【セキュリティ対策】仮想通貨取引所の口座開設後は必ず『二段階認証』を設定すべし。

二段階認証を仮想通貨取引所では設定すべし

仮想通貨取引所を開設したら、やらなければならないことがあります。

それは…

二段階認証』の設定作業です!!

 

IDやPASSが万が一、流出してしまうと、取引所に簡単にログインされてしまい、大事な仮想通貨が盗られる可能性があります。

二段階認証とは、一言でいうと、二重にパスワードをかけるということです。

仮に悪意のあるものがログインを試みても二段階認証を設定していれば、不正ログインを防ぐ事ができます。

セキュリティ対策はいくつかありますが、2段階認証はお金を入金する前に必ずやるべき作業です。

ハラペー
これでセキュリティ対策は絶対大丈夫とは言い切ることはできません。

しかし各取引所も二段階認証をするように推奨しておりますので、設定は必ず行いましょう。

 

情報弱者の仮想通取引ユーザーを狙ったハッカーに気をつけろ

仮想通貨を盗まれてしまうという事件が多発しています。


ハラペー
そんなあなたも私も、ハッカー集団に狙われているかもしれませんよ。おー怖い。

スポンサード リンク

二段階認証の設定方法

仮想通貨取引所のコインチェックでの2段階認証の設定方法について説明します。どの取引所も数分あれば簡単に設定は完了しますよ。

▼コインチェックでの二段階認証設定手順

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ
  1.  上記スマホアプリ『Google Authenticator』をDL
  2. コインチェックにログイン、設定の二段階認証を選択
  3. 『Google Authenticator』でコインチェックのサイトに映るQRコードをスキャン
  4. 『Google Authenticator』に表示された6桁の暗証番号をコインチェックの画面で入力する
その他仮想通貨取引所の二段階認証設定方法も、コインチェックと流れはほとんど同じで『Google Authenticator』アプリを利用して設定することが可能です。 

▼二段階認証がなぜか設定できない場合

私が初めて設定しようとした時、何度も試しましたがなぜかうまくいきませんでした。その時はコインチェックの方にも相談したのですが、よくわからず。

しかし、自分のiPhoneをいじくりまくっていると二段階認証が設定できない原因が判明しました。どうやらiPhone自体の設定が悪かったようです。

設定→一般→日付と時刻→自動設定をオン

 

 

 

私は日付て時刻の自動設定がもともとオフになっており、これをオンに変更しただけで、2段階認証が設定できなかったのが、改善されました。

もし、私のようにうまく設定できない方がいましたら試してみてください。

避けられない取引所リスクは頭に入れておくべし

しかし二段階認証設定しても、避けられないリスクがあります。

  • マウントゴックスのように仮想通貨取引所社員による不正、横領
  • 仮想通貨取引所システムがサイバー攻撃やハッキングを受ける
  • システムダウンにより、取引ができなくなる

などなど。

ハラペー
仮想通貨取引所は1ヶ所だけではなく、いくつかの取引所を開設し資産を分散させるのが安全ですね。

関連記事:仮想通貨おすすめ取引所ランキングTOP3。初心者の私がビットコイン購入の為に口座開設し取引してみた。

さらには、ハードウォレットに通貨を移動させておくのが安全です。ただし、ウォレットを無くす、壊す、パスワードを紛失してセルフゴックスしてしまわないように注意が必要ですけどね。

ハードウォレットはメルカリやヤフオクでも販売されていますが、ウイルス等が仕込まれている可能性があるので買わない方が安全です。

 

自分自身でできる大切な仮想通貨を守るセキュリティ対策を行うべし

▼facebookアカウントで仮想通貨取引所にログインしないようにする

仮にFacebookが乗っ取られてしまうと、芋づる式に連携しているアプリやwebサービスにログインされてしまいます。

仮想通貨取引所へのFacebookログインは便利ですが、やめておきましょう。

▼パスワードは複雑に設定

単純なパスワードは突破される可能性がありますので、難解にしておきましょう。

パスワード管理アプリを活用するのもいいですね。

1Password
1Password
開発元:AgileBits Inc.
無料
posted with アプリーチ

▼取引所毎に異なるEメールアドレスとパスワードを設定する

全ての取引所を同じパスワードにしてしまうと、一つ不正ログインされてしまうと、他の取引所も同じように突破されてしまう可能性があります。

パスワードは取引所毎にそれぞれ変更するようにしましょう。また、登録のメルアドも取引所毎に変更するのがよりベター。

▼公共の無線WIFIを利用しない

飲食店など街中にある無料の公衆無線WIFI。セキュリティ保護の機能がないものがあり、のぞき見されているリスクがあります。

公衆無線WIFIの利用は控えるか、公衆無線WIFIを利用中は取引所にアクセスしないほうが安全でしょう。

▼PCやスマホにパスワードを記憶させない

パソコンやスマホには、パスワードを記憶させておく機能がありますが、これを盗み見られてしまう可能性があるので記憶させておかないようにしましょう。

▼PCやスマホにウイルスソフトを導入する

ウイルス感染を防ぐべく、セキュリティソフトを導入しましょう。

私はAmazonで、一番人気のやつを購入しました。最近のウイルスソフトって意外とと安いんですね。

▼スマホには横から防止見の保護シートを貼る

カフェや電車などで取引所にログインする場合、周囲の方に見られている可能性があるので注意しましょう。

のぞき見防止シートを貼るのがオススメかも知れませんね。

まとめ

ハラペー
二段階認証。盗られてからでは遅いので、まだ設定していない方。今すぐ設定しましょうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。