINE Payカードとは、LINE Payと連動したJCBブランドのプリペイドカードです。

事前にチャージを行いLINE Payに残高があれば、LINE Payカードを利用することが可能です。

LINE Payカードは、LINE Payよりも使える店舗が多いのが魅力で、JCBのクレカが使えるお店であればLINE Payカードも使えます。

クレジットカードと異なり審査不要で未成年でも発行できます。

二つの違い

  • LINE Pay…キャッシュレスアプリ
  • LINE Payカード…LINE Payと連動したプリペイドカード

LINE PAY(ラインペイ)のメリット

LINEの友達同士・知り合い同士でお金の送金が手数料無料でできる

linepayでの支払い

同僚・友人・恋人・家族とお金のやりとりをLINE Payで行えます。

しかも相手の電話番号がわからなくても、LINEで友達同士であればOK。

手数料無料で送金できちゃうのが便利ですね。遠方に住む友人にも気軽に送金ができちゃいます。

しかもLINE Payのウォレットにある残高は、手数料200円(税抜き)で出金をすることも可能。

LINE Payからあなたの銀行口座、もしくはセブン銀行のATMから引き出せます。

出金方法

LINE Pay→設定→出金→①銀行口座(平日9:00-15:00)、②セブンATMで引き出す

LINE Payで割り勘ができる

何人かで外食すると飲食代の割り勘問題が発生しますが、お会計の時に細かいお釣りが財布になかったりすることってありますよね。

そんな時に便利なのがLINE Payの割り勘機能です。TVCMでもこの機能の映像が流れているので、LINE Payでの割り勘を利用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やり方は幹事が割り勘グループを作成し、その作成されたQRコードを他のメンバーが読み取るだけで簡単にできるようです。

ハラペー

正直なところ…僕はまだ「割り勘機能」は使ったことがありません。今度使ってみたらこの記事で追記しますね。使ったことがある方、感想を教えてください。

LINE Payを使えば使うほどLINEポイントが貯まる

LINE PayやLINE Payカードを利用するとLINEポイントが0.5~2%の還元率で貯まります。

LINEのポイントプログラム「マイカラー」のランクをあげると還元率も上がっていく仕組みになっています。

カラーポイント還元率支払額
グリーン2%10万円以上
ブルー1%5万円以上
レッド0.8%1万円以上
□ホワイト0.5%

LINE Payを使えば使うほどマイカラーの色が変わっていきます。10万円以上の利用でグリーンに到達すれば還元率は2%まであがります。

しかも2019年7月31日までコード支払いをすることで、LINEポイントがさらに+3%アップします。(請求書払いは対象外)

最大5%還元はすごい…現金支払いよりもLINEペイが絶対お得ですね。

LINEポイントの特徴・貯め方・使い道(交換先)について解説!

2018.12.24

事前にチャージする前払い式

LINE Payは事前にお金をチャージする「前払い式」です。クレジットカードのような後払い式と異なり、事前にお金を入れることで、使いすぎを防ぐことができます。

どれだけ使ったかわからなくなるからクレジットカードを使うのは不安、という方に向いていますね。しかもLINE Payを使った瞬間に、LINEにメッセージが届くのでどこで使ったかの記録を手軽に確認することもできます。

LINEのサービスなので安心できる

LINEを運営するLINE株式会社は資本金778億円あり、東証一部とNY証券取引所に上場している大企業です。

普段使っているコミュニケーションアプリ「LINE」が提供しているサービスなので安心して使えるのではないでしょうか。

さらに、補償の内容もクレジットカード並みに充実しており、

第三者の不正利用によって送金・決済・出金されてしまった場合でも補償対象となっています。

*被害者の責任が認められる金銭移動を除きます。

*損害発生時から、30日以内の申し立てが必要となります。

*LINE Cashアカウントの1事故あたりの補償限度額は、原則10万円です。

*LINE Moneyアカウントの1事故あたりの損害額が10万円を超過する場合は、補償限度額の引き上げを個別検討します。

引用元:LINE Pay安全の仕組み

linepayのセキュリティ

引用元:LINE Pay公式サイト

さらにさらに、セキュリティにも力をいれており国際的なセキュリティ認証を取得しています。

LINE Pay(ラインペイ)のデメリット

利用できるお店が少ない

まだまだ使える店舗が少ないのが現状です。LINE Payカードを利用すればJCB加盟店のでも利用できるので、どうしてもLINEペイを使いたい方は財布の中にLINEペイカードを入れておきましょう。

