2011年公開『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーズ』を観た感想【MCU5作品目】

2011年に公開された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』をAmazonプライムビデオの有料レンタル視聴で観ました。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』はマーベル・シネマティック・ユニバーサル(MCU)の第5作品目、キャプテン・アメリカシリーズの一作品目。

現在、1週間ほど前から2008年以降に公開されたMCU作品を公開日順に観ています。

【フェーズ1】

  • アイアンマン1
  • ハルク
  • アイアンマン2
  • マイティー・ソー
  • キャプテン・アメリカ←いまここ
  • アベンジャーズ

関連記事:

Huluでマーベル映画13作品が見放題‼︎この機会にMCUを全制覇しよう。

目指せアベンジャーズシリーズ全制覇‼︎定額動画サービスを利用してマーベル映画を公開順に観ていくよ!

ハラペー
現在MCU作品の全制覇を目標に、公開日順に『アイアンマン1』から1つずつ観ています。目指せMCU映画全制覇!

MCU5作品目『キャプテン・アメリカ』とは?

クリス・エヴァンス(「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」)主演の大ヒットアクション作品。キャプテン・アメリカは、この世の悪を懲らしめる究極兵器として、自由を守る闘いの陣頭に立つ!世界征服計画を始動した悪者レッド・スカル(「ヒューゴ・ウィーヴィング、「マトリックス」)から地球上の全人類を守るため、ヒーロースーツを身にまとった、世界で最も偉大な兵士が出動した。批評家からも観客からも絶賛された人気作品。

「本物の興奮と本物のアクション。心から楽しめる映画!」(CBSテレビ「ムービープラネット」ブライアン・アーディ)

参照:Amazon

  • 監督:ジョー・ジョンストン
  • 主演:トミー・リー・ジョーンズ、ドミニク・クーパー

キャプテン・アメリカはマーベルコミックの作品で第二次世界大戦中の1941年からマンガとして描かれおり、長い間アメリカで人気を誇る伝説のマーベルヒーロー。

当時は戦意高揚漫画でドイツ兵や日本兵をキャプテンアメリカは大量に殺していました。しかし、この『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』での敵はドイツの秘密結社ヒドラ党という組織が相手となります。

ハラペー
数あるマーベル作品の中で珍しくスタン・リー氏の名前が見つからない。どうやら本作品には携わっていないようです。

スポンサード リンク

『キャプテン・アメリカ』の感想

昭和映画の雰囲気があり、古き良きアメリカ感がある映画。

作品中には、アイアンマンであるトニー・スタークの父であるハワード・スタークがちょいちょい出てきます。

他のヒーローに比べ、空を飛べたりするわけではありませんので、戦闘シーンが地味でした。唯一の飛び道具である星条旗の盾はヴィブラニウムという幻の金属と剛鉄との合金でできており、防御だけではなく盾をブーメランのように自由自在に扱っています。

戦闘シーンに派手さはないですが、とにかく走る!そして早い。ウィキペディア情報だと、1マイル(1.6キロ)を1分で入るとのこと。

またバイクでのシーンも多く、ドイツのビドラ党のショッカーのような雑魚キャラをどんどん倒してく姿を見ていると、まるで仮面ライダーを見ているように感じました。仮面ライダーも改造人間ですからね。

まとめ

ハラペー
アベンジャーシリーズ制覇が目標だったので『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を観ましたけども、他の作品と比べると正直退屈に感じてしまいました。

キャプテン・アメリカを推している友人が周りに多いので、これからアベンジャーズシリーズを全制覇してから、もう一度見返してみようと思います。

下記定額動画サービス会社の中から最安だった、Amazonプライムビデオの有料レンタル視聴税込300円で視聴しました。

※また4/26からはHuluでシビル・ウォーまでの全13作品が見放題となる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です