常時2%の高還元率!!話題のLINEpayカード(ラインペイカード)をコンビニで購入し使ってみた。

LINEpayカード(ラインペイカード)

先日LINEモバイルに変更したこともあり、LINEpayカード(ラインペイカード)を作ってみました。

このLINEpayカードはクレジットカードではなく、プリペードカード。事前にチャージを行い、使うことになります。このLINEpayカードの魅力は何と言っても常時2%の高還元率という点です。

関連記事:LINEモバイル申込〜開通までの流れを解説!店頭よりお得なWEB手続きで日数は何日かかったか?

常時2%の高還元率LINEpayカード(ラインペイカード)とは

クレジットカードの国際ブランドであるJCBの冠を搭載したプリペードカードです。クレジットカードと同じように国内国外JCB加盟店3,100万店で利用可能で実店舗だけでなくオンラインでも利用可能です。

クレジットカードと違い、プリペードカードのため、お金をチャージしないと使えないため、不正利用についても安心して使うことができます。プリペイド型のため、年齢制限がなく、入会審査もありません。その代わり一括支払いしか対応していません。入会費や年会費は初年度だけではなく2年目以降も無料も嬉しいところ。

このLINEpayカードの一番の魅力は常時2%の高還元率。1万円の商品を購入した場合、200ポイントが溜まります。また、カードのデザインも可愛くて人気があります。

まとめると、

LINEプリペードカードとLINEpayカードは別物ですので要注意。特にセブンイレブンにはLINEpayカードは置いておらず、LINEプリペードカードしかありません。LINEプリペイドカードはLINE Storeでのみ使用可能で使い切りのカードになります。

スポンサード リンク

LINEpay(ラインペイ)とLINEpayカード(ラインペイカード)の違い

最初は何が違うのかわかりにくいですよね。簡単に説明するとLINEpayはお金を送金したり受け取ったり保管したりするお財布のような物で、LINEpayカードはLINEpayの中にあるお金をカードを使って支払いやチャージすることができるカードです。

  • LINEpay…お金を送金したり受け取ったり保管したりするお財布
  • LINEpayカード…LINEpayの中にあるお金をカードを使って支払いやチャージすることができるカード

LINEpayカード(ラインペイカード)の入手方法

LINEpayカードを作成する方法は現時点では2つです。一つはLINEpayのアプリやサイト上から申し込み手続きを行い送付してもらうか、コンビニでの購入です。

LINEアプリから申し込みLINEpayカードを入手

LINEpayのアプリから申し込みすることができます。好きなデザインを選んでユーザー情報を入力するだけなので手続きはすごく簡単です。

LINEアプリ→その他(●●●丸三つの部分)→LINEpay→ユーザー情報を入力→LINEpayカードを申込む

これで好きなデザインを選べば手続き完了です。

コンビニで購入しLINEpayカードを入手

下記コンビニで取り扱いしています。購入時には1,000〜10,000円の範囲でチャージが必要になります。1,000円以上は1円単位でチャージできるので店員さんにお伝えください。なおチャージにはクレジットカードは利用できません。

また、上にも書きましたがセブンイレブンにはLINEpayカードは置いていないので要注意。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • コミュニティストア
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス
  • ウオンツ
  • くすりのレディ
  • メディコ21
ハラペー
セブンイレブンにLINEpayカードが無い理由はナナコがあるからでしょうね。

LINEpayカード(LINEペイカード)の初期設定

カードが手に入ったら初期設定の手続きが必要です。手順は非常に簡単。まずはカード裏面もしくはLINEペイカード入手時に同封されていた紙に記載されているQRコードを読み込みLINEアプリ上で登録を行います。

その後利用規約をしっかり読んで同意ボタンを押します。続いて、パスワード設定、カード裏面記載の3桁のセキュリティコードを入力を行えば、スマホ上のLINEpay画面にLINEpayにチャージした金額が反映されています。

  1. QRコードの読み込み
  2. 利用規約の同意
  3. パスコードの入力
  4. カード裏面記載の3桁のセキュリティコードを入力

LINEpayカード(ラインペイカード)へはどこでチャージできるのか?

コンビニだけではなく多くのチャージする方法があります。ただしクレジットカードからは入金できません。

コンビニ

LINEアプリで事前に予約を行い、各コンビニにある端末を利用してチャージを行います。

LAWSONレジチャージ

ローソン限定ですが、コンビニのレジで直接チャージを行えます。これが一番簡単かも。

銀行振込

LINEpayに銀行口座を登録し、事前に予約を行い指定された口座へ銀行振込を行います。

Pay-easy(ペイジー)

LINEアプリで事前に予約を行い、ネット銀行やATMから指定口座へ入金を行います。

オートチャージ

指定した金額を下回ると登録している銀行口座から自動的に引き落としがかかりチャージされます。

銀行・ペイイージー・オートチャージ

LINEポイントについて

LINEペイカードは還元率2%なのでザグザグとポイントが貯まっていきます。ポイントには有効期限があり、最後にポイントを獲得した日から180日間となっております。半年間カードを使っていない場合はなんでもいいのでLINEペイカードを使ってお買い物をしましょう。

またLINEポイントは様々なポイントへ移行することも可能です。

まとめ

ハラペー
LINEペイカードは還元率2%を誇る最強プリペイド型カードです。今までカードを持てなかった方や還元率の高くないカードを使っていた方にとっては、年会費入会費無料なので作らない理由はありません。むしろLINEペイカードを作らない方が損なくらいです。

LINEpayカードの可愛いデザインは、アプリからの申し込みの方が選べる種類が多いのでアプリからの申し込みをオススメします。

ラインの勢いが止まりません。LINEモバイルについて最近導入してみましたので興味がある方はこちらもどうぞ。

関連記事:

LINEモバイル申込〜開通までの流れを解説!店頭よりお得なWEB手続きで日数は何日かかったか?

LINEモバイルの3つの魅力とは?SNS使い放題や入会キャンペーンがすごい!

割り勘に革命を起こした『paymo』がすごい!ペイモは使った人みんながお得になるアプリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です