コインチェック580億円相当のNEMハッキング被害。僕の資産も引き出せず…。

コインチェック 不正アクセス

ニュースで流れて既にご存知の方も多いかと思いますが、

コインチェックの管理していた5億2千万NEM(580億円相当)が、

何者かに不正に送金されてしまいました。

 

要するに、ハッキング被害を受けてしまったということです。

2014年の当時世界一の仮想通貨取引所だったマウントゴックスの被害額が114億円だったので

今回はその5倍以上の規模となります。

 

今日は今回の経緯や記者会見の内容、僕自身の被害額について書いて行きます。

今回の経緯

  • 1月26日2時57分 XEMの不正送金
  • 1月26日11時25分 異常検知
  • 1月26日12時07分 XEM入金制限
  • 1月26日12時38分 XEM売買停止
  • 1月26日12時52分 XEM出金停止
  • 1月26日16時33分 全通貨の出金停止
  • 1月26日17時23分 BTC以外の売買停止
  • 1月26日18時50分 クレカ、コンビニなどでの入金を停止
  • 1月26日23時30分 記者会見を実施

僕が気がついたのは夕方ごろ…。

ツイッターのタイムラインを眺めてたら、

恐怖のツイートがたくさん流れてて、

慌てて出金しようにも一足遅くて出金できませんでした。

2017年1月26日のコインチェックによる記者会見

質疑応答含めて約1時間20分間、記者会見が東証にて執り行われました。

記者会見の内容は、下記の通り。

Q&Aはコインポストさんの記事を引用しています。

Q.被害総額は?

A.5億2千万NEM(約580億円)

 

Q.ネム以外の通貨のハッキングは?

A.確認されていない(ハッキングされていないと思われる)

 

Q.流出した顧客のネムの補償

A.現状検討中、ネムか円で補償するかも未定

 

Q.ネムはマルチシグ(秘密鍵が複数に分割されているセキュリティ強化の仕組み)対応していたか?

A.ロードマップにもあり、対応しようとはしていたが間に合わず未実装だった、さらにはホットウォレット(オンライン上のウォレット:リスク高)だった

 

Q.他の通貨は?

A.ビットコインはコールドウォレット(オフライン:リスク低)でマルチシグ対応、イーサリアムはコールドウォレット(オフライン:リスク低)でマルチシグ非対応

 

Q.ネムはハードフォークを行うか?(ハードフォークを行なってハッキングを無かったことにするのか?)

A.それはコインチェック側の判断ではない、ネム財団Lon Wong氏は「今回の件はNEMの脆弱性によって起きたものではないためハードフォークは行いません」と発表済み

 

Q.入出金や売買の一時停止はいつ解除される?

A.顧客の安全が確保されるまでは解除できない、なお現在はビットコイン売買以外の再開は全て未定Q.ハッキング通信元は国内か海外かA.現在調査中。盗まれた時刻などの記録は全て残っている

 

Q.対応しているビットコイン決済についてはどうなる?

A.今の所中止する予定はないが詳しくは未定

 

Q.金融庁の登録はいつになる?原因は?

A.登録が出来る前提で動いていたが、登録が出来るかどうかは金融庁の判断次第なのでコメント出来ない

 

Q.セキュリティー形成の努力を怠っていたのでは?

A.セキュリティーは可能な限り対応していた

 

Q.補償する資金力はあるのか?

A.まず補償するかどうかも決まっていない、コインチェックの資産状況を公表するかどうかも未定

 

Q.セキュリティや登録がしっかりしていない中で何故CMを放映して集客したのか?

A.セキュリティは最大限対応しており、金融庁の登録は出来る前提で動いていた、なお現在コインチェックのCMは全て放映停止にしている

 

Q.ネム所有者数などの明確なデータの公表は?A.株主などとも相談して現在検討中Q.株は和田氏と大塚氏で過半数を占めているのか?

A.過半数を占めている

 

Q.事業は継続出来るのか?(倒産しないのか?)

A.継続をしていく方法を検討中

 

Q.セキュリティは外注か?

A.全て内部開発、人数は全社員80名のうち約40名が開発でその人数でセキュリティも管理している

 

Q.昨年の6月になりすまし保証を発表していたが実施済みか?

A.未だ実施していない

 

Q.昨年の6月中に実施するとしていたが?

A.対応する予定だったが再度検討した方が良いと思われたため延期となった

引用:coinpost

コインチェックに置いていた僕のお金の行方は…

僕自身、このブログで

取引所に資産を置いておくのはリスクがありますよ

なんて言っておきながら1,300万円も、仮想通貨を寝かせてました。

このうち、NEMは30万円分ほどですが、他の仮想通貨が大半を占めています…。

 

 

一番悪いのは盗んだ犯人。

コインチェックにも穴があったのは事実。

 

だけども、自分自身も取引所に資産をおかずにウォレットに全て移しておくという

行動はできたわけなので…。。。

取引所に保管していた仮想通貨や日本円が現在引き出しできない状況は、

完全に僕の自己責任で自業自得。

 

とりあえず後悔しても仕方がないので今後は自分でできる、

最大限のセキュリティ対策をしていきます。

 

他の取引所に置いている資産は、手持ちのウォレットに分散送金。

仮想通貨取引所に資産を置かずに今すぐウォレットで管理しましょう。

取引所の倒産だけではなく、自分のアカウントがハッキングにあったり、

自分のスマホを紛失し、パスワードや各種ロックを破られたら…。

最悪の場合、自分の資産が戻ってこない可能性があります。

 

これから仮想通貨を始めようとする方、始めたけども取引所に全資産を置いているという方は、

ウォレットを作成・購入して保管をオススメします。

 

僕はハードウォレットのLedgerNanoSを利用していましたが、

TREZOR(トレザー)も新たに注文しました。

今回の騒動でウォレット購入者がめちゃんこ増えているみたいですね。

 

まとめ

コインチェックは世界一操作しやすい取引所で、

僕が仮想通貨を始めるきっかけとなった会社です。

 

倒産という最悪の事態だけはなんとか避けてもらいたいところ。

Softbankでもリクルートでも外資でも…どこでも良いので…救って欲しい。

NEMのチームはすごい。映画の世界。犯人捕まえて縛り上げて欲しい…。

 

ハラペー
コインチェックの方々は今後、

メディアやユーザーからバッシングを受けるかとは思いますが、

原因究明、課題対策、補償内容をしっかり検討・対応して、

ここからなんとか立て直して欲しいと心から願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。