コインチェックの貸仮想通貨でファクトムを1ヶ月間レンディングした投資結果を公開。

ビットコインなどの仮想通貨…取引所に保管させたままで、寝かせていませんか?

先日に引き続き、再びコインチェックの貸仮想通貨サービスを利用。今回はファクトム(Factom)で貸仮想通貨に挑戦してみましたので、その結果を公開します。

貸仮想通貨サービスとは?

貸仮想通貨とは、コインチェックに対してユーザーが保有している通貨を一定期間貸出し、期限が来たらユーザーへ金利を上乗せして返却してもらうというサービスです。

詳しくはこちらをご覧ください⇩

関連記事:コインチェックの『貸仮想通貨サービス』とは?金利やリスクについて解説するよ。

 

年率は4つのコースの中から選択できるようになっています。リスクが高い分、なかなか高い利率です。

  • 14日間…年率1%
  • 30日間…年率2%
  • 90日間…年率3%
  • 365日間…年率5%

スポンサード リンク

1ヶ月間80ファクトムを貸仮想通貨に預け入れ

ファクトムで貸仮想通貨

8月の中旬に手持ちの80ファクトムを貸仮想通貨の口座に移動させ、貸し出し申請を行いました。

前回は『コインチェックの貸仮想通貨で14日間30ETH(イーサリアム)を預けて、どのくらい増えたか結果発表。』に書いたようにイーサリアム(Ethereum)でチャレンジしました。この時は貸し出し申請してから貸出の承認が降りるまでかなり時間がかかりました。

コインチェックの貸仮想通貨で14日間30ETH(イーサリアム)を預けて、どのくらい増えたか結果発表。

2017.08.18

リップル(XRP)のような人気の通貨だと更に時間がかかるようです。

ファクトムで貸仮想通貨

貸し出してから1ヶ月経過。ファクトムはどのくらい増えたのか。

ファクトムで貸仮想通貨

1ヶ月後、貸仮想通貨の口座をのぞいて見ました。

ファクトム自体の価格が1ヶ月前と比較すると下がっていたので総資産も同じように下がっていました。

 

しかし、ファクトムの数を見てください。

80ファクトムが80.13152になっています。

1ヶ月貸仮想通貨サービスを利用したことで、0.13152ファクトム増えました。

9/30時点の1FCTが2,040円なので約268円増加です。

 

たった268円…

されど268円…

 

銀行に預けて、268円の金利をもらうにはどのくらいの期間と費用が必要かご存知でしょうか?

メガバンクの定期預金金利は0.01%が一般的なので268円金利で稼ぐには268万円を1年間預ける必要があります。

まとめ

ほったらかしで不労所得。

今回は1ヶ月間でしたが、半年や一年のプランにすると金利がさらに上昇します。仮想通貨を長期的に保有する予定の方はお試しあれ。

ファクトムの購入や貸仮想通貨を利用される方はこちらからどうぞ。

コインチェックの公式サイト 

貸仮想通貨を利用している間は引き出しすることができず、売却も行えないため、仮想通貨の相場やチャートに消耗しなくて済むようになりますよ。

『zaifコイン積立』でNEMを毎月1万円分積立!毎月せこせこ投資するよ。』に書いたzaifのコイン積立も、毎日決まった額の仮想通貨を購入するので、こちらもオススメです。

『zaifコイン積立』でNEMを毎月1万円分積立!毎月せこせこ投資するよ。

2017.08.15

Zaif(ザイフ)でコイン積立の始め方・入金出金方法について解説するよ。

2017.09.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。