LISKが買えるおすすめの取引所ランキング。リスクの購入方法・買い方を説明

LISKの購入方法・おすすめ取引所

LISK(リスク)は、イーサリアムと同様にスマートコントラクトを実装できる仮想通貨です。

これまで、LISKは国内取引所だとcoincheck(コインチェック)のみでの取り扱いでしたが、2018年からbitFlyer(ビットフライヤー)での取扱いも始まりました。

この記事では、LSKが購入できるおすすめの仮想通貨取引所リスクの買い方・購入方法について解説して行きたいと思います。

 

LISK(リスク)が買える、おすすめ取引所ランキング

【第一位】 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコイン取引高・ユーザー数が日本一の取引所です。

数多くの大企業や金融機関が株主となっており、圧倒的資金力が魅力。

女優の成海璃子さんを起用したTVCMも頻繁に行なっており、このCMを観て仮想通貨投資を始めたという方もかなり多くいらっしゃいます。

ビットフライヤーでは、悪意のある第三者に不正送金された場合、一定条件を満たせば盗難補償を受けることができます。

この補償サービスは、ビットヒライヤーで取引を行う大きなメリットとなっています。

 

ビットフライヤーでのLISK(リスク)の取り扱いは2018年1月から開始。

ビットフライヤーで取り扱うアルトコンは、全て販売所形式での取引となります。

そのためスプレッド(手数料)は少し高めではありますが、その他の面でのサービス・信頼度・セキュリティ性が高いことから、

LISK(リスク)を購入するならビットフライヤーをおすすめします。

\大手で安心のビットフライヤー/bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【第二位】Binance(バイナンス)

海外取引所Binance(バイナンス)でのLISK(リスク)の購入もおすすめです。

Binanceは仮想通貨の取引高が世界一であり、セキュリティも高い取引所です。

手数料も安く通常0.1%ですが、バイナンスの独自トークンであるBNBコインを利用すれば0.05%で取引が行えます。

 

ビットフライヤーと比較すると、日本語対応ではなかったり、日本円で購入できないのですが、

出来高が多い点サーバーが安定している点は大きな魅力。

バイナンスでは日本円で仮想通貨を購入することができないため、

国内取引所のbitFlyerZaifでビットコインを購入し、バイナンスへ送金することで、バイナンスでの購入することが可能となります。

\取引高が世界トップクラスの取引所/海外の仮想通貨取引所Binance

【番外編】coincheck(コインチェック)

先般、マネックスGによるコインチェックの買収発表により、営業活動の本格的な復活やセキュリティ体制の強化が期待されています。

コインチェックが世界一使いやすい取引所だと思っているので、取引が再開されれば再び人気の取引所として復活すると思っています。

コインチェックを利用して新たにLISK(リスク)を購入する方も増えるような気もしています。

LISK(リスク)の買い方・購入方法

bitFlyerでのLISKの買い方について画像を用いて説明していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設はこちら 

購入には事前に口座開設を行い、日本円の入金を済ませておく必要があります。

 

まずはbitFlyerへログインします。

bitFlyerでリスクを購入する方法・買い方

メニューから『アルトコイン販売所』を選択します。

続いてアルトコインの中から、購入する『LISK(リスク)』を選びます。

後は、購入したい数量を入力して、『コインを買う』をクリックすれば購入完了です。

とても簡単ですね。

売るときは、購入時と同様に数量を入力し『コインを売る』を押しましょう。

LISKをビットフライヤーで購入する方法

アルトコイン販売所→LISKを選択→購入する数量を入力→コインを買う

まとめ

LISK

Liskが買える、おすすめの仮想通貨取引所まとめ

リスクを購入する場合は、総合的に考えるとbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

取引手数料を節約・抑えたいという方は、手数料が安い海外取引所のBinance(バイナンス)を活用しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。