スマホのバッテリーが切れたらLINE Payを利用できない

スマホのバッテリーが切れてしまうとLINEのアプリを立ち上げることができません。こればかりはしょうがないですよね…。

もしもの時にスマホの充電を復活させれるようにモバイルバッテリーは常備しておくのもgoodです。

LINE Payカードであればスマホの電源が切れていても残高があれば利用可能です。 

LINE Pay(ラインペイ)にチャージするオススメの方法

linepayチャージ
LINE Payにチャージする方法
  • 銀行口座からLINE Payにチャージ
  • コンビニのレジでLINE Payカードを使ってチャージ
  • コンビニのレジでQRコード/バーコードの画面をレジの店員さんに表示してチャージ
  • ファミマのFamiポートでチャージ
  • セブン銀行ATMでLINE Payにチャージ
  • オートチャージ

LINE Payを使うには、まずお金をチャージする必要があります。チャージをする方法はいくつかあります。

でも、コンビニに行ってチャージするのは面倒ですよね…。

僕が最もオススメするチャージの方法は、オートチャージでの入金です。

事前に設定をしておくことで、一定金額以下になったら自動でチャージ完了。残高が無いからチャージしなきゃ…。と、思うことがなくなります。

もちろん他の入金方法と同様にオートチャージでの入金も手数料は0円で無料で行えます。

オートチャージを設定するにはLINE Payにあなたの銀行口座を登録を行う必要があります。

手順は簡単。LINE Payのメイン画面を開き、「銀行口座」をタップします。

そしてお持ちの銀行を選択し、登録を行いましょう。その際、あなたの名前・住所・生年月日などの入力も必要となります。

銀行口座の登録後、次は「チャージ」をタップします。表示された中から「オートチャージ」を選択します。

linepayオートチャージ

オートチャージの横のグレーのボタンをタップするとオートチャージ設定がONになります。

あとは、何円以下になったら、いくら入金するかの設定をして完了です。

ハラペー

僕は、初期設定の3,000円以下になったら5,000円チャージされるよう設定しています。

利用する額を管理したいのでオートチャージは嫌だ!という方は、ネット銀行を利用した銀行振込でのチャージしましょう。

LINE PAY(ラインペイ)で支払いをする方法。コード払いを使いこなそう。

続いて、LINE Payでの支払い方法について見ていきます。

LINE Pay(ラインペイ)の支払い方法
LINE Payで支払いをする方法
  • コード支払い
  • オンライン支払い
  • 請求書支払い
  • LINE Payカードを発行して、JCB加盟店舗でカード支払い
  • QUICKPayで利用可(アンドロイドのみ)

支払い方法もいくつかのやり方がありますが、コンビニなどの実店舗で支払う場合は「コード払い」をマスターしておきましょう。

コード払いとは、バーコード(QRコード)を店員さんに提示して、バーコードリーダーで読み取ってもらう方法です。

ラインペイのコード支払い

やり方は簡単。LINE Payの画面を表示し、「コード支払い」をタップします。

するとバーコード(QRコード)が表示されます。

店員さんに「LINE Pay支払いでお願いします。」と伝え画面を提示すれば、専用の機械で読み取ってもらえて支払いが完了となります。

支払いが完了すると、LINEに支払い額が送られてきます。

ラインペイのショートカット
コードが表示された画面のショートカットをスマホ待受のトップ画面に持ってくることで、支払いをもっとスムーズにすることも可能になります。

まとめ

お得に便利に使えるLINE Pay。

使いこなしてLINEポイントをざくざく貯めていきましょう。

SNS使い放題で、LINEポイントも貯まる「LINEモバイル」もオススメ。

LINEモバイルでお得にスマホを使おう/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